COSMO'S DIARY

ご訪問ありがとうございます♪

HR/HM

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

HR/HMファンの皆さん、こんにちは。BURRN!5月号の“ぶるるん情報”をお伝えします!

*DRAGONFORCE
さらにギア・アップでまたも最高速度を記録?!
新ヴォーカリスト、マーク・ハドソンの加入は、新作「THE POWER WITHIN」に何をもたらしたか?
インタビュー&最新ライヴ・リポート@LONDONでバンドの現在に迫る!
:) 関連記事
DORAGONFORCE-JAPAN TOUR 2009 ライブレポ♪
LOUDPARK06 10/14、15 LIVE REPORT ! PART DRAGONFORCE

*AVENGED SEVENFOLD
「NIGHTMARE」に伴う初ヘッドライン日本ツアー間近、M・シャドウズ独占自宅直撃
インタビュー!気になるライヴの内容は?そして次作は?
A7X来日公演日程 問:クリエイティブマン 03-3462-6969
:) 関連記事
AVENGED SEVENFOLD「JAPAN TOUR 2008」ライヴ・レポ♪

*EXTREME
活動再開の序章となる3年4ヵ月ぶりの来日公演は、傑作2nd「PORNOGRAFFITTI」完全再現ツアー!日本だけの特別企画への意気込みをヌーノ・ベッテンコートが
明かす独占インタビュー!
来日公演日程 問:ウドー音楽事務所 03-3402-5999

*KISSIN' DYNAMITE
80'sスタイルのメロディックHMを奏でる ドイツの若き5人組、会心の3作目「MONEY,SEX&POWER」を発表!(発売中)

*KIKO LOUREIRO
ANGRAのキコ・ルーレイロ、初のソロ・プロジェクトで来日公演決定、新たなアルバムもフィンランドで制作中!
KIKO初ソロ7/14来日公演@代官山UNIT
問:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

*SOULFLY
激音闘士マックス・カヴァレラ率いる4人組、奴隷制度をテーマに選んだ8作目の
新作「ENSLAVED」をリリース!(発売中)

*MESHUGGAH
スウェーデンの異能集団、超絶技巧と攻撃性の双方に磨きをかけた 通算7作目と
なる新作「KOLOSS」をリリース!(発売中)

*ALICE COOPER
名盤「WELCOME TO MY NIGHTMARE」の続編「WELCOME 2 MY NIGHTMARE(発売中)」を発表した“ショック・ロックの帝王“アリス・クーパーに独占インタビュー!

*RAGE
ジャーマン・メタルの重鎮トリオ、新作「21」を引っ提げて、5月来日!
RAGE JAPAN TOUR 2012 公演日程 問:東京音協: 03-5774-3030
:) 関連記事
GAMMA RAY/RAGE 東京公演ライブレポ♪

*EPICA
美貌のシンガーを擁するオランダのシンフォニック・メタル・バンドが、
5thアルバム「REQUIEM FOR THE INDIFFERENT」を発表!(発売中)

HALESTORM
紅一点リジー・ヘイルの多面的な魅力を詰め込んだ待望の2ndアルバム
「THE STRANGE CASE OF…」登場!(4月11日発売予定)
:) 関連記事
LOUD PARK 10 ライブレポ PART

*JOB FOR A COWBOY
デスコアの気鋭として高い人気を誇る5人組が、3作目となる最新作
「DEMONOCRACY」を発表!(4月11日発売予定)
:) 関連記事
ARCH ENEMY/SHADOWS FALL /JOB FOR A COWBOYライヴレポ♪

*SHADOWSIDE
IRON MAIDENのサポートアクトを務めた“ブラジリアン・メタル・ハリケーン”と呼ばれる4人組、3作目「INNER MONSTER OUT」でいよいよ日本襲来!(発売中)

*ANGEL WITCH
NWOBHMダーク・サイドを象徴する伝説のバンド、14年ぶり通算5作目となる会心の新作「AS ABOVE, SO BELOW」をリリース!(発売中)

