ここから本文です
Days of tricks
 立教のホームカミングデーで軽音楽部の大先輩にお会いした帰りに、シネマサンシャインで見てまいりました。ヤマト2202・第3章「純愛編」。

 前回ラストで第11番惑星の真上に出現したガトランティスの大艦隊が、ヤマトを砲撃で11番惑星の地下に埋めたところからのスタートです。主なイベントは

・11番惑星の防衛艦隊の司令官だった土方竜を斎藤率いる空間騎兵が救出する。
・数万隻の大戦艦が直接地球を狙う陣形を構築したところで、ヤマトが波動砲を発射。ガトランティス艦隊の動力を丸ごと停止させてしまう。
・密航していた(というか、古代以外はだいたい乗っているのを知っていた)森雪がついにカミングアウト。グズる古代。
・11番惑星の難民をガミラス艦隊に移す際に、キーマンのやんごとない出自がほのめかされる。また、ガトランティスのスパイもヤマトに潜り込んでいることが明らかに。
・古代アケーリアス文明の遺跡におびき出された古代の前にズォーダーがVRで出現。ガトランティスは古代文明が作り出した戦争専用の種族であることをカミングアウト。
・ガミラスの反政府軍登場。2199や「星巡る箱舟」に出てきた門閥貴族派(ゼーリック派)ではなく、旧ガミラス帝国内の被支配諸民族の解放・独立を唱える左翼系。ゼルグード級を旗艦として使っているので、相当な勢力を持っているのかも。
・ヤマトの波動エンジンに怪しいチップを仕込むキーマンくんは何を考えているの。
・難民はどうにかこうにかガミラス艦隊(ケルカピア級×1、クリピテラ級航宙駆逐艦×2かな?)で地球へ向かう。
・エンディングのスタッフロールの後、ついにデスラー登場。ズォーダーより艦隊を与えられる。

といったとこです。公式サイトにもあらすじは出てますのでそちらもどうぞ。

テレビ用の作品を4本並べたものなので、盛り上げシーンは定期的にやって参ります。25分に1度か2度は必要ですよねそりゃ。演出はものすごく濃いのですが、元作品がそもそも日本アニメ史上、最も「濃い」味付けの作品だったのだから、これくらいはやらないとダメでしょう。ガトランティスがゼントラーディと同じ設定みたいですが、これだけ他作品からの引用が当たり前になった現代なら、それもまあアリ。グレンラガンなんてカット&ペーストで1本作ってますからねえ。そこに文句をつけるのはダブスタだと思います。

映像としてはイワシの群れみたいなガトランティス艦隊の動きが美しくて、CG技術って良いなあと思いました。

(あと、さっきヤマト2199でデウスーラIIが爆沈するシーンを確認したら、たしかにコアシップが脱出しているようにも見えた。)

さて、内容の分析です。

次への伏線として一番大きいのはキーマンです。

ガトランティススパイ美女(黒髪のお姉さんね。ガトランティス人なのかどうかはよくわかりませんが。サーベラー以外にガトランティスで女性いたっけ?)とガミラス人少女の抱擁シーンもちょっと伏線かもしれません。

いずれにもガミラスが関わっていますね。

1) キーマンは何者なの?

相当に上のクラスの貴族階級であることは確かですね。もしかするとデスラーの係累かもしれません。

2) キーマンは何がしたいの?

そこですそこ。ヤマトなんて危ない船にゴリ押しで乗り組み、ガミラス政府を動かしてヤマトのテレザート行きを後押しし、シュトラバーゼに立ち寄らせてガミラス本国から怪しいデバイス(反波動ナントカ。多分、波動エンジンの動作に干渉出来るチップ)を届けさせた。

キーマンは1章から一貫してヤマトを動かすために暗躍しています。一方で怪しいデバイスは当初は準備していなかった。論理的に考えると、ここまでの旅のどこかで必要性を感じて本国にオーダーを出したんでしょうね。どこだろう? 古代が波動砲を使うとは思っていなかったのか? それは無さそうです。彼は十中八九、古代がどこかで波動砲の封印を解くと思っていたはず。

開発がヤマトの出発に間に合わなかったという可能性もありますね。そっちなのかな?

整理します。キーマンの行動の方向性は

「テレザートに行く」
「ヤマトに乗る」

この二つがコアになっています。このうちテレザートに行きたいだけなら、彼の権力をもってすればガミラス本星からガミラス艦隊で遠征出来るはずです。ヤマトの中に入りたいだけなら、駐在武官として地球のドックに置いてあるヤマトを見学出来るはずです。とすると・・・?

A) 「ヤマトでテレザートに行きたい」

→テレサから召喚命令が届いたヤマトクルーと一緒でないとアクセス出来ない部分に用がある。

B) 「動いているヤマトが欲しい」

→だが同盟国の戦艦を強奪する必然性が無い。同等の性能(波動砲を装備した)の戦艦ならガミラスでも建造出来るはず。デウスーラII世の建造実績もあるわけで。

やはりAなんじゃないかと思います。その先は、テレザートとテレサの設定がまだわからないので、何とも言えない。波動エンジンに仕込んだアレの使いみちですが、

「波動エンジンのキルスイッチを持っておくことで、ヤマトと1回限りの取引をする、または、ヤマトが不用意に波動砲を撃ちそうになったら阻止する」

くらいでしょうか? キーマン一人でヤマトを制圧するわけにはいきませんからねえ。なんだろう。超巨大戦艦にヤマトが体当たりしようとしたところでキルスイッチ発動でしょうかねえ。

3) ガミラスはどうなるの?

