☆リスク法務実務研究会

福岡の専門家集団によるマジメで楽しい研究会です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

30.6.9

熊本地震被災神社三社正式参拝について、記録しておきたいと思います。

〃本縣護国神社
 集合時間厳守どころか皆様早く集合できましたので、予定より15分ほど早く出発できました。
 しかし、無情にも熊本市中心部が渋滞し、その15分をそのまま喪失して予定通りの到着。

 御本殿は、5月連休のときは工事前でしたが、工事が始まっていました。
 御神前に皆様からお預かり致しました義捐金をお納めし、正式参拝させていただきました。
 御祭は、中村権禰宜に斎行していただきました。
 正式参拝後、御神前にて奉納演武演奏をさせていただきました。

 熊本縣護国神社様には、何かと便宜をはかっていただきました。
 まず、事前に参列者16名の昼食(弁当と飲み物)を注文するにあたり、配達先を熊本縣護国神社社務所とさせていただくことを快くご承諾いただきました。
 そればかりか、昼食会場までセッティングいただきました。
 会場では、坂本宮司よりお話しをいただきました。
 宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ」などご紹介いただきながら、私どもの復興支援に謝意をお示しいただきました。大変恐縮です。
 さらに、私たちの弁当空き箱等の後始末まで、甘えてしまいました…
 何かとお気遣いいただきまして、本当に有り難うございました。

 そういえば、熊本縣護国神社におきまして、熊本日日新聞社様の取材をいただきました。
 果たして記事にしていただけたのでしょうか??

 熊本縣護国神社の坂本宮司、福岡縣護国神社の田村宮司が面談される様子は、一般人にとってなかなか珍しい光景だと感じたりしたところです。
 昼食後、少し自由時間があったのですが、あまりにも暑く、活動しない参列者が多かったようです。

¬攣蛙正
 前の道が工事中のため通行止めという想定外の事態があって、二台分乗の私たち参列者は、なんと木山神宮の前と後ろと別の場所に到着しました。なんとかはなりましたが・笑
 木山神宮様、予定では宮司と禰宜のいずれかにご対応いただくと聞いておりましたが、畏れ多くもお二方にてお出迎えいただきました。
 私(安藤)は、日頃は禰宜さんとやりとりさせていただいておりまして、実は宮司とは面識がございませんでした。初めて、ご挨拶させていただきました。
 木山神宮は、ご承知の通り、熊本地震のためすべての建造物が全壊致しました。
 従いまして、假拝殿(兼假授与所)での義捐金奉納・正式参拝です。
 16人という人数が、実に丁度良い面積でした。
 奉納演武演奏は、倒壊した御本殿の前、もともと拝殿のあった場所にてさせていただきました。
 その後、矢田禰宜より震災後の復興の状況等について、ご説明いただきました。
 あらゆる知恵を絞り、史跡指定を受けるなど、本当に必死に復興しようとするお話しに、参列した皆さんが感銘をうけておりました。
 「必ず復興します」というお言葉に、参列した私たちがかえって力をいただいた感がありました。
 その後、御本殿の裏に回り、解体工事中の御本殿の様子を見学させていただきました。
 参列者の多くの方が、初参拝でした。
 熊本地震から2年経過した現状を目の当たりにしていただいただけでも、大きなものがあったと確信しております。

0ち豹声
 予定時刻よりも15分くらい遅れて到着。
 事前に駐車場二台分の確保をお願いしておりまして、きちんと確保いただいておりました。
 有り難うございます。
 まず最初に、拝殿が倒壊して見通しの良くなった御本殿を参拝。
 そして順番を入れ替えて、内村権禰宜から境内説明をいただきました。
 「立入禁止」のはずですが、特別に中にて!
 震災当時のお話し、楼門のお話し(パーツは1万以上、礎石は置いているだけ・柱も礎石の穴に乗せているだけ等)、御本殿(左5柱、右5柱、真ん中3柱)と拝殿(昭和建築・無指定)のお話し、高砂のお話し等をいただきました。
 内村権禰宜、実に声が素晴らしく、お話しもうまい!
 義捐金奉納・正式参拝は、假拝殿にて。
 相当の人数が入りそうな假拝殿です。
 御祭は、阿蘇惟邑禰宜に執り行っていただきました。
 奉納演武演奏も、そのまま假拝殿内にてさせていただきました。
 寺田蝶美さんは、過去にも震災後の奉納演奏をされたことがあり、二度目の奉納です。
 予定時間をオーバーしましたが、阿蘇禰宜、宮川禰宜、内村権禰宜には駐車場までお見送りいただきました。
 宮川さんは、以前筥崎宮に勤務されていました。
 その関係で、田村宮司と親しそうに話されていました。
 有り難うございました。

