COSMO'S DIARY

ご訪問ありがとうございます♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

*先週11月18日(水)のレディースデーに、『カイジ 人生逆転ゲーム」』を観ました。
原作ファンには賛否両論あるようですが、原作未読の私は十分楽しめました。

スタッフ&キャスト

福本伸行〜原作
佐藤東弥〜監督
大森美香〜脚本
藤原竜也〜伊藤カイジ
天海祐希〜遠藤凛子
香川照之〜利根川幸雄
山本太郎〜船井譲二
光石研〜石田光司
松山ケンイチ(友情出演)〜佐原誠
松尾スズキ〜大槻太郎
佐藤慶〜兵頭和尊

あらすじ(さわりだけ)

伊藤カイジ(藤原竜也)はフリーター生活を送っていたが、ある日、悪徳金融会社の社長・遠藤凛子(天海祐希)から、身に覚えのない借金返済を迫られる。それはカイジが保証人になっていた友人の借金で、総額202万円に膨れ上がっていた。
返済能力がないカイジに、凛子は、豪華客船エスポワール号に乗ってゲームに参加すれば 大金をものにして人生を逆転させるチャンスがある、と進める。
カイジは凛子の口車に乗せられて、エスポワール(希望)という名の船に乗り、命懸けのゲームに参加する・・・(以下略)

感想

*原作ファンの知人は、「映画は原作と順番が違うし、原作で披露されている焼き土下座や耳切り落としがなかった云々」と言っていました。私は原作未読なので、そういう不満はありませんでした。限定ジャンケンEカードなど、引き込まれるように観ました。

*陰謀をたくらむ巨大組織や その組織に操られる懲りない連中の奴隷のような暮らしは ありえないほど非現実的ですが、役者さんたちの演技がすばらしいので、ありえるものとして成立していました。
藤原竜也、天海祐希、松山ケンイチ、香川照之、松尾スズキ、山田太郎、・・・演技力に定評のある役者さんに演技させれば、荒唐無稽なストーリーでも感情移入できて、エンターテイメント作品として成り立つ、と実感しました。(ただ、一番緊張するはずの鉄骨渡りのシーンだけは、いただけませんでした。高圧電流の流れる細い鉄骨の上であんな長ゼリフを交わす暇があったら、さっさと鉄骨を渡ってほしかったです。)

*私は賭けごとをやりませんが、「ギャンブルで一獲千金を狙って人生を逆転させる」というストーリーは 先の見えない現代に向いているような気がしました。奴隷のように働かされ給料日のビールだけを楽しみにする労働者や、彼らを搾取するばかりの経営者は実際にいると思います。
一生懸命努力すれば 成功したり良い人生を送れた時代は去り、不確かで混沌とした時代になったのかもしれません。そうであっても、希望(エスポワール)だけは失いたくない、と思いました。

*まとまりのないレヴューになりましたが、「カイジ」は、ハラハラドキドキのエンタメ性もあるし、現代をどのように生きるかについて考えさせてくれる いい作品だと思いました。続編も楽しみです。(*^_^*)

「カイジ」続編決定!

映画「カイジ」の続編が決まったようなので、引用します。(*^_^*)
俳優の藤原竜也(27)が主演する映画「カイジ」(佐藤東弥監督)が、2011年の公開を 
目指して続編が製作されることが分かった。 

10月に封切られた「―人生逆転ゲーム」はまだまだ数字を伸ばしており、興収21億円 
超のヒット。同作は1996年から「ヤングマガジン」(講談社)で連載され、累計発行部数 
1400万部を超える同名コミックを原作に、藤原が借金を背負ったダメ人間のカイジを 
演じている。長期連載の原作だけにエピソードも多く、早くから続編製作の声が上がっていた。 
306スクリーンでのファーストラン(最低限決められた公開期間)を終える12月14日 
以降も291スクリーンでのロングラン上映が決定。好成績が続編製作を後押しした。 

藤原の思い入れも強い。舞台「ANJIN イングリッシュサムライ」の公演に向け、 
6月から約2か月の語学留学を終えた後も、休む間もなく海外キャンペーンや 
PRのための40番組以上のテレビ出演もこなし、かつてないほど精力的に動いた。 
その成果が実を結んだ形で、藤原は「撮影から公開まで今までにないぐらい濃密に 
かかわらせていただいた作品。またカイジを演じさせていただけることを誇りに思う」 
と言葉に力を込めた。藤原以外の続編のキャストは未定という。 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

原作も知らないし、映画も見れてませんが、藤原竜也って、
不思議な役が、多いような気がします〜。

2009/11/22(日) 午後 7:21 いっちょうめ

どんな作品でも原作どおりってことはないので、先に原作を読んだ人は違和感を感じるのが常のようですね。現実にはなかなかできないことだけに映画を観て胸がすっとするだけでも救われるというものです。

2009/11/22(日) 午後 8:00 [ - ]

自分も観ました^^
なかなか面白かったと思います。しかし続編となると
パチンコ「沼」と地雷ゲーム「17歩」なのかなぁ。。。

2009/11/22(日) 午後 9:34 [ - ]

原作の足元にも及びません・・・。
でも面白かったです。
続編ですか〜パチンコ編か特殊麻雀の17歩かな〜。

2009/11/23(月) 午前 7:08 大佐ちゃん

>一丁目さん、コメントをありがとうございます♪
そうですね、藤原竜也って、デビュー作の「身毒丸」から始まって不思議な役が多いですね。演技力あるから これからも楽しみです。(*^_^*)

2009/11/25(水) 午後 6:30 COSMO

>東国原知事(YOSHIさん)、コメントをありがとうございます♪
一般的に言って、原作を先に読んだ人は違和感や不満を感じる傾向があるようですね?
現実にはできないことを映画で疑似体験して 胸がすっとすることって、確かにありますね♪

2009/11/25(水) 午後 6:38 COSMO

顔アイコン

>sonictempleさん、コメントをありがとうございます。
原作ファンには賛否両論あるらしいですが、原作を知らない私は凄く楽しめました。
「続編」も楽しみですが、パチンコ「沼」と地雷ゲーム「17歩」って、ぜんぜん分かりません。”響き”が凄いですね、続編も期待します!

2009/11/25(水) 午後 6:46 COSMO

顔アイコン

>大佐ちゃんさん、映画は「原作の足元にも及ばない」ですか!そんなに凄いなら 原作が読みたくなりました!
続編、↑sonictempleさんも、「パチンコ編」地雷ゲーム「17歩」を予想しています。原作通には 分かるんですね!(*^_^*)

2009/11/25(水) 午後 6:52 COSMO

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事