ここから本文です
Kato's TRICKS
怒りに任せて店員に土下座平伏を強要して強要罪で逮捕されちゃうとか、部下の叱責が止まらず暴走するクラッシャー上司とか、この類の方々が何故、ノーブレーキピストみたいなのかふと考えました。

あくまでも仮説なんですが、こういう人たちって目的を認識して行動することが苦手なのかもしれない。

店員にしろ部下にしろですよ、何か非があったのかもしれない。それを「これは良くないよね」と指摘する。普通はそこで「申し訳ございません。以後気をつけます」と反応がある。

その時、実際にはこの両者の間で何が行われているのか。双方の目的は何か。

怒りを表している側に注目してみましょう。

怒りを表すということで、彼/彼女は何を達成しようとしているのか。つまり目的は何か。店員や部下の行動パターンに影響を及ぼし、変化させることです。店員や部下を通常ルーチンから一旦引き離して、謝罪という行為を挿入する。それによって店員や部下の以後の通常ルーチンが良い方向に変化する。

社会的関係性から見た、意味のある行動目的はこれくらいです。(反社会的勢力っぽい人の場合は「金品を巻き上げる」になりますが、これは恐喝なのでやってはいけませんね。)

店員や部下に注目すると、怒りに対応して謝罪という行為を実施することにより、相手を「怒りの表明」という特殊な行動から通常の状態に復帰させることが行為の目的です。

では、何故、しばしば強要罪逮捕コースに逸れる人が現れるのか。おそらくは、上記の目的を見失い、自身の怒りの感情の解消を相手に求めてしまっているのではないか。

ですが、感情をなんとかするのは自分の仕事なんですね。社会的存在としての人間においては。相手が謝罪した。ならば腹の虫が収まらなくても、行動変容という目的はひとまず達成として矛を収めるしかない。その先には強要罪や恐喝やパワハラの世界しかございません。

怒ることは誰もあって良いと思います。ですが、その表出は原因となっている対象の除去や好転を目的とするべきであり、怒りそのものの除去は、怒りの表出によっては達成しえない。

と思うのでした。

シンプルに言うと、怒る時は「これは良くないよね」という問題提起の形を取る方が良く、「謝れ! 俺に謝れ!」とか「それで謝ってるつもりなのか!」とか自分が口走り始めたら要注意と。

怒りそのものの除去を目的として怒りを表出してみても、相手にはどうしようもないですよ。

「謝れ!」
「謝ってるじゃないですか!」
「それで謝ってるつもりなのか!」
「お前こそしつこいよ。」

日本近現代史を思い起こせば、こういう関係不毛だってわかろうもんですが、ま、沢山ありますけどね、日常生活には。

この記事に

與那嶺恵理がアムステルゴールドレースでかーなり後ろの方の着順でゴールした件をFBに投稿して、ライバルの「ウィグルハイファイブの萩原」と書いただけで、FBのTLにWiggle(自転車パーツの通販大手)の広告がガンガン差し込まれるようになった。

なるほど。

これからはそういう媒体としてのプロアスリートのあり方もあるのかもしれないな。

所属チーム名に企業名やブランド名が入っている→消費者が検索したりSNSにそのチーム名を書いたりする→SNSやウェブマッチング広告にデータ連動

つことは?

誰かプロアスリートとスポンサー契約したら、ちゃんとFBやインスタやグーグルに広告出稿しとく必要があるし、当該アスリートの任意のアクション(マスコミ露出、試合、アスリート自身のウェブ投稿、イベント登場など)と各広告媒体からのPV流入、コンバージョン率などなどもデータ化して分析出来るってことですかね。

アンチによるウェブアクションが多ければ、広告を差し込んだってスルーされるだけでしょうし。萩原はアンチというのは些少だから、彼女が検索されたり彼女に言及した投稿を誰かが行った時、そこにマッチングで彼女のB2Cスポンサー群(wiggle, Colnago, LOOK, Campagnolo)のウェブ広告を持っていけば、クリックされたり購買検討対象になったりという効果は出てくるはず。

更に考察を進めると、プロアスリートのエージェントをウェブ広告代理店(博報堂デジタル、VOYAGE、マイクロアドなど)が引き受けて、この選手ならこの層にリーチ出来ます、クリック率はこれだけ、コンバージョン率はこれだけ、という売り込みも出来るのかもしれない。


この記事に

アルデンヌクラシック初戦アムステルゴールドレース女子。

我らが偉大なる日本チャンピオンは絶好調宣言で挑んだものの、着順は後ろから数えたほうがかなーり早い50位でタイム差3分55秒。

長期休養空けのライバル萩原麻由子は途中リタイヤ。

チームとしては逆に與那嶺恵理のFDJはエースが2分弱遅れた17位だったのに対し、萩原のウィグルハイファイブはエースが2位争いスプリントに参加しての5位と、まあまあ見せ場を作りました。