◇移動
 レンタカー2台での移動でした。
 ベルファイヤの運転は、松尾拓也先生、田中祥三さん、仲家淳彦先生に交替で務めていただきました。
 ハイエースの運転は、大川英樹さん、母里隆之さん、高岡賢範先生、安藤政明が交代で務めました。
 特に帰り道、レンタカー会社の営業時間が20時迄のため、かなり焦りました。
 高岡先生、プレッシャーを掛けまくりまして、申し訳ございませんでした。
 また、ご参列の皆様には、十分な休憩時間を確保することもできず、本当に申し訳ございませんでした。
 お陰様で、19時30分過ぎくらいには天神日銀前に到着し、解散後すぐにレンタカーをお返しすることができました。

◇三社奉納演武演奏
 一日で神社三社の御神前にて奉納演武させていただく経験など、そうそうあるものではありません。
 しかも、筑前琵琶の演奏と一緒にできるなど、極めて貴重な経験をさせていただきました。
 快く受け入れていただきました三社様、本当に有り難うございました。
 そして、高岡先生、蝶美さん、有り難うございました。


◇義捐金奉納企画
 第一回平成28年6月に3回、第二回平成29年5月に7回、第三回平成30年4月〜6月に7回、累計17回の企画を行って参りました。
 第一回、第二回とも、安藤が一人で熊本県神社庁長に義捐金をお納めに参りました。
 今回、16人で義捐金をお納めに参りましたが、このために、これまでやってきたかのような感覚に陥りました。
 義捐金を集めるための行事を企画し、会場のご提供、ご講演ご演奏等の奉仕をいただき、参加者から義捐金をお預かりする。昨年まで、「義捐金を納めるために参拝する」という企画がなかったわけです。
 実は、第一回、第二回のアンケートに、「実際に熊本の神社を参拝する」という支援をしたいと言うようなご意見をいただいておりました。
 お蔭様で実現できたのですが、これが本当によかったと心から感じました。
 形は変わると思いますが、来年も企画したいと考えているところです。

◇御礼
 会場を無償にてご提供いただきました、各神社様。
 無償でご講演、ご公演、ご演奏等をいただきました、各出演者様・講師様。
 各企画にご参加いただき、義捐金をお納め頂きましたご参加者の皆様。
 各企画にて司会、受付、会場担当等を無償奉仕頂きましたリスク法務実務研究会の皆様。
 熊本で快く迎え入れて頂きました皆様。
 多くの皆様に、心から感謝申し上げます。


 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

平成30年6月9日

謹んで報告申し上げます。
第三回熊本地震被災神社復興支援企画第七日(最終日)の企画として、【熊本被災神社三社正式参拝】を開催いたしました。

■行程
  福岡
 ⇒熊本県神社庁(熊本市中央区)
 ⇒熊本縣護国神社(熊本市中央区)
 ⇒木山神宮(上益城郡益城町)
 ⇒阿蘇神社(阿蘇市)
 ⇒福岡

■目的
 目的は、第三回熊本地震被災神社復興支援企画において皆様からお預かり致しました義捐金をお納めすること。

 熊本県神社庁様  213,712円
 熊本縣護国神社様 214,000円
 木山神宮様    214,000円
 阿蘇神社様    214,000円
(合計       855,712円)

■参列者16名
 福岡縣護国神社宮司田村豐彦様、筑前琵琶保存会師範寺田蝶美様、黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会師範高岡賢範様をはじめ、16名の皆様にご参列頂きました。

■奉納演武演奏
 熊本縣護国神社、木山神宮、阿蘇神社の三社御神前にて、謹んで筑前琵琶と黒田藩傳柳生新影流兵法の奉納演武演奏をさせていただきました。
 筑前琵琶 :寺田蝶美師範
 柳生新影流:高岡賢範師範、安藤政明
 
