ほほえみ新聞社

手作り新聞紹介のブログです

全体表示

[ リスト ]

みなさん、こんにちは。編集長の金ちゃんです。お待たせしました、今日は出来上がったばかりの「おりづる新聞コラボ号」をご紹介します。その前に、私の新聞作りの先生でもある相談役のかげさんからご挨拶。
 
みなさん、こんにちは。ほほえみ新聞社相談役のかげさんです。金ちゃんとの出会いは「見出しのココロ」を始めたころですから、4年前でしょうか。新聞作りを教えるといいながら、教えられることもしばしば。私の方が楽しんでいます。金ちゃんと私の発言の区別がつくよう、色を変えておきますね。 
 
「おりづる新聞」というのは、平和を願った新聞という意味で、2008年7月にNO.1を作っています。今回の「コラボ号」は、ブログ仲間11人に記事や写真を寄せてもらい、私が紙面編集したものです。見出しは、たっかんさんにもお願いしました。
  
ブログ仲間との新聞は、これで3回目。昨年12月には「クリスマスコラボ新聞」を作りました。原稿が重ならないよう、私があらかじめ、お願いするものを決めていますが、どんなものが届くのか一人一人分かりません。そこが、楽しみでもあり、悩むところでもあります。
 
新聞のサイズはA4の見開きです。1面から4面まで、どの記事をどの面に持っていくか考えます。紙面編集で心掛けているのは、それぞれの良さを出すこと。では、「おりづる新聞コラボ号」1面から、ご紹介しましょう。(画像の右下をクリックすると大きくなり新聞を読むことが出来ます)

 
(1面)
最後まで難航した面です。かげさんから何度もアドバイスを受けましたが、気持ちが入り過ぎて読者に事実を伝える見出しがなかなか付けられませんでした。最後の最後に決まったのは「空襲で弟失う」。編集長として反省するところです。
 
やはり1面は新聞の顔です。2本の記事とも岩国の話題。見出しの言葉に「岩国」「語る」「継承」など必要な言葉を選びながら且つ、ダブり感がないようお願いしました。たぶん、出来上がった新聞を見たら、読者の方は当たり前っぽい印象を受けるんじゃないかな。けど、当たり前の完成品になるまで、色んな物語があるんですね。
 
かげさん、そうですね。「空襲で弟失う」の前に付けた見出しは「悲しい記憶たどる」、その前は「体験を次の世代に」でした。ぜんぜん事実を伝えていませんね。紙面から離れては考え、離れては考えの繰り返しでした。
 
記事をお願いした、tatu_no_ko さんは、私の新聞友達です。読んだとき、直ぐに1面にしようと思いました。同時に私も何か書かなくてはという気持ちになりました。1面は平和を伝える新聞にふさわしいものにしたいと思いながら紙面編集しました。 
 
イメージ 1
 
(2、3面)
見開き紙面です。
 
写真をお願いした、てるてるぼうずさんは、写真愛好家です。写真を見たとき、涙があふれました。見開き紙面の真ん中に大きく載せたいと思いました。でも、紙面編集したら記事のスペースが足りなくなりました。写真の左右を1行ずつ削ろうか・・・悩んで、てるてるぼうずさんに相談しました。すると、こういう答が返ってきました。「普通写真はカットしない。でも、金ちゃんなら許すよ」。私はもう一度、紙面編集し直しました。
 
記事をお願いした、柿さんは、本名、菊池安芸子さん。中国新聞に連載を書いていたこともある実力派です。読んだとき、「さすが!」と思いました。それだけに見出しにプレッシャーが掛かります。かげさんから「W」を使えばグッドと言われ、「Wの願い 未来につなげ」と付けました。「W」はW杯と世界平和を、「つなげ」にはパスと平和をつなげようという気持ちを重ねています。
 
あーとさんは、一番古いブログ友達です。言葉を大切にする方。紙面にどうしても「詩」が欲しかったので、お願いしました。優しい言葉の中に平和を思う強い気持ちを感じます。私の好きな映画「夕凪の街 桜の国」のようなイメージで見出しを付けました。てるてるぼうずさんの写真の下にくるよう紙面編集しました。
 
記事を書いてくれた桐矢 絹子さんは、私が尊敬するブロガー、Shiozyさんの弟子です。若いですが実力十分です。「平和」についてはいろんな考え方があります。他の人とは違うものを書いて欲しいという、私の期待に応えてくれました。見出しは、私が憧れる新聞記者、たっかんさんです。「おりづる新聞コラボ号」の紙面全体を見てもらい、考えてくれた3つの見出しの中から私が選びました。
 