宣伝媒体の仕事としてはウィグルの勝ち。

大舞台では風邪ひいてましたとか生理でしたとか、後から色々と出て来ることが多い與那嶺さん、今回は絶好調宣言出てたので少なくともフィジカルとしては言い訳無しで見積もって良いと思います。アシストに力を使い切って50位とするとエースの着順は全く物足りないですね。次に期待。

ところでさっき気づいたんですが、

與那嶺恵理 個人スポンサー3社(Meitan, Swift, バイクショップForza)、ツイッターフォロワー1319
萩原麻由子 個人スポンサー5社(カンパニョーロ、コルナゴ、ルック、NIPPO、バイクショップナカジマ)、ツイッターフォロワー3971
宣伝媒体としてはまだ萩原のが相当上なんですね。


この記事に

関東大学サッカー連盟の例のキャッチコピー「単位より、順位」。さっそく提灯記事みたいな擁護記事が出て「狙ってやった炎上マーケティングでした」とネタバレしてるんですけども

建前ばかりのキレイなだけの言葉が並んでいても、人の心は動かせない。学連の大学生たちはリスクを承知で“攻めた”言葉を選び、見守るオトナたちはこれを尊重した。実際に『単位より、順位。』というパワーワードに一部の人々は翻弄され、議論している。批判は批判として受け止めつつ、広報として例年以上にポスターが認知されたことはひとつの成功。これまでも、これからも、大学サッカーの認知度向上へ学生たちは取り組み続ける。

炎上って良い炎上と悪い炎上があると思います。

悪い炎上の典型はユナイテッド航空の「ドラッグ&ドロップ動画」とか、古くはNikeのノーブレーキピスト「ブレーキ無し、問題無し」広告。

誰が考えても議論の余地無く法律違反とか、公序良俗に反しているものが燃えると、「こいつらバカだなあ」という結論しか残りません。
良い炎上というのは、既存の価値観や先入観を問い直す視点の設定があります。よく考えてみるとどちらが正しいと言えないんじゃないか、というところに持っていく。
で、これはどうか。
明らかに悪い炎上ですね。誰が考えても学生の本分は学業であり、しかも昨今の流れとして学業が疎かな学生は試合に出さないというような考え方が広まりつつある。
その中で、ふた昔前の価値観を引っ張り出して来て掲げてるんだから、言ってみればこのご時世に男尊女卑やサビ残を称揚しているようなもんです。
アタマワルイ。
それこそちゃんと大学でメディア社会学やスポーツ社会学や経営学を学んでいたら、こういう炎上はやらんでしょう。
ちゃんと勉強しろ。

この記事に

明日のアムステルゴールドレース女子、久しぶりに萩原と與那嶺の宿命のライバルが対決ですね。

與那嶺は今季全く活躍出来ていないようですが、一方の萩原は今季初戦で好走しアシストとしても貢献。その後体調を崩して3月後半からレースに出ていなかったのですが、アルデンヌクラシック3連戦でレース復帰と。

元々與那嶺は軽量のわりには出力が高く、それが長持ちするというところだけが強みで、チームプレーもスプリントもレース経験も皆無に近いような選手です(だから山岳コースや個人TTや乾燥路面のシクロクロスといった特定シチュエーションでしか活躍出来ていない)。石畳や荒れた路面に弱いという弱点も2015の世界選手権で露呈しましたが2016のリオ五輪でも何ら改善が見られず、2017の石畳クラシックもコテンパン。日本代表として行ったシクロクロス世界選手権なんかコースが難しすぎて本気でDNSするつもりだったそうで・・・・。

長年彼女を指導してきた人は彼女の石畳対応能力が一向に伸びない件、どう考えておられるのか。せめてチームの他の選手達と徹底的に一緒に練習してコミュニケーションしておけばアシストとして何か出来るんじゃないかとも思うのですが、どうなりますかねえ。2016の世界選手権のテレビ逃げみたいに、他の選手が行く気が無い時に逃げ潰れ前提で飛び出して存在をアピールするという手が使えれば良いですけど。

この3連戦、見どころはといえば、日本国内では互角の戦いになっている萩原と與那嶺が、アルデンヌクラシックという本気のワンデーレース3連戦でどのような対戦成績になるのか、ですね。

経験やチームプレー能力は萩原が圧倒的に上なので、パワーメーター一本勝負の與那嶺の方法論がそれにどこまで対抗出来るか。ある意味、対照実験みたいなもんです。これで與那嶺がどっかのレースで10位以内に突っ込んだら、そりゃもうやはり日本自転車史上最も偉大な選手・・・あっ、しまった萩原はジロローザでステージ優勝してたんだった! 

ともかくみんな怪我しないで頑張ってね。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事