*YOUTHQUAKE
結成22年を経て 今なお進化し続ける、ジャパニーズ・エクストリーム・メタルの重鎮が通算8作目となる新作「DARKNESS AND LIGHT, TRIFE CONFLICT」を発表!
(4月11日発売予定)

*MINSTRELIX
大阪拠点のバンドにオリジナルVoが復帰、満を持して通算3作目
「TALES OF HISTORIA」をリリース!(発売中)

*<特別企画>『EN VIVO!』のすすめ
IRON MAIDEN “ファイナル・フロンティア・ワールド・ツアー”一環として2011年4月に行った、チリ・サンディアゴ国立スタジアムでのライヴ映像&ツアードキュメンタリー
DVD「EN VIVO!-IVE AT ESTADIO NACIONAL, SANTIAO」!
:) 関連記事
東日本大震災>アイアン・メイデン「THE FINAL FRONTIER WORLD TOUR 2011」 公演中止を発表

*<特別企画>SEEKING MAJOR TOM!!
「スタートレック」のカーク艦長でお馴染みのウィリアム・シャトナーのコンセプト・アルバム:リッチー・ブラックモア、イアン・ペイス、ザック・ワイルド、マイケル・シェンカー、ピーター・フランプトンら豪華ゲストが参加!

THE ANSWER
北アイルランドのヘヴィ・ブルーズ・ロッカーが最新作「REVIVAL」を引っ提げて4回目の来日!ライヴ・リポート@ CLUB QUATTRO, SHIBUYA, TOKYO

*OPETH
現代プログレ・メタルの最高峰が最新作「HERITAGE」に伴うツアーで来日!
ライヴ・リポート@ SHINKIBA STUDIO COAST, TOKYO

*LAMB OF GOD & CHTHONIC
ニュー・アメリカン・メタルのキングが台湾の盟友と日本をツアー!
ライヴ・リポート@ SHIBUYA O-EAST, TOKYO
:) 関連記事
LAMB OF GOD / CHTHONIC 東京公演ライブレポ♪

*『INAZUMA AGE 1』
新たなる激音イベント・シリーズがスタート!
NUCLEAR ASSAULT、BLACK DAHLIA MURDER、UNITEDが激突!
@ CLUB QUATTRO, SHIBUYA, TOKYO

*LIV MOON
“白”と“黒”の2日間のパフォーマンスで示した、未来に広がる大きな可能性!
@ LIQUID ROOM, TOKYO

*JUDAS PRIEST
“最後の世界ツアー”で日本を訪れた鋼鉄神の最新インタビュー!
:) 関連記事
JUDAS PRIEST@日本武道館 PART
JUDAS PRIEST@日本武道館ライブ感想

*EVANESCENCE
“バンド”となったEVANESCENCEの内情を暴露!? エイミー嬢にインタビュー!

*アルバム・レビュー、伊藤政則の『今月の断言』他、各種コラム
*鋼鉄アゲ嬢、ALDIOUSのメンバーによるコラム
*再発レビューを刷新、今買うべき名盤/定番アルバム情報
*有名HM/HRバンドの歴史早わかり→MESHUGGAH

★5月号p.71の海外ツアー・デートに、CHURCH OF MISERYツアー日程も載っています。(*^_^*)

< POSTER > COZY POWELL 1983
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52890922_40?1333159361.jpg
↑会場の中野サンプラザ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52890922_38?1333159361.jpg
↑公演フライヤー

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52890922_41?1333159361.jpg
↑会場内に展示されていた“Dean”製ギター

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52890922_35?1332998964.jpg
↑私のチケット(1階19列14番)

*3月29日(木)、中野サンプラザ にて開催された、「MICHAEL SCHENKER TEMPLE OF ROCK JAPAN TOUR2012」に行きました。
ツアータイトルのとおり、M.S.G.ではない“ソロ名義”のライブで、参加メンバーは、
Michael Schenker(G)、Michael Voss(Vo/G)、Herman Rarebell(Ds)
  Elliot "Dean″Rubinson(B)、Wayne Findaly(G /Key)
の5人でした。