まな母さんは、私が入っているエッセー同好会の仲間でもあります。日常風景の温かいエッセーが得意です。平和について日ごろから関心があります。コラボ新聞は初参加ですが、思い切って誘ってみました。見出しはとても大切なこと、私の願いでもあります。
 
紙面の上、左から右の帯の見出しにしました。青にしたのは、モノクロの写真のことを考えたからです。いろんな記事を一つにして、平和への気持ちを伝えたいと思いました。

ここの見開きに関しては、てるてるぼうずさんの写真をいかに生かすかですよね。レイアウトは全て金ちゃんの手によるもの。素材がいいと、あれこれ派手なレイアウトは必要なし。新聞の整理(レイアウトをしたり、見出しをつけたりすることを「整理」と呼びます。後片付けじゃないよ)の基本の例えとして「イキのいい魚は刺身で」という表現があります。ピチピチの素材の良さを引き出した金ちゃんに乾杯っ! ぷふぁ〜〜
 
かげさん、酔っ払っちゃあダメですよ。では、こだわりの見開き紙面をどうぞ。
 
イメージ 2
   
 
(4面)
ブログ友達のせんごくテンペさんには、今年の5月、初孫が誕生しました。テンペさんからは他にも写真が届いていましたが、迷わずこれに決めました。未来への願いをこの写真が伝えてくれます。かわいらしさと穏やかさをより出すため、丸い形の写真にしました。見出しは、平和への気持ちと孫の成長を願い、テンペさんが付けました。
 
東京に住む、つくしさんは、「おりづる新聞コラボ号」のためにわざわざ取材に行ってくれました。このあたりの風景は最近よくテレビで見ますが、こんな悲しい出来事があったとは知りませんでした。見出しは、「いつか、この場所に立ってみたい」という気持ちも入れました。
 
4コマを描いてくれた、なほさんは、中国新聞に4コママンガ「山田さんちの親子日記」を連載中です。まさか!?の参加。 おりづる新聞にピッタリの内容に驚きました。色の付け方や大きさを打ち合わせました。連載中の四コマとイメージが変わらないよう紙面編集したいと思いました。私の新聞に4コマを載せるのは初めてです。
 
かげさんにも記事をお願いしました。この見出しは、私が言いたいことでもあります。先生でもある、かげさんの記事に見出しを初めてですが、どうだったのでしょう?

うふふっ。エッセーの見出しとニュースの見出しは、思考の方向が同じではないんですよね。ニュース見出しは「要約」です。けど、エッセーの見出しは話のオチを要約してしまうと、元も子もないことになってしまうことがありますからね。あえて、記事の中にない言葉を使ってみたりとか。

なので、もし、この記事を他人が書いたと仮定して、その見出しを自分が任されたなら。きっと「考えるきっかけは身近にある」という見出しにはしなかったんじゃないかな。この見出しがいけないというのではなくて、自分の意地みたいなもので(笑) あ、いえ、けなしてませんよ、分かりやすい見出しですもん。デスクの立場から見れば「合格」です。
 
えっ、そうだったんですか。なーんか言いたげだなあと思いました(笑) 「おりづる新聞」の見出しは、今までで一番難しかったです。みんなの写真や記事を読むたびに自分の平和への思いがどんどんふくらんで、言葉に表れてしまいました。
 
4面は、他の面と違ったやわらかいイメージにしたいと思いながら紙面編集しました。
 
イメージ 3
 
「おりづる新聞コラボ号」は、いかがだったでしょう。 コラボ新聞は、みんなとの信頼関係があってこそ作れるもの、協力してくださった一人一人に感謝します。
 
この「ほほえみ新聞社」は、手作り新聞を紹介するブログです。これからもいろんな新聞を紹介していこうと思っています。

金ちゃんとのコラボは「スマイル」とか、いくつかやってきましたね。ほほえみ新聞社では、過去の作品を少しずつ掲載していけたらいいなあと思います。ですよね、編・集・長?
 
はい、相・談・役(笑) 「スマイル」といえば、「続スマイル」もありましたね。過去の新聞を振り返りながら、今だから言える!ってこともあるんでしょうか??
 
