COSMO'S DIARY

ご訪問ありがとうございます♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

*私は 本職以外に2つの劇団(芸能事務所)で演劇の稽古をしています。そのうちの1つの劇団で、先日18日(水)に、横田めぐみさんの舞台劇「めぐみへの誓い」の「制作発表記者会見」を行いました。

*横田滋さん、横田早紀江さん、飯塚耕一郎さん(田口八重子さんのご長男)も記者会見に臨んでくださいました。毎日新聞、産経新聞、読売新聞、スポーツ報知などの新聞社や、NHK、日テレ、TBSなどのテレビ局の皆さんが取材に来てくださいました。この日の「制作発表記者会見」を、みのもんたの「朝ズバッ!」や「情報ライブ ミヤネ屋」など、各局で報道してくださいました。

*以下、毎日新聞の記事を引用します。
「北朝鮮拉致 めぐみさん主人公の舞台劇 10年1月に上演」

北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(行方不明時13歳)を主人公にした舞台劇「めぐみへの誓い」の製作発表が18日、東京都新宿区の劇団「夜想会」であった。めぐみさんの父滋さん役は、テレビドラマ「太陽にほえろ!」の刑事役で知られる俳優の小野寺昭さんが演じる。来年1月26〜31日に新宿タカシマヤタイムズスクエアの紀伊国屋サザンシアターで上演される。

 めぐみさんを演じるのは、約500人の応募があったオーディションで選ばれた早大生の木村彩花さん(18)。北朝鮮でめぐみさんと一時同居生活をしていた田口八重子さん(行方不明時22歳)は女優の川上麻衣子さんが演じる。劇では、北朝鮮元工作員の証言などを基に、めぐみさんらの北朝鮮での生活をフィクションを交えながら描く。

 製作発表に出席した滋さん(77)は「拉致問題をすべての人に知っていただくため大きな力になる」と話す一方、めぐみさんの母早紀江さん(73)は「本当に感謝しているが、悲しい日々を過ごしてきた自分には、つらくて(劇を)見られないのでは」と語った。

「めぐみへの誓い」

*この作品は、これまでのテレビやドキュメンタリー映画で描かれた、拉致事件の解明、救出運動といったテーマから一歩進めて、拉致され工作員を日本人化するための教官になっためぐみさんたちの、北朝鮮国内での日々の生活を、多くの資料から類推して描いています
めぐみさんの拉致された瞬間、朝鮮語の学習、強制収容所、李恩恵こと田口八重子さんによる金賢姫(大韓航空機爆破事件の元死刑囚)の日本人化教育・・・。そして2002年小泉首相訪朝後の5人の帰還と8人死亡の通知、その裏に隠された北朝鮮の謀略等々、拉致事件にまつわる真相に迫っていきます。


公演日・チケット

*公演日 2010年1月26日(火)〜1月31(日)

*チケット:前売り¥5,000  当日\5,500  大学・専門学生\3,000
      高校生\2,500  小・中学生¥1,000(学割チケットは夜想会のみで販売しております。)

ローソンチケット:予約Tel 0570-084-003(Lコード 31973)
                 0570-000-407(10:00〜20:00
イープラス

夜想会  Tel 03-3208-8051(10:00〜19:00)  E-mail  yasokai-ishi1968@mbr.nifty.com


私は、12月〜1月にかけて本職が忙しすぎるため、今回の公演に出演できません。でも、裏方のお手伝いをしていきます。

この記事をお読みになった方、よろしかったら、「めぐみへの誓い」をご覧になってください。m(_ _)m

↑画像 屬瓩阿澆悗寮世」ポスター
↑画像 記者会見に臨んでくださった横田めぐみさんのご両親、飯塚耕一郎さん他
↑画像取材に来てくださった報道関係者の皆さん

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事