ライブレポ @NAKANO SUNPLAZA, March 29th

*会場に入ると、ステージの『TEMPLE OF ROCK』のバックドロップが目に入りました。期待でソワソワしながら、開演を待ち続けました・・・定刻の7時になる前にオープニングSEが流れ始めて、7時を数分過ぎたころ照明が暗くなり、次々にメンバーが登場して場内は歓声の嵐に包まれました!まずDsのハーマンが定位置につき、続いて下手からメンバーが現れて、マイケルだけ上手から登場 !彼は、黒っぽいニット帽・ジーンズ・スニーカーというお姿で、サングラスはつけていませんでした。シェイプアップされたスリムなお体で、以前より健康そうに見えました。

*オープニング・ナンバーはインストの超名曲・「Into the Arena」、シェンカー様のプレイに釘付けとなりました。白黒ディーンを抱え上げるお姿が『TEMPLE OF ROCK』のジャケットと同じで、本当に神々しかったです!
2曲目「Armed And Ready」のイントロに入った時に Vo.のマイケル・ヴォスが登場。
MSGの代表曲が続いたので、会場のボルテージが一気に上がりました♪

*MCで ヴォスが3曲目「Love Drive」を紹介して、スコーピオンズタイムに入りました。続く「Another Piece of Meat」でも、ヴォスがマイクを客席に向け、皆でサビの部分を大合唱しました♪“MSG名義”のライブではめったに聴けない選曲ですね♪

*それから会場がブルーのライトに包まれて、M.S.G.の「On And On」へ移りました。ヴォスに促されて私たちも手拍子して、サビをみんなで大合唱しました♪
6曲目は新作ソロ・アルバム『TEMPLE OF ROCK』からの「Hangin' On」。今回のライブはこの最新アルバムに伴うツアーですね。披露されたのはこの1曲だけでしたが、聴けてよかったです。

*この後、怒濤のUFOタイムになりました。ヴォスがカウベルを持ちだして“Are you
having a good time? I can’t hear you. Enjoy!!”とオーディエンスを煽り、「Shoot Shoot」、「Too Hot To Handle」へ!サビを皆で合唱して楽しく盛り上がりました♪
9曲目「Love to Love」では、上手にいたシェンカー様が私たちのいた下手に来て下さいました。エモーショナルな泣きのギターに、鳥肌が立つほど感動しました。
*続く「Let It Roll」「Natural Thing」、メンバーとオーディエンスが一体となって盛り上がりました。12曲目「Lights Out」、ヘドバンしながらいい気分で聴いていたら、早くも“本編終了”っぽい感じになり、メンバー5人がお礼をしてステージを去ってしまいました!
*拍手&コールに迎えられてメンバーが再登場!アンコール1曲目 は (なぜか)スコーピオンズの「Rock You Like A Hurricane」。イントロと中間部のギターソロをヴォスが担当して、歌よりも受けました。後半からDsのハーマンが “Here I am♪”と煽って、お客が“Rock you like a hurricane!”と返して、掛け合いを楽しみました♪エンディングでは、マイケルがギターソロを聴かせてくれました。

*アンコール2曲目は至高の名曲「Rock Bottom」、マイケルのギターソロに酔いしれました。(ヴォスや他のメンバーは もはや眼中になくなりました。)
この後Bye-Byeと言いながら5人がステージを後にしました。
もうすぐ神さまのライブが終わってしまうと思うと寂しくなりましたが、精一杯 拍手&コールしました。

*2度目のアンコールの曲(15曲目)はスコーピオンズの名曲「Blackout」。ヴォスがまたメインギターを担当して、マイケルがエンディングを演じました。
*最後の最後の曲「Doctor Doctor」では、皆で一体となって、悔いのないよう思いっきり盛り上がりました♪