金ちゃん&かげさん:では、次回の新聞紹介をお楽しみに〜
 

閉じる コメント(22)

顔アイコン

ほほえみ新聞社設立おめでとうございます。
相談役かげさんもご健在そうで慶賀の至りです。(ご無沙汰で申しわけない)
多彩な面々によるコラボ新聞ですなあ。
新聞社の現役をこきつかうなんざあ、金ちゃんしかできませんぞ。
弟子3@桐矢も参加させていただいて感謝です。
平和を語れるほどには生き様に自信がない桐矢は、その「わからなさ」を表現したかったようです。今後もよろしくご指導ください。
最後に、貴社ますますのご発展を祈念いたします。(平和を祈れってか:汗)

2010/11/4(木) 午前 10:17 [ shiozy ]

顔アイコン

『ほほえみ新聞』出来上がりましたね!!

てるてるぼうずさんの写真には恐れ入りました
すごいです!語ってます
みなさんのそれぞれの想いも伝わってきます

私も父がシベリア抑留組です
最近、ある人に本を読まされました
「お父さんらのことじゃけぇ、読んでみんさい」とネ
昔をあまり語らない父ですから、詳しいことは知りませんでした

「零下40度と言ってもわからんじゃろうが」と言われれば
確かに返す言葉がありません

2010/11/4(木) 午後 2:45 [ のりたま ]

顔アイコン

ついに、新聞が公開されましたね。のりたまさん、ありがとうございます。語ってますか? うれしいです。

撮影地は、「てっぱん」で盛り上がる尾道です。私の行きつけの撮影地です。詳細は企業秘密なので差し控えますが(金ちゃんはご存じ)、自分でも結構気に入っている写真です。

参加させていただき、ありがとうございました。

2010/11/4(木) 午後 9:20 [ teruteru382004 ]

顔アイコン

つくしさん、ご協力ありがとうございました。今まさに旬の記事でしたね。早く新聞を作らないと東京スカイツリーが完成してしまうんじゃないかとドキドキでした(笑)
東京に行ったときには、言問橋の案内をよろしくお願いします!

2010/11/4(木) 午後 11:36 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

なるほど〜。新聞が完成するまでの流れがとても面白かったです。細やかな配慮。さすがです。参加させていただいてありがとうございました。次回の新聞も楽しみです♪

2010/11/4(木) 午後 11:55 [ 桐矢 ]

顔アイコン

こんばんは。
新新聞社の設立おめでとうございます。
一社員としてがんばる所存であります。

2010/11/4(木) 午後 11:59 [ たっかん ]

顔アイコン

あーとさん、ご協力&ご紹介頂きありがとうございました。みんなに記事や写真を寄せてもらって新聞を作るなんて、なかなか出来ないことです。この経験を日ごろの新聞作りに生かしていきたいと思います。

2010/11/5(金) 午前 6:43 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

shiozyさん、ほほえみ新聞社設立に関し、お祝いの言葉をありがとうございます。大変光栄でございます。
新聞社の現役をこきつかう?(笑)たっかんさんは役員として迎えるつもりあったんですけど〜
コラボ新聞はいろんな記事があるから面白いです。絹子さんのこれからをとても楽しみにしていますよ。どんどん書いて!と伝えたところです。私も負けないように頑張りますよー

2010/11/5(金) 午前 6:56 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

のりたまさん、読んで頂きありがとうございます。てるてるぼうずさんの写真を見たときは私も感動しました。と同時に、私の新聞に本気で取り組んでくれているんだと思って、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
お父さんは大変な経験をされたんですね。零下40度だなんてとても想像付きません。
私は記事に書いた黒島のミサ子さんにまた話を聞きたいと思っていたんですけど、かないませんでした。聞くなら今じゃないとダメということが分かりました。

2010/11/5(金) 午後 1:38 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

てるてるぼうずさん、ご協力ありがとうございました。写真はすごく語っていますよ。こんなに語れることを私は知らなかったです。
撮影の詳細を聞いたけれど、へ〜と驚くばかりです。こんなふうにしようと思いつくのも感性なんでしょうね。その豊かさをいつもライバルのように思っています。

2010/11/5(金) 午後 1:45 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

絹子さん、新聞が出来るまでの経緯は、ここに書いたのはほんの一部で、書けばきりがないんです。寄せてもらった記事や写真を削ったり、やり直してもらったりもしています。私は素人なのに・・・とちょっとは考えるけど・・・本当はあんまり考えない。気にすると、紙面編集は出来ないからです。1枚1枚作ることが勉強なので、私もまた次を目指して頑張ります。絹子さんも、どんどん我が道を行ってね!shiozyさんが、困るでしょうけど(笑)

2010/11/5(金) 午後 1:57 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

たっかんさん、ホントに平社員でいいんでしょうか〜?
たっかんさんに関わって頂いているのは、それとなーく、たっかんさんから整理を学ぼうとしているからですよ。また度々お誘いすると思いますがよろしくお願いします。外勤記者になっても整理記者を忘れないでね!

