COSMO'S DIARY

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

*今朝、ミス・ポターを観てきました。
風光明媚な湖水地方 Lake Districtを訪れたいと前々から思っていたし、ミス・ポター&ピーターラビットのエピソードが高校の英語の教科書にも登場するので、この映画は見逃せませんでした。 (*^_^*)

あらすじ(ネタバレ!)

*20世紀に入ってもヴィクトリア朝時代の封建的価値観が残る英国。ポターのような上流階級の女性は、良縁に恵まれることだけが幸せになる道だとされていた。けれども彼女は、親が勧める結婚話を次々に断り、アーティストとして生きたいと思っていた。編集者ノーマンの協力によって、ピーターラビットと仲間たちの物語はベストセラーとなっていった。やがてポターとノーマンは恋に落ちるが、身分違いのこの恋には冷たい運命が待っていた・・・

*その後、ポターは湖水地方 Lake district に移り住み、心の傷をいやし、多くの作品を描いていく。そして全財産と印税を投げ打って、ピーターラビットの故郷 Lake districtを、乱開発の手から守る・・・


スタッフ、キャスト

*監督 クリス・ヌーナン
『ベイブ』でアカデミー賞7部門にノミネートされた監督です。ピーターラビットやあひる達をアニメーションにして動かして、ミス・ポターと共演させてくれました。

*ミス・ポター レニー・ゼルウィガー
ヴィクトリア朝の封建的価値観が残る英国では、“いい結婚”をすることが上流社会の女性の幸せでしたが、ミス・ポターは我が道を貫きました。自立した女性ポターを、レニー・ゼルウィガーが見事に演じました。彼女が『ブリジット・ジョーンズの日記』の主役に抜擢された時、アメリカ人だということで批判されたようですが、今回のキャスティングは 大丈夫だったのでしょうか?

*ノーマン・ウォーン ユアン・マクレガー
彼は『スターウォーズ』三部作で有名ですね。今作ではミス・ポターの本の出版者、恋人役を演じました。「When You Taught Me How To Dance」を歌いながらポターとダンスをするシーンが印象的でした。

*ミス・ミリー エミリー・ワトソン
ノーマン・ウォーンの姉でポターの親友役でした。独身主義者ですが弟とポターの恋を応援しました。
当時は”Ms. “という敬称がなかったので、結婚していない女性はいくつになっても“Miss”と呼ばれて、大変だったと思います。


ちょっとフィクションが・・・

*大修館出版の高校の英語の教科書では、史実に基いて次のように書かれています:
【27歳の時、ポターは“ピーターラビットのお話”をノエルという男の子のためにかき、送ってあげた。ノエルは、ポターの元家庭教師の子供だった・・・36歳になった時、ポターは“ピーター・ラビットのお話”をノエルから借りて、それを絵本として出版した】

*映画では 絵本を出版するくだりが違いますが、ポターとノーマンは絵本の印刷・出版がきっかけで恋に落ちたので、多少フィクションを入れたほうが効果的かな、と納得しました。


全体的感想

*窮屈で封建的な時代に、自分の得意なことや夢中になれることを追求して、それをライフワークとして自活したポターは、充実した人生を送ったなぁと思いました。ピーター・ラビットなどの作品を世に出して、彼女は自分自身はもちろん、世界中の人々をも幸せにしてくれました。最愛のフィアンセ、ノーマンとの思いがけない別れは辛かったでしょうが、湖水地方 Lake District で再出発を果たし、豊かな自然を守るために人生を捧げました。現代に生きる私たちにとっても、模範となる生き方だと思います。

*ポターがナショナル・トラストに寄付したLake Districtは、ピーターラビットの舞台として知られ、世界中の人々から愛されています。現在は世界の至るところで乱開発が進み 環境が破壊されていますが、ポターは長期的視点でものを考える才能があったのかもしれません。彼女は強い意志で自然環境を守りぬきました。、だから、現地で映画の撮影をすることができました。
私もいつか Lake District を訪れてピーターラビットと仲間たちを見つけたいです。 (*^_^*)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

見つけましたよノバウサギ^^

2007/9/22(土) 午後 7:46 [ sak*ra*oma*o19*9 ] 返信する

顔アイコン

ピーターラビットは永遠です

2007/9/22(土) 午後 9:32 hay**u2020 返信する

顔アイコン

字が(ハリー)ポッターに見えてしょうがないんですが。

2007/9/23(日) 午前 9:23 ♂いんぎーちゃん♀ 返信する

顔アイコン

>さくらさん、ノバウサギを見つけてくださって ありがとうございます、って、↑は ピーターラビットですよ!(*^_^*)

2007/9/23(日) 午後 3:50 COSMO 返信する

顔アイコン

私もいつか Lake District を訪れてみたいです。

2007/9/23(日) 午後 5:05 [ ito**7 ] 返信する

>hayuku2020さんのビアトリックス・ポターについての記事、とても参考になりました。ピーターラビットは永遠ですね! (*^_^*)

2007/9/23(日) 午後 5:26 COSMO 返信する

顔アイコン

>いんぎーさんもですか?
この記事を書いている時も、「ハリー・ポッター」と入力しそうになりました。名字の Potterはソックリですよね!

2007/9/23(日) 午後 5:32 COSMO 返信する

>ito747さん、こんにちは!
ビアトリクス・ポターが残してくれたLake Districtをぜひ訪れたいです。(*^_^*)

2007/9/23(日) 午後 5:38 COSMO 返信する

ピーター・ラビット好きなのでこの映画は見たいな〜と思ってます。
「恋は邪魔者」のコンビですね。DVDになるまで待ちます^^;→いつだよ^^;

2007/9/23(日) 午後 8:54 ★MAY★ 返信する

>MAY さん、「恋は邪魔者」のコンビですね〜。MAY さんもピーター・ラビットが好きですか?私は、図書カードなどのギフトもピーター・ラビットのを選んでいます。DVDになるのが楽しみですね。(*^_^*)

2007/9/24(月) 午後 7:33 COSMO 返信する

顔アイコン

私にとってはちょっぴりtearjerkerでした。私もLake Districtにいったことがないので、そのうち行ってみたいと思ってます。マン島でもロケしたみたいですね。

2007/9/25(火) 午後 0:35 ann**in_*ei 返信する

>ANNEさん、素晴らしい映画で感動しましたが、ちょっとtearjerkerでしたね。↑「ちょっとフィクションが・・・」で書きましたが、ノエル君に昔あげた作品を一時 返してもらって 出版にこぎつけたのが真相です。映画では、ポターとノーマンが絵本の出版がきっかけで恋に落ちたくだりとその後の別れを強調しました。ちょっとtearjerkerかも。でも いい映画でした、エンドロールの「When You Taught Me How To Dance」の歌まで、ずーっと感動しました。
Lake District、行ってみたいですね。ロケ地の「マン島」は自治権を持った国ですよね?ユニークな存在なので、マン島にも行ってみたいです。(*^_^*)

2007/9/25(火) 午後 1:08 COSMO 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事