・・・こんな風に、全16曲・1時間30分のライブが、あっと言う間に終わってしまいました。もっと聴きたかったけども、マイケルもご機嫌で絶好調で、素晴らしいライブだったので、満足できました。
平日で忙しい中 参戦した皆さん、お疲れ様でした。 m(_ _)m
あと、31日の「なりきり!! マイケル・シェンカーコンテスト」に参戦した皆さんも、お疲れ様でした。m(_ _)m

:) SETLIST @NAKANO SUNPLAZA, March 29th

01. Into the Arena
02. Armed And Ready
03. Love Drive (Scorpions)
04. Another Piece of Meat (Scorpions)
05. On And On
06. Hangin' On
07. Shoot Shoot (UFO)
08. Too Hot To Handle (UFO)
09. Love to Love (UFO)
10. Let It Roll (UFO)
11. Natural Thing (UFO)
12. Lights Out (UFO)
〜encore1〜
13. Rock You Like A Hurricane (Scorpions)
14. Rock Bottom (UFO)
〜encore2〜
15. Blackout (Scorpions)
16. Doctor Doctor (UFO)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

★HR/HMファンの皆さん、こんにちは。BURRN!4月号の“ぶるるん情報”をお伝えします!

*UNISONIC
カイ・ハンセン&マイケル・キスクのタッグ復活!
ドイツ産HR/HM最後の大物、遂にデビュー・アルバム「UNISONIC」を発表(3月21日発売予定)
:) 関連記事
LOUD PARK 2011 ライブレポ♪

*<特別企画>:2011年度読者人気投票結果発表!
BURRN!読者が選んだ人気投票・各部門結果発表!
+BURRN!編集部員とライター陣が選ぶ“2011年度マイ・ベスト”

*<追悼特集>:マーク・リアリ
1月に他界したRIOTのギタリストを偲ぶ・・・

*DREAM THEATER
ニュー・ドラマーと共に新作の欧州ツアーを開始した彼らの海外ライヴ・リポート!
@HELSINKI, FINLAND+ジョン・ペトルーシ独占インタビュー!

*VAN HALEN
復活を遂げたアメリカンHRの王者による、“シークレット・ギグ”をリポート!
@HENSON STUDIOS, HOLLYWOOD, CA, U.S.A.

*NIGHTWISH
フィンランド産シンフォニック・メタルの旗手が、新作「IMAGINAERUM」を引っ提げて行った最新アメリカ・ツアーの模様をリポート!@UNIVERSAL CITY, CA. U.S.A.

*ARCH ENEMY
クリストファー・アモット、またもARCH ENEMYから脱退!事の顛末をマイケルが
緊急独占告白!

*DYNAZTY
スウェーデンの若きバンド、日本デビューから1年足らずで早くも3rdアルバム
「SULTANS OF SIN」をリリース!(3月21日発売予定)

*PYTHIA
疾走感のあるシンフォニック・パワー・メタルを聴かせるブリティッシュ・バンドが、
2作目「THE SERPENT’S CURSE」を発表!(発売中)

*OVERKILL
アメリカ東海岸出身のスラッシュ/パワー・メタル5人組が、更なるアグレッションとクレイジーネスを放出する17作目「THE ELECTRIC AGE」を完成(3月21日発売
予定)

*PASTORE
ブラジルの激烈シンガー率いるピュア・メタル・バンドが、クオリティをさらに高め、
2nd「THE END OF OUR FLAMES」を発表!(3月14日発売予定)

*ASTRAL DOORS
“21世紀のロニー・ジェイムズ・ディオ”を擁するスウェーディッシュ・バンドが、
新作「JERUSALEM」を完成!(発売中)

*PRIMAL FEAR
鋼鉄メロディック・メタル・サウンドで人気のジャーマン・バンドが、疾走感ある曲を
詰め込んだ新作「UNBREAKABLE」を発表!(発売中)

*RAVENSCRY
エレクトロニックの要素を取り入れたシンフォ・メタルに、気品ある女性Voを乗せたイタリアの5人組が、「ONE WAY OUT」で日本デビュー!(3月14日発売予定)

