神戸市の港に富山の氷見の山村から持ってきた大きな針葉樹のクリスマスツリー。

樹齢150年(推定)のアスナロだかアスナロヒノキだからしいのですが、これが残酷だとか商業主義だとか言われてネット炎上してるとか。

ん〜〜〜〜? ニューヨークのロックフェラーセンターのクリスマスツリーと何か違うんか? 

グーグルマップで見てみたら伐採した場所ってモロに村の中のいわゆる里山。材木や肥料を取るための農用林で、地権者から買ったんだか無料で寄贈されたんだかわかりませんが、合法的にもらって来ているもんですよ。

これが白神山地の天然林の中の樹齢600年の木だとか、神社のご神木の超でっかいやつだとかなら、わざわざそんなもん使わんでもと思うのだが、どう見てもこれはいつか材木にして売るか自分で使うかするために現地権者の何代か前のご先祖さんが植えておいた木で、150年でちょうど売り時、使い時じゃないですか。

抜いた跡が寂しければまた何か植えておけば良いだけだし。

ホムセンにいっぱいあるラジアタパインの集成材だって樹齢100年くらいの使ってるし、レッドリストだとヤバい方から4番目のENDANGEREDだ。

アスナロはレッドリストだと全くヤバくない一番下のLEAST CONCERNな。

批判している人たちの言説を見ると、日本の里山について全く勉強していないような情緒的なものと、あとは糸井重里がPRを請け負っているんでアンチ糸井な人(山本一郎とか)と半々? 

いずれにしてもこれは、まあ確かにデザイン的にイマイチなツリーだし宣伝も情緒過多だし、俺もイトイさんに宣伝して欲しいしと、やや眉をひそめるところもありますが、公平に見て叩いている方が下品だしバカだなと思いました。


この記事に

エリート度とバカ度は正の相関にあるのかという難問。

私の人生、思い返してみるとバカ集団の中にいた時期が長かったのです。

東海中学校・高等学校オーケストラ部。
みなさん本気で名古屋フィルハーモニーをライバル視してました。←バカ

東海高校演劇部。
みなさん本気でプロの劇団より面白い作品を仕上げられると思ってやってました。←バカ

立教大学軽音楽部。
みなさん本気でプロのミュージシャンと同レベルのライブをやろうとしてました。←バカ

大学を出てしばらく参加していた幾つかのバンド。
みなさん本気でプロのミュージシャンになろうとしてました。←バカ

金沢大学大学院三井徹ゼミ。
みなさんプロの研究者と同レベルの論文を書くつもりでした。←バカ

バカばっか。
んなもん出来るわけないじゃん。

でもこの集団のどこからも本物のプロが出た。いっぱい出た。
オーケストラ部からは指揮者の角田鋼亮くん他、何人もクラシックのプロ奏者が。

演劇部はずっと手伝ってくれてた他校の仲間がプロの舞台監督。

軽音も先輩に(多分後輩からも)プロがいっぱい。

バンド仲間ではアクアマリンのコンポーザー/キーボーディストの三橋くん。

三井ゼミは20人に満たないOBOGからプロの研究者(博士号アリ、教歴アリ、著書アリ)が4人か5人。

そんな半生だったから、何か新しい仕事に挑戦するときも、最初からプロレベルのものを作ろうと思ってやってきました。成果物のレベルが低いのは最初は当然ですが、駄目出しが来ないようにともかく常に全力全開。真っ当なクレームや駄目出しには感謝で対応。

それが当たり前だと思っていたんですが、どうやら世の中違うのだ。プロじゃないからとか、初心者だからとか、言い訳付きで手抜きの成果物を出す。普通にある。

東海や立教が名門校だから? いやいやバンド仲間には中卒も2人おりました。中卒だったベーシストの仲村貴くんは今はプロのローディーやってるとか。エフェクターのセッティング詰めずにスタジオ練行ったとき彼にめっちゃ怒られたのもいい思い出。

サークル活動や同人活動は楽しさを求めてやるもので、プロと競うなんてのは不要です。一切要らないと思います。基本的に。だから変なサークルに居たことは確実。

逆に大学院や「プロを目指すことが共通理解としてあるバンド」では、プロレベルを目指さない人は目障りなだけです。

学部はどうだろう。思い返してみると加藤ゼミの最終成果物は、到達度は別としてプロレベルを目指して取り組んでくれていた学生が少なくなかったような気がする。あれは特別な集団だったのか。そういえば後にプロのクリエイターになった人も何人もおるな。

当然ながら、仕事の場では、未経験のタスクであってもプロレベルを最初から目指さない人は・・・・給料ドロボー・・・・じゃないかなあ。

この記事に

一昨日、息子がべそをかきながら帰って来ました。
ズボンの膝が破れて血が流れています。
どうしたと聞いたら、級友とケンカしたと。
ちゃんと倍返ししてやらないとダメだぞと言ったら、それはもうやってやったとか。俺は仕返しはきっちりやる男だからと。

