北海道の星と大地と美味い物

2019年は絶対に素晴らしい年になる!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Nikon D3

イメージ 1

イメージ 2

昨年11月にNikon D3を購入してから、9か月になろうとしています。その後、Nikonからはフルサイズ一眼のNikon D700が発売されました。

Nikon D3、D300が発売されてから、最近はキヤノンに押され気味であった報道記者のカメラの使用が、最近のニュース、そして北京オリンピックに映る報道記者を見ると、大幅にNikonが増え、特にD3を使用しているカメラマンが非常に多く見られるようになり、Nikonが多く使用されている最近の状況を見ると、所有する私としても非常に満足しているカメラです。

実際、フルサイズ1210万画素の威力もあり、全紙に引き伸ばしても、素晴らしい写真です。
フルサイズの1210万画素で、無理に画素数を増やさずに1画素の面積を大きくしたことによる高感度適正の劇的向上があり、実際に作例で紹介する写真はISO3200、10秒露出のものですが、他のデジタルカメラで撮影する場合よりも、かなり容易になったと実感しています。

APS-Cサイズのデジタル一眼レフもそうですが、1000万画素以上の機種であれば大きく伸ばすのに最も頻度が多いワイド4つ切、もしくはA3判でしたら画素数の違いはあまり意味がないと思います。

私はNikon D70も所有していますが、APS-Cサイズの600万画素のデジタル一眼レフでも日中の風景写真撮影は手持ちで行うと微妙なブレまでも捉えてしまい、一気に画質が悪化しますので、その時から三脚使用は不可欠でした。
現在のD3のフルサイズ1210万画素ならなおさらで、日中の風景の撮影には三脚とリモートコードが不可欠になりました。

私がNikon D3で特に恩恵を受けている機能に以下のものがあります。
1.ずば抜けた高感度特性
2.アクティブD−ライティング
3.ヴィネットコントロール(ファームウェアのバージョンアップで追加)

1についてはある意味D3の最大の特徴です。私がD3を即購入と走らせた原因ですし、これによって撮る写真のバリエーションが増えました。今までなら撮ること自体夢のような写真が撮れるようになりました。
2は雑誌などでは言われていましたが、実際に使用すると風景写真においては、その効果は絶大で、プリントを依頼する写真店の方も、従来ならつぶれてしまう部分がつぶれずにきちんと写っていることに驚かれていました。
3はNikon D700には標準搭載され、Nikon D3の場合、現在Nikonが提供しているファームウェアのバージョンアップで追加した機能で、今まではNikon Capture NXでソフトウェア処理しないとならない機能でした。
これは周辺光量の低下をレンズに応じて軽減する機能で、これは風景写真や星を入れた風景写真には欠かせない機能です。
ファームウェアをバージョンアップさせてから、星が入った風景写真をまだ撮っていませんので、撮りに行ったら実際、どのように写るか楽しみなところです。

その他にも、他社のカメラにない機能で色収差補正機能というとんでもなく素晴らしい機能があり、レンズの欠点をカメラがある程度補正してくれるという、とてもありがたい機能があります。

Nikon D3と同時に、AF-S NIKKOR 24-70 F2.8G EDを購入しました。
これまたナノ・クリスタルコートの威力は絶大で、買ってよかったと実感し、やはりAF-S NIKKOR 14-24 F2.8G EDも欲しいとつくづく感じている今日この頃です。

開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事