*UFO
デビューから42年!未だ心地よくも刺激的なロックを響かせる、英国のヴェテランが通算21作目の新作「SEVEN DEADLY」を完成!(発売中)

*BLESSED BY A BROKEN HEART
ハイパーで超絶速弾きギターと分厚いハーモニー付き、80'sメタルを元気に再構築するバンドが、約3年半ぶりの新作「FEEL THE POWER」でさらにスケール・アップ!
(発売中)

*PREY FOR NOTHING
イスラエルのテクニカル・デス・メタル・バンドが、2nd「AGAINST ALL GOOD AND
EVEL」で本邦デビュー!(3月14日発売予定)

*CONSFEARACY
元VICIOUS RUMORS、現THE NEW BLACK等のメンバーが集結した米独混成バンドが、デビュー・アルバム「CONSFEARACY」 リリース!(3月14日発売予定)

*SHEAR
女性Vo入りのアグレッシヴなプログレ・メタルを聴かせる、フィンランドの5人組が
「BREAKING THE STILLNESS」でデビュー!(発売中)

*GOATWHORE
アメリカン・ブラッケンド・デス・メタルの雄が、5作目「BLOOD FOR THE MASTER」をリリース!(3月7日発売予定)

*CANNIBAL CORPSE
ピュア・デス・メタルの帝王が、マンネリとは言わせない渾身のニュー・アルバム
「TORTURE」を完成!(3月14日発売予定)

*BARREN EARTH
元AMORPHISのメンバーを中心に名うてのミュージシャンが集まったスーパー・バンドが、「THE DEVIL’S RESOLVE」で日本デビュー!その初期AMORPHIS+OPETH的なサウンドに酔え!(3月14日発売予定)

*MANIPULATED SLAVES
大阪拠点のメロディック/アグレッシヴHMバンドが、通算6作目となる「LOVE&DEATH」をリリース!(発売中)
:) 関連記事
ON EARTH 〜Storm of Damnation Tour 2011」に行きました♪

*SUICIDAL ANGELS
ギリシャの激烈スラッシュ・メタル軍団が、4thアルバム「BLOODBATH」を発表!
(発売中)

*STEELWING
スウェーデン出身、伝統的HMを聴かせる若き5人組が、よりメロディックかつキャッチーになった新作「ZONE OF ALIENATION」を発表!(発売中)

*NAPALM DEATH
バーミンガムが生んだグラインドコアの帝王、揺るぎない個性に貪欲なまでの実験
意識を封入した、会心の14作「UTILITARIAN」 を発表!(発売中)

*CHRISTIAN MISTRESS
女性Voを擁するアメリカ西海岸の古典的HMバンドが、2nd「POSSESSION」で
日本デビュー!(発売中)

*THE SLUT BANKS
“日本ロックン・ロール界のテキトー男”率いる死霊バンドが、2007年大晦日の
蘇生後初となるフル・アルバム「チクロ」を発表!(3月7日発売予定)

*JUDAS PRIEST
鋼鉄神 最後の世界ツアーで来日!スペシャル・ライヴ・リポート
@PACIFICO YOKOHAMA
ロブ、グレン、リッチーの最新インタビューを来月号で掲載予定!
:) 関連記事
JUDAS PRIEST@日本武道館 PART
UDAS PRIEST@日本武道館ライブ感想
KKの穴は私たちが埋める!@武道館
JUDAS PRIESTパシフィコ横浜公演ライブレポ♪

*EVANESCENCE
アルバムでは味わえない、バンドとしての魅力溢れるステージ!スペシャル・ライヴ・リポート@ZEPP TOKYO, TOKYO

*『WOMEN'S POWER』
SHOW-YA、ALDIOUSら多彩な女性メタル・バンドが集ったイベントの模様を
リポート!@O-EAST,TOKYO

*PRAYING MANTIS
デビュー30周年記念ツアーで来日した 英国の叙情派ハード・ロック・バンドに
インタビュー!