偉い。それはとても大事なことだ←

ほんじゃ何で泣いてるんだろうと思ったら、お気に入りのペイズリーのズボンが破れたかららしい。しかも血のシミまで付いたら困るからと、大急ぎで水洗い。

オシャレさんだ。

で昨日も今日もそのケンカの相手がうちに遊びに来て盛り上がってるんだからまあ仲が良いわけね。

オヤジはどうか。

一昨日、隣の城山小の校区のPTAの父親会の大将が、小学校の父親活動は熱血じゃないとダメだというから、いや私は敢えてクールなキャラで私設学童をやってますよとコメントしたら、父親会の皆さんの中には不快に思われる方もいるかもしれないんでコメント削除させていただきましたと。

なんだそれ。アホか。城山小のPTAの父親会は熱血、俺は冷血で違うマーケティングって言ってるだけなのに削除かよ。異論を目にしただけで不快感かよ。つまらん奴らだなあと。だからPTAなんて関わりたくないんですよ。さようなら。関わり合いにならないほうが良いですねあなたと私。そんな感じ。

オヤジたちのが明らかにダメだなhahaha。

※稲城市立城山小と向陽台小、中学校は同じ校区です。

コメント消すのは別に良いんですが、不快に思う人もいるかもしれないからとかいう、どこの誰とも知れない架空の他人のせいにする腰砕けの言い訳じゃなくて、俺が気に食わないから俺が消すんだって正々堂々と言えよと思います。不快に思う奴がどこかに居たとして、それはそいつと私の間の問題でしょと。

熱血って一つの思想だから、PTAの父親会が熱血って思想で統制されて、名札にも城山小熱血会とか入れて活動してれば、そりゃあキモいと思って近寄れない父親もいるんじゃないかなと考えます。

地縁活動に特定の育児思想が当然の前提として裏地のようにくっつけられていることが異様で、原武史の『滝山コミューン1974』が現代に転生したらこんな感じかもなと。


私は特定思想がPTA活動に乗っかるのはダメだと思うし、ジェンダー別組織としての父親会(向陽台小にも「おやじも会」というのがあって、それもキモいから関わらないようにしている)というのも今時どうなのよと思うのでした。

この記事に

昨日ですね、早めに昼飯食ってから会議に出るんで都心に向かってたんです。京王線で。

昼寝党総裁だから調布くらいで気絶していたのですが、千歳烏山ではっと目が覚めると。

目の前に。

80年代が立ってました。

バブル期(1988年、私が高2だった年以降ということにここではしておきます)のボディコンシャスの服が流行る以前の。ルーズな。ダボッとした。アースカラーのロングスカートに向かって右がロングコートで同左がジャケット。いや、左はスカートではなくパンツだったか。

「めぞん一刻」の七尾こずえちゃんみたいなファッション。

そうなんです。二人連れでした。年の頃はそうね、22-24歳。女性。メイクはさすがに今風でしたが。

髪型が!

左が刈り上げ! 右はワンレンソバージュ!!

VRで仮想体験カマされたのか?
仮装大会か?
白百合女子大80年代愛好会か?

あるいは・・・・何かのドラマの撮影だったのか?

仕事が無ければフラフラついて行っちゃったかもしれんです。青春のファッションですから。

何だったんだろ、あれ。

この記事に

私は男親ですが子連れ状態で打ち合わせやら講義(する方)やら面接(する方)やら色々とやってきました。

つらつら思い出すだけで、立教大学(講義)、都庁、千代田区役所、不動産屋、カラフル神保町(面接)、リケンテクノス、CEPICと。

他にも何かあったかもしれません。

デメリットとしては子どもの交通費も必要なこと。
メリットとしては、さっさとタスクを完了させられること。

日本の会議ってそもそも生産性がおそろしく低いわけですが、子どもが一緒だと、早く終わらそうというインセンティブが全体に作用するので、ダラダラどうでも良い話をせずにイシューを順番にチェックしてロジカルに意思決定してハイ終了ではよろしくお願い致します、になる。

それから、子どもに意見を聞くことが出来るというのもメリット。

「おい、これとこれ、どう思う?」
「そっちが良い!」

とか。

子どもに意見を聞くということは、子どもにも理解出来るようにシンプルに本質だけを言語化しないといけないので、言語力が鍛えられますよ。

あと、ダラダラとどうでも良い演説を始めるおじさんがいると、

「父ちゃんもう帰ろうよ」

って言うから(笑)実際もうどうでも良いなこれはと思ったら

「じゃ、お先に失礼します!」

で抜けて来られたりする。

大人はお付き合いで相手するけど、子どもはつまらん話は耐えてくれないからね。

プレゼンの練習台に良いですよ。冗談抜きで。

小学校高学年の児童を飽きさせずにプレゼン出来たら、もうどんな相手でも大丈夫。そのプレゼンは本質だけをシンプルに取り出せているし、リズムも流れも掴みも構成もバッチリ仕上がってるって言えます。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事