COSMO'S DIARY

ご訪問ありがとうございます♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

*3月7日(金)、CLUB CITTA’川崎にて行われた「ARCH ENEMY / SHADOWS FALL JAPAN TOUR 2008」に参戦しました。オープニングアクトのJOB FOR A COWBOYも加えて タイプの違う3つのバンドを観ることができたので、お得感がありました。3バンド、セットチェンジを入れて4時間の長丁場でした。(↑画像◆CLUB CITTA’川崎」)

JOB FOR A COWBOY

*私はこのバンドを知らなかったので、速攻で予習をしておきました:
デスコア/デスメタル・プログレッシヴ・バンド、メンバーの年齢は20歳〜21歳。ムス大佐が主催する
GIGANTOURに抜擢された、4月からのGIGANTOURの前に日本を急襲?

*JOB FOR A COWBOYは、定刻を15分過ぎた18時45分にスタートして、30分間プレイしました。
若いバンドなのに“超絶技巧”なので驚きました!リズム隊も揃っていて ギターの激しいリフ攻撃も狂いがありません。Vo.は手を激しく動かしながら 超重低音のデスボイスで咆哮しました。今後の活躍が楽しみなバンドです!

:):)セットリスト(↓間違っているかも):):)
01.Entities
02.Reduced To Mere Filth
03.Altered From Catechization
04.EntombmentOf A Machine
05.Embedded
06.Knee Deep


SHADOWS FALL

*お次はSHADOWS FALLです。JOB FOR A COWBOYの時より人口密度が高くなりました。
COWBOYは曲展開が複雑でリズムをつかむのが大変でしたが、SHADOWS FALLはヘドバンしやすい曲の連発でした。みんなで大合唱してクラウドサーファーも転がって、超盛り上がりました!

*なんと言っても Vo.のブライアンの存在感が凄かったです!超ロングドレッドの髪を大回転させて高速ヘドバンをかまし マイクをぶん回し 柵に飛び移って歌いダイブし…と縦横無尽に暴れ回りました!
ブライアンの絶叫と重低音のデス声とド迫力のパフォーマンスに煽られて、私たちもテンション・マックスになりました!速い曲中心のセットリストで、50分間が駆け抜けるように終わりました!

:):)セットリスト(↓間違っているかも):):)
01.Thoughts Without Words
02.Enlightened by the Cold
03.Venomous
04.The Light That Blinds
05.Redemption
06.Destroyer of Senses
07.What Drives the Weak


フレンドリーなアメリカ人

*今回はチケットの整理番号が早くなかったので、私は4列目の左側にいました。隣りのアメリカ人3人がデカい声でしゃべっていたので、思わず私も会話に加わりました。
SHADOWS FALLと ARCH ENEMY の時モッシュピットができました。私たちはモッシュピットとの“境界線”にいたので、渦のサインを出したり、ピットから弾け飛んできたお客を流してあげました。ピット周辺は、視界が開けて
ステージが観やすいし ピットで走り回ってる客を鑑賞できるし そんなに危なくないので、いいポジションだと思いました。
*SHADOWS FALLの後セット・チェンジで50分くらい待たされました。この間、アメリカ人3人(男2人・女1人)と私とでメタル談義やいろんな話をしました。4人ともこの日が“初対面”だったのですが、かなり盛り上がりました。日本人奥さんをどうしたらメタラー化できるか、アメリカ選挙戦の行方、彼らの出身のテキサス州やニューメキシコ州やアメリカ建国史などマジメな話もしました。デス声でgrowlすることを”クッキーモンスター!”と言うと教えてもらい、かなり笑えました!
*それからビールを飲み、私の特製アクエリアスを酌み交わしました。アメリカ人の男2人は、上腕の tattooを見せてくれました。するとアメリカ人の女性も、おしりの上あたりのtattooを見せてくれました。
順番でトイレタイムを取ったりするうちに、ARCH ENEMYの時間になりました。フレンドリーなアメリカ人たちのお陰で、待ち時間に退屈しないですみました。(*^_^*)

ARCH ENEMY

*ようやくトリのARCH ENEMYが登場しました。向かって左にマイケル、右にクリストファー、中央にシャーリーとアンジェラといった布陣です。序盤は、B.やG.の音が小さくてバランスも悪かったです。中盤で回復した感じですが、(セットチェンジで待たされている間に)機材トラブルか何かがあったのでしょうか?