*DIR EN GREY
大阪城ホールにて名作「UROBOROS」を完全再現!同作の世界観の具現化は、
これで最後?!

*JOHN WETTON
プログレ界の巨匠・ジョン・ウェットンが、昨年発表のソロ・アルバムに伴うツアーで
来日!

*アルバム・レビュー、伊藤政則の『今月の断言』他、各種コラム
*鋼鉄アゲ嬢、ALDIOUSのメンバーによるコラム
*有名HM/HRバンドの歴史早わかり→ランディ・ローズ

<POSTER> RANDY RHOADS

開く トラックバック(1)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52691494_25?1330370360.jpg

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52691494_24?133037036.jpg

*2月22日(水)、↑渋谷O−EASTで開催された「LAMB OF GOD / CHTHONIC JAPAN TOUR 2012」に行ってきました♪

開演前

*18時ちょうどに入場が始まりました。私の整理番号は↑230番でしたが、前列スピーカー前が空いていたのでそこに入りました。若いお客さんが多くて オバサンの私は浮きましたが、隣りのお兄さんたちとお話しました:(その日)会場へ向かう途中、
CHTHONICのフレディたちがフツーに渋谷を歩いていて、彼らが話しかけたら、フレディが気さくに応えてくれたそうです♪前回来日した時は、渋谷のロックバー「 ROOCKAHOLIC」でCHTHONICメンバー全員を見かけたそうです♪

CHTHONIC

*昨年7月 の単独ライブでファンに約束したとおり、早くもCHTHONICが再来日してくれました!
定刻19時にフロアが暗転してイントロの「The Island」が流れ、CHTHONICコールに迎えられてメンバー登場♪割れるような大歓声の中、前作『Mirror Of Retribution』から「Forty-Nine Theurgy Chains」を披露♪
この後はライブの興奮が凄すぎて曲順を忘れましたが、『Takasago Army』から SEを除く6曲を、『Mirror Of Retribution』から2曲をプレイしました♪

*締めの曲「Takao」でラムゴのVoアンディ乱入、という演出はなかったけれども、
CHTHONICの怒濤のライブ、最高に盛り上がりました♪フレディ、カッコいいしMCもパフォーマンスも素晴らしいし、二胡を弾く姿が絵になっていました♪(奥さんの)ドリスたん、とっても可愛いしセクシーでした♪彼女が激しくヘドバンしてる時、白い胸元や太ももに注目してるファンが多かったようです(笑)。
曲間で フレディがMCを続けられないほど「ソニック」コールや「ドリス」コールが鳴り響き、プレイ中も ヘドバンやモッシュの嵐が続きダイバーやサーファーが続出して、怒濤のような盛り上がりでした!
それにしてもCHTHONI、ワールドワイドな人気を獲得しましたね♪「アジア圏」のバンドだし、これからも応援したいです!!
★CHTHONICセットリスト
01. The Island (SE)
02. Forty-Nine Theurgy Chains
03. Rise Of The Shadows
04. Oceanquake
05. .Mahakala 
06. Southern Cross 
07. Broken Jade
08. Quell The Souls In Sing Ling Temple
09. Takao

ラムゴ前

*CHTHONICのライブが終わると前方にいた女子が減り、気合いが入った男子や外国人が押し寄せてきました。身動きできないほどフロアが超満員になって2階もお客で溢れかえり、O-EAST始まって以来の集客かも!と思いました。場内に「LAMB OF GOD」コールが怒濤のように渦巻き、皆アドレナリン全開で開演を待ちました!!

