おなか、げんき?

過敏性腸症候群に悩まされている私の毎日です☆

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

松島 一の坊

イメージ 1

イメージ 2

◇観光に疲れたにもかかわらず、あまり遠くないかなと宿へ歩いて行きました。
 やっぱりタクシーに乗れば良かったです。着いたら五時を過ぎていました。

 宿の入り口に近づくと女性スタッフが「○○さんですよね。」との確認。なんでわかるんだろうと
 思いつつロビーでお菓子とお茶をいただいてチェックイン。
 部屋に入ったらみんな大歓声。目の前は松島のきれいな景色が広がっていました。
 でも、休むまもなく浴衣を着てお風呂へ急ぎました。
 ネットで下見していた通り良いお風呂でした。(温泉ではありませんが)

 食事は私達家族だけの個室、それも畳の部屋にテーブル&椅子のセッティングです。
 せっかく海の幸豊富な松島なのに、私と母は魚介類が苦手なのであらかじめその旨伝えておいた 
 のですが、伝わっていませんでした。それで、出てきたものは食べられるのでいいですよと言ったにも
 かかわらず、すぐにご用意致しますと引きません。
 お世話係に聞いて来てくれた上の方、そのまた上の方までこちらが恐縮しまくるくらいの丁寧な応対。
 ちょっとしたトラブルへの対応でその宿の姿勢が伺えますね。

 

開く コメント(0)

松島旅行

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

◇五大堂です。橋から下が見えるので、こわがりの人は前を向いたまま渡ってくださいね。
 高所恐怖症の母は私の言うとおりにして無事渡れました。

開く コメント(0)

松島旅行

イメージ 1

イメージ 2

◇遊覧船の後は瑞巌寺に行きました。杉木立の参道は手入れされた苔がきれいでした。

◇庫裡(国宝)なんで本堂を撮らなかったんだろう。ビデオカメラと一緒に撮っていたから撮った気に
 なって大事なところが抜けてしまったようです。

開く コメント(0)

中学2年生のとき、廊下側のはじっこの一番前の席になってしまいました。
今思えばなんてこともなかったのに思春期だったんですね、なんだか後ろのみんなが私を見てばかり
いるように思ってしまい、その緊張感がストレスとなってお腹に症状として現れたような気がします。

それからは自分が一番後ろの席でないと常にお腹が張ってきて、授業が終わるのを耐えて過ごすように
なりました。音楽の時間にガヤガヤとしている時は平気で、教室がしーんと静まり返っていると
お腹が張るのです。

なので試験の時は最悪でした。問題を解こうにも、お腹に神経が集中するので答えがわかっても
なかなか進みません。定期的にやってくる波をうまく乗り越えつつあぶら汗をかきながら回答しました。

一度どうしても我慢できなくて、問題の途中でトイレに行かせてもらいその教科の点数は↓でした。

開く コメント(0)

松島旅行

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

◇今年の五月の連休明けの安いツアー(びゅう)を利用して、家族と両親とで松島一の坊に泊まりに
 行きました。宿代を引くと新幹線代が5000円位になってしまうというとてもお得なものでした。

◇Maxやまびこに初めて乗る電車好きな息子は大喜び♪

◇仙台駅から仙石線に乗り換えて松島海岸駅で下車。少し歩くともう海が見えてきます。
 早速、遊覧船に乗りましたが出航は今か今かとかもめが待ち構えています。

 船のスピードがどれだけかわかりませんが、同じ速さで飛び客が投げる「かっぱえびせん」を
 器用に空中キャッチしていました。船の中でも売っていますが、小袋で割高なので事前に用意した方が
 良いです。

 後でタクシーの運転手さんに聞きましたが、かもめはずーっとついて来るのではなく、半分くらいの
 所でまた待機していたかもめと入れ替わっているみたいです。あんなスピードで飛んでいたら
 もらった餌以上に体力消耗するのでは?と思ってしまします。

 なので、景色を撮ろうにもどの写真にもかもめがちゃんと写ってしまいました。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事