*アンジェラはデス声が絶好調で、落差あるMCの声がかわいかったです。メロデスでは異例の?お色直しを3回もしてくれました。Tシャツに『Diva Satanica』の文字があったと思います。
*アモット兄弟が並んでいる姿も感動的でした。素晴らしいツインリード&ソロを聴かせてくれました♪♪
*ダニエルのドラムもパワフルで安定感がありました、ドラム・ソロも最高でした。

*さて ライヴです!1曲目の“Blood On Your Hands”でRemember!の大合唱!・・・MCでアンジェラが「日本の映画にinspireされた」と言って“The Day You Died”を演りました。・・・“Silverwing”を演ってくれたときは大感動しました!ダニエルのドラムソロの後、「レインボー」の“Stargazer”を演りました。
インストの“Intermezzo Liberte”もプレイ。“Vultures”の後 メンバーがいったんステージから去りました。

*“Enemy Within”でアンコール開始。“Snow Bound”、“Shadows And Dust”と続いて、アンコールのラストは“Nemesis”!♪one for all, all for one〜♪
*この後メンバーがまたステージから消え、トロフィーを持って再登場しました。『BURRN!』の人気投票で、グループ・ギタリスト(Michael)・ドラマー(Daniel)・ソングライター(Michael)・アルバム(RISE OF THE TYRANT) の5冠を獲得した褒美にもらったトロフィーだそうです!アンジェラは「アリガトウ」と日本語で言って記念撮影をしました。
*それから2回目のアンコールは“We Will Rise”。“Fields Of Desolation”を演って、90分間に及ぶライヴが 22時30分に終了しました。ARCH ENEMYの人気ぶりが分かる素晴らしい内容のショーでした。少なくとも日本では、最強・無敵のバンドですね! (*^_^*)


↑画像は ARCH ENEMY 終了後にいただいたセットリストです

開く トラックバック(2)

イメージ 1

* みなさんは『デトロイト・メタル・シティ』というギャグ漫画を読んだことがありますか?
『デトロイト・メタル・シティ』は宝島社の2007年版『このマンガがすごい!』で、『デスノート』をおさえて第1位を獲得しました。
今年の8月、松山ケンイチ主演で劇場にクラウザーさんが降臨しますが、ただいま『DMC』の撮影のエキストラ出演者を募集していますね!あなたもDMCに出演しませんか?!以下エキストラ募集記事を引用します。
伝説のデスメタル・ギャグ漫画、禁断の実写映画化。
08年夏、劇場にクラウザーさんが降臨する!!

この映画の撮影のエキストラ出演者を以下の通り募集いたします。

●募集日程: 現状での予定は以下になります。追加も予定しており、随時更新していきます。

3月7日(金)=横浜/200名 (大学生に見える方を募集します。)
3月10日(月)=下北沢/60名(下北の街にいる通行人の設定です。)
3月10日(月)=渋谷/60名(デスメタルライヴでの観客設定です。コスプレ大歓迎!!)
3月12日(水)=渋谷/350名(パンクロックライヴの観客、デスメタルライヴの観客設定です。実際のライヴに行くようなコスプレできる方大歓迎!!)
3月17日(月)=豊島園/150名(遊園地の客設定です。家族連れ、親子、カップル、友達同士でご参加下さい。)
3月19日(水)=初台/300名 (デスメタルライヴでの観客設定です。コスプレ大歓迎!!)
3月24日(月)・25日(火)=場所未定/各300名 ※1日のみのご参加でも大歓迎です。(デスメタルライヴでの観客設定です。コスプレ大歓迎!!)
3月26日(水)=幕張/1600名(デスメタルライヴでの観客設定です。コスプレ大歓迎!!)
3月28日(金)=場所未定/50名(通行人の設定です。)
4月7日(月)=渋谷/40名(通行人の設定です。渋谷にいそうな若者大歓迎!!)
4月9日(水)=豊島園/200名(遊園地の客設定です。家族連れ、親子、カップル、友達同士でご参加下さい。)
4月10日(木)=渋谷/100名(ヒップホップスタイルで参加が可能な方を場集します。)
4月13日(日)=場所未定/50名(通行人の設定です。)
4月14日(月)=渋谷/200名(デスメタルライヴでの観客設定です。コスプレ大歓迎!!)
4月16日(水)=横浜/30名(我こそはファッションセンス抜群と思われる方!!是非ご応募を。) 

各日ともに男性が不足しているため、男性応募者の当選率は高いです!
またライヴ会場での観客設定では、実際にライヴに行くコスプレができる方を求めています。
応募の際に「コスプレ可能」と明記いただくと当選率が高いです! 

*小心者でおとなしい好青年の根岸クンと デスメタルの帝王「クラウザー鏡ぁ廚箸離侫衂激しいキャラクターを、松山ケンイチがどう演じ分けるか、楽しみです!R18くらいにしておかないと、原作のクオリティが再現できないかもしれませんね?某有名アーティストも実名で出演するそうですよ! (*^_^*)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事