Lamb Of God

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52691494_26?1330661092.jpg

*20時10分ごろ暗転してメンバーが登場し、日本先行リリースした新譜から「Desolation」をプレイ!!オーディエンスはのっけからフルボルテージで、サークルピット/モッシュ/クラウドサーファー/ダイバーetc.で 狂喜乱舞 阿鼻叫喚状態になりました!! (私は前列端にいましたが、端っこでもモッシュの波にもまれました。乗車率200%の満員電車の乗客全員が激しく動いてる感じなので、その流れに身を任せるしかありませんでした。(@_@) )

*場内の熱気が凄すぎて、何の曲をやったのかハッキリ思い出せませんが、
「Ghost Walking」「Walk with me in Hell 」「Set to Fail 」「Now You'vegot something Die for」「「Ruin」「The Number Six」「Laid To Rest」などが特に盛り上がりました!というか、スタートの「Desolation」から、アンコールを挟んだラストの「Black Label」まで、ずーっと怒濤の盛り上がりが続いた感じです!!

*そう言えば、オーディエンスが正気に戻ったハートウォーミングな瞬間もありました♪本編最後の「Laid To Rest」に入る前、ランディの誕生日(2月21日)をお祝いするケーキが運ばれたのです。しかもケーキを渡したのがセーラー服の女の子だったので、この時だけオーディエンスがいい人たちになって祝福しましたが、その後また戦闘モードに戻ってカオティックに盛り上がりました!! (ライブ終了後 私は洗面所に行きましたが、洗面所全体に靄がかかり鏡が全部 曇っていて、サウナの中にいるようでした。O-EASTの洗面所で初の現象でした、ラムゴのライブは それほど熱かったって事ですね!)
*ラムゴ、パワフルでブルータルでエネルギッシュなパフォーマンスを ありがとうございました。ランディの野獣の咆哮、激烈ギターリフ、炸裂ドラミングetc.で、世界最重量級のバンドだと思いました。
参戦した皆さん、ほんとにお疲れ様でした。 m(_ _)m
★LAMB OF GOD セットリスト
01. Desolation
02. Ghost Walking
03. Walk With Me In Hell
04. Set To Fail
05. Now You've Got Something To Die For
06. Ruin
07. Hourglass
08. The Undertow
09. Descending
10. Contractor
11. The Number Six
12. Laid To Rest
〜Encore〜
13. The Passing (SE)
14. In Your Words
15. Redneck
16. Black Label

遅い番号でも前方を確保できました

*ライブレポと直接 関係ありませんが、遅い整理番号でフロア前方をゲットする対策をまとめてみます。( For Your Information )

\茲縫肇ぅ譴鮑僂泙擦討く
O-EASTは 整理番号順に「サクサク」入場するので、遅刻すると入場が遅れてしまう。先に渋谷駅とかでトイレを済ませておく方がイイ。
O-EASTそばのコンビニとかでは、トイレを貸してくれない。(ライブのたびにオーディエンスにトイレを貸していたら 商売にならないし)
O-EASTのトイレは会場内ロッカーの横なので、入場開始してすぐにロッカーを使う客で混むから、トイレにたどりつくのに時間がかかってしまう。

∧販に寄らないで、フロアに直行する
「物販へ向かう列」と「会場へ入る列」に別れるので、ロープ仕切りの「会場へ行く列」へ並ぶ。(売り切れる時もあるけれど、ライブ中や後でも物販で買える)

ドリンク交換は後でする
入場したら、ドリンクバーでドリンク交換しないで、ひたすらフロア前列へダッシュする。(O-EASTは ライブ中や終演後もドリンク交換できる。)

げ饐貽皀蹈奪ーは使わない
手荷物はできるだけコンパクトにして、入場後 ロッカーに預けないで、そのままフロア前列へ向かう。ステージ左右の「スピーカー前(爆音音圧エリア)」が空いてる場合がある。
会場内ロッカーは混むので時間をロスするから、ライブ前に渋谷駅等のコインロッカーに預ける手もあります。

(↑以上の対策を取ったら、整理番号300番台でも、O-EASTスピーカー前最前列左/右をゲットできた経験があります!)