■熊本県神社庁にて
 熊本県神社庁内御神前に、参拝させて頂きました。
 熊本県神社庁主事の赤星様に、義捐金213,712円をお受け取り頂きました。
 
■三社正式参拝
 三社正式参拝につきましては、別途報告申し上げます。

多くの皆様から多大なご支援ご協力をいただきましたこと、心から感謝申し上げます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

平成30年6月5日

謹んで報告申し上げます。
警固神社様、前田安文様、谷川佳枝子様、鍬原智武様、合原光顕様のご協力を得て、第三回熊本地震被災神社復興支援企画第六日目の企画を開催いたしました。

会場 警固神社 神徳殿

黙祷
国歌斉唱 演奏:警固神社 権禰宜 合原光顕様

第一部『神さまに頼み志に生きる』
    警固神社 宮司 前田安文様

第二部『野村望東尼と明治維新150年』
    歴史家 谷川佳枝子様

第三部『みんなで歌おう!』
    リスク法務バンド(松尾拓也、福田憲太郎)
    篠笛 警固神社 権禰宜 合原光顕様、安藤政明
    笙  香椎宮 権禰宜 鍬原智武様
    歌  参加者全員

多くの皆様にご来場いただき、義捐金として107,000円をお預かりいたしました。
有り難うございました。
初日から第六日まで合計384,712円です。
別途、お振込や現金にて、471,000円をお預かり致しております。
総計855,712円は、6月9日(土)に熊本県神社庁、熊本縣護国神社、木山神宮、阿蘇神社に分割してお納め致します。
有り難うございました!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

平成30年5月22日

謹んで報告申し上げます。
福岡縣護国神社様、中島之啓様、寺田蝶美様、三木英信様、進智恵様、黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会様のご協力を得て、第三回熊本地震被災神社復興支援企画第五日目の企画を開催いたしました。

会場 福岡縣護国神社 参集殿

黙祷
国歌斉唱 演奏:福岡縣護国神社 権禰宜 岩間宏富様
ご挨拶  福岡縣護国神社 禰宜 中島之啓様

第一部『大祓詞奏上』
    福岡縣護国神社 禰宜 中島之啓様

第二部『御霊に捧げる響き 筑前琵琶に集う』
    筑前琵琶保存会 師範 寺田蝶美様
    圓應寺 副住職 三木英信様
    日本舞踊家 進智恵様、他二名様
    黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会 師範 高岡賢範様、他九名様

※第二部プログラム(敬称略)
  1 戦災死者慰霊表白 圓能寺副住職 三木英信
  2 君が代      日本舞踊進智恵×筑前琵琶寺田蝶美
  3 演武解説     黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会6名
  4 演武と琵琶    筑前琵琶寺田蝶美×黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会6名
  5 麦と兵隊     筑前琵琶寺田蝶美×黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会2名
  6 長崎ぶらぶら節  日本舞踊西田みゆき・松浦佳菜子
  7 黒田節      日本舞踊進智恵×筑前琵琶寺田蝶美
  8 飛虎將軍物語   筑前琵琶寺田蝶美
  9 英霊追善礼賛   圓能寺副住職三木英信×黒田藩傳柳生新影流兵法荒津会4名
  10 悲母の願ひ    筑前琵琶寺田蝶美×圓能寺副住職三木英信

司会  公認会計士 松尾拓也

写真撮影 豊嶋孝仁様

多くの皆様にご来場いただき、義捐金として77,610円をお預かりいたしました。
有り難うございました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

平成30年5月16日

謹んで報告申し上げます。
香椎宮様、竹川克幸様、表現詞わこ様のご支援ご協力を得て、第三回熊本地震被災神社復興支援企画第四日の企画を開催いたしました。

場所 香椎宮

黙祷
国歌斉唱 演奏:香椎宮権禰宜 楠本展将様、鍬原智武様
ご挨拶  香椎宮禰宜上原和憲様
講演 『福岡藩の鶏肉・鶏卵の食文化誌』
    日本経済大学教授 竹川克幸様
公演 『生きる、そして神功皇后に捧げる言の葉』
    表現詞わこ様
司会  弁護士 小川剛

多くの皆様にご来場いただき、義捐金として42,000円をお預かりいたしました。
有り難うございました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事