2010/11/5(金) 午後 2:02 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

「W」の見出しをつけていただいた柿です。えへ。
「W」とつくと世代的には「Wの悲劇・薬師丸ひろ子」と連想していますのですが、かげさんの一言となると「Wエンジン」とお笑いに走ってしまうのは不謹慎でしょうか(笑)
にしても、この新聞のメイキングオブも新聞記事になるのでは?
金ちゃん新聞の裏を知れば知るほど、いかなる新聞も裏の裏をみて素直に読めなくなりそうです。あ、紙だったら新聞紙の裏も新聞紙ですが。

2010/11/5(金) 午後 3:20 [ ]

顔アイコン

設立おでとうございます。柿辰丸と申します。↑妹がお世話になっております。二人とも「柿」と名乗っていますが、本名ではありません。(笑)これからも素敵な新聞楽しみにしています。

2010/11/5(金) 午後 9:10 [ aku**08 ]

見慣れたお名前がいくつもあるのでおじゃまします(^^)

素敵なブログを開設されたんですね!

交通事故で頭と体が悪くなってしまったので

文字が多いと理解するのに時間がかかってしまうのですが

ついつい引き込まれてしまいました(^^;

元気な頃は人と人との間にある壁をぶち壊すことが趣味で

いわゆる平和活動というものに少々携わっていました。

またゆっくり伺ってしっかり読みたいと思います。。。

2010/11/5(金) 午後 10:34 アクビ

顔アイコン

柿さん、お待ち申し上げておりました。まず、謝らねばと。柿さんのW杯のエッセー、旬の記事を旬に紹介できなったのは編集長の私の責任です。心よりお詫び申し上げます。なほさんとあーとさんにもお詫び申し上げます(なぜ、ここに?)
さて、「W」ですが、「Wの悲劇」は×だけど、本当ならもっとお笑いに走ってもよかったと思います。でも、写真と帯が私を止めました。どれくらいまで走れたんでしょうね。かげさんに聞いてみればよかったです。
「裏」は、もっといろいろあるんですよ。あちこちで、鬼になったことは確かです(笑)それをみんなが許してくれたから、完成したようなもんですね!

2010/11/5(金) 午後 11:36 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

柿さんのお兄様、もちろん、存じ上げております。あちこちでご活躍のご様子、ちゃんと見ておりますよ!
妹さんには遠慮なくビシバシと言わせて頂いております。でもご心配ありません。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2010/11/5(金) 午後 11:42 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

アクビさん、初めまして。ようこそいらっしゃいました。今回は特別文章が長いでしょう。新聞が出来上がるまでの経緯を書き出したらきりがないんです。時間のあるとき、体調のいいときにゆっくりお読みくださいね。私は新聞作りが趣味なので、他の新聞もまたご紹介しますね!

2010/11/5(金) 午後 11:48 [ 金ちゃん ]

顔アイコン

おりづる新聞興味深く読ませていただきました。いきなりコラボ号とは驚きです。
新聞作りの工程を読みながら、十数年前のPTAの広報誌作りを思い出しました(スケールが違いすぎるよ〜)
見出しのつけ方の苦労が目に浮かびます。読者が読みたくなるようなインパクトのある見出し、なかなかむつかしいですね。
次号がますます楽しみになってきました。

2010/11/6(土) 午前 9:22 [ ニベア ]

顔アイコン

ニベアさん、読んで頂きありがとうございます。PTA新聞の経験があるとは初耳ですよ。広報は敬遠されがちな役員ですよね。でもやりがいがあったでしょう。
このコラボ新聞の前にも新聞を何枚か作っているんですが、ほほえみ新聞社第1回目は、みんなで作った「おりづる新聞コラボ号」となりました。
短い言葉で伝える見出しは難しいんですよ。まだまだ修行が足りないと感じます。次はどの新聞を紹介しましょうか。まだ考え中です。そういえば、ピアノ発表会のことを書いた「続スマイル」もまだでしたね〜

2010/11/6(土) 午後 6:44 [ 金ちゃん ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事