開く トラックバック(1)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52691494_15?1330160909.jpg

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52691494_16?1330160909.jpg

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/19/3b/hokeypokeyyoudothe/folder/1539720/img_1539720_52691494_21?1330160909.jpg

:) ↓先に書いた「JUDAS PRIEST Epitaph Japan Tour 2012 PART 廚梁海です。
2月17日に開催された「日本武道館公演」の感想などを書いてみます。(*^_^*)

JUDAS PRIEST Epitaph Japan Tour感想

*音のバランスが良くてシッカリ聞き取れたし、大音量だったので満喫できました♪
曲のテンポもオリジナルに近くて 感動しました。サプライズ選曲がなくて 演出照明やスモークがもの足りなかったけれど、素晴らしいライブ内容だったので、ぜひDVD化してほしいです!(DVDは出ないのかも?当日 私の席からは、ライブを収録しているのかどうか分かりませんでした。)

*初期の作品・最近の楽曲・黄金期のスピードチューン等、JUDAS PRIESTの約40年の歴史を振り返るように選曲されていて、Epitaphと呼ぶにふさわしいセットリストだと思いました。また、バックドロップにアルバムジャケットが次々と映し出されたのも、感慨深かったです。

Rob Halford

*高音部が微妙な曲もありましたが、決め所のシャウトはキッチリ決めました♪
中低音部は安定していて、威厳あるお声でした。ステージのロブ様は圧倒的なオーラを放っていて、まさにメタルゴッドでした!!
会場にマイクを向けてサビをオーディエンスに歌わせる場面がけっこうありました。(ロブ様の歌う声を聴きたかったけれども)みんなで大合唱するのも それはそれで楽しかったです♪

Glenn Tipton

*私はアリーナ後方にいたので表情は分からなかったけれど、グレンはジャンプしたり前に出てきたりして ご機嫌な様子でした♪プレイは派手ではないけれども、衰えがなくて素晴らしかったです!

Ian Hill

*イアンは いつもの位置で、きっちりとリズムを刻んでいました。
「バミリテープ」を貼って自分の立ち位置を囲っているのかな?と思うほど定位置を
キープしていて 感動しました!

Scott Travis

*スティックをクルクル回しながら、タイトでパワフルなドラミングを聞かせてくれました。ライブ最後の「Living After Midnight」の前のMCも 感激しました♪

Richie Faulkner

(今回の公演で リッチー・フォークナーの好演ぶりに感動しすぎたので、↑他のメンバーよりたくさん書かせてください。m(_ _)m )

*「IRON MAIDEN」の前座バンド(スティーヴ・ハリスの娘のバンド)でリッチー・フォークナーを2回 見ましたが、私はその時、メインのローレン・ハリスよりもリッチーの方に注目しました。
2006年のA MATTER OF LIFE AND DEATH武道館公演と、2008年の「IRON MAIDEN "SOMRWHERE BACK IN TIME TOUR」の時です。
長い髪を振り乱してプレイする姿がザック・ワイルドっぽいと思いました。
今回のJUDAS公演でアリーナ後方から観たら、ランディー・ローズに似てるとも思いました。
*彼は武道館ステージを駆け巡り オーディエンスを乗せまくって、ライブを盛り上げてくれました♪お家芸のフォーメーションもちゃんと合わせていたし、メンバーにすっかり溶け込んでいました。
彼は昨年5月に、「アメリカン・アイドル」でJUDAS PRIESTの新ギタリストとして紹介されたそうだし、若いファンや女性ファンが増えそうな予感もします。
リッチーが入ったことで バンドが活気づいて、良いケミストリーが生まれたのかもしれませんね?
若い力が加わった「JUDAS PRIEST」が このまま現役を退くとは思えなくなりました。
(*^_^*)

また彼らに会えますよね?

*JUDAS PRIEST、長期ツアーはないにしても、短期ツアーやフェスティバル出演やHALFORD名義の来日を期待します。リッチーを擁した新譜も発表してほしいです。
JUDAS PRIESTのメンバーと Epitaph Japan Tourに参戦した皆さん、お疲れ様でした。
そして感動をありがとうございました。m(_ _)m


開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事