デスラーが生きていたことで、旧ガミラス世界はかなりの混乱が発生しそうです。ガミラス諸派を整理すると

イ:ガミラス政府(ヒスやディッツが指導する。地球と同盟中。デスラー時代に広がり過ぎた版図を整理中)

ロ:左翼系反政府軍(植民地の独立解放運動を展開)

ハ:門閥貴族派(ゼーリック系の思想の人たち。反デスラー派)

ニ:デスラー

キーマンがイなのかハなのか気になるところです。現政権内でも相当な影響力があるようですが、それが門閥貴族のタテのラインによるものなのか、政府の命を受けているのか。政府だってキーマンの出自は知った上で地球駐在武官にしたはずなので、キーマンの動きはヒスやディッツも知った上で容認していると見るべきか。仮にキーマンがデスラーの係累だったとして、デスラーは政治思想的にはガミラス人と植民地人の差別を撤廃したい派でしたが、キーマンはどっちなのか。

物語作法から考えると、ここでキーマンをゴリゴリのゼーリック主義者で造形してヤマトに乗せる意味は乏しいので、デスラーの思想を一部受け継ぎつつ、門閥貴族のタテラインも利用しつつ、ガミラス復興のためにテレザートの秘密を追う若者、という線が来るのかな。メルダ・ディッツの恋人だったとかいう話も仕込んであるのかも。で、ガトランティスとの決着を付けたところでガミラス本星に帰還して政治指導者として立つと。

そうなると、元作品ではガミラスの指導者は再びデスラー(ガルマン・ガミラス)でしたが、リメイクではデスラーは首都を自ら破壊しようとした人なので、もうガミラス人の支持はもらえないでしょうから、行き場が無くなる。

私の予想として

「ヤマトはラストで超巨大戦艦に体当たりしない」
「キーマンはガミラスに帰って指導者になる」
「旧作の古代の代わりに、デスラーがズォーダーと刺し違えてガトランティスを無害化する(ガトランティス壊滅ではなく、ズォーダーの死によるガトランティス解体)」

と読んでおきます。

4) ガトランティスはどうなるの?

ズォーダーやゴーランドやハルゼーのような最高幹部は戦争用に作り出された種族であるにしても、ガトランティス全体で見ると、「星巡る方舟」に出てきたダガームらのように、支配下の異民族も色々と居るようです。デスラーだってガミラス人ですからな。桂木透子ももしかしたら種族としてのガトランティス人ではないかもしれません。

そうなると、今作でのガミラス人少女との交流は、ガトランティス帝国内での被支配民族の離反という展開への伏線かもしれないですね。被支配民族はガトランティス的な価値観やズォーダー思想に必ずしも共鳴はしていないでしょうし(ゴラームなんか絶対そうだ)。

旧作では首都である白色彗星がヤマトとの戦いで最後に消滅して終わりでしたが、首都が消え、ズォーダーが死んだとしても、広大な版図とそこに住む人々は無傷なので、そこを収拾するためにも、何かのストーリーラインは作られるんじゃないでしょうか。

この記事に

『落日の剣』

サトクリフを読むキャンペーン

『落日の剣』(Sword at Sunset, 1963)

1959年に発表された『ともしびをかかげて』と連続したお話です。5世紀中頃。

前作ではケルト系のブリトン人の王として立ったアンブロシウスが侵入してくるサクソン人との決戦で何とかこれを撃退したところで終わっていましたが、本作の主人公は、その戦いで決定的な役割を果たした将軍アルトスです。

前回の決戦の後、アルトスは嫡子の居なかったアンブロシウスからブリテン伯爵の称号をもらい、いつか来るはずの次の決戦に備えてブリテン軍の中核となる重装騎兵の強化に奔走します。

彼の名前を英語風にすればArthur。すなわちこれはアーサー王の物語です。とはいえアーサー王伝説はあり得ない展開の連続なので、さすがにそちらは取り込まず、ブリテン人の王としてサクソン人とバドンで戦い、最後は反乱を起こした実姉との間の子メドラウト(モードレッド)を一騎打ちで倒して自分も死ぬというところを取り入れて、もしもアーサー王というものが本当に居たなら、こういう辛い人生だったろうなあという物語にしています。

前作の主人公アクイラ(ローマ正規軍の将校からサクソン人の奴隷を経てアンブロシウスの将軍となった)、その息子フラビアンもアルトスの騎士団の幹部として登場しますが、アクイラはバドンの戦いで戦死。フラビアンはメドラウトとの決戦で戦死。主要キャラが終盤でどんどん死んでいく、田中芳樹展開ですね。ただ、あのイルカの指輪はアクイラからフラビアン、更にその長男へと継承されています。この指輪はこの2年前に書かれた『夜明けの風』で主人公オウェイン(アクイラ一族の末裔)とその恋人を繋ぐアイテムとしても登場していますから、ちゃんと書いておかないと、ということですね。

バドンの戦いの勝利の日、アルトスは将兵たちに推戴されてブリテン王となるのですが、このシーンの舞台として使われているのが「アフィントンの白馬」と呼ばれる、古代ケルト人の残した地上絵です。サトクリフは後に、この地上絵が描かれた経緯を(フィクションですが)『ケルトの白馬』(Sun Horse, Moon Horse, 1977)という中編で描いています。

サトクリフの戦闘描写は、この手の歴史作家の中では群を抜いてリアルなのは以前から指摘しているところですが、本作ではイギリス陸軍の少佐が戦闘場面の監修をしており、そちらの趣味がある人にも実はお勧めです。

この記事に

最近集中的に読んでいるローズマリー・サトクリフ。

『ともしびをかかげて』(The Lantern Bearers, 1959)を読了しました。

このシリーズは日本では岩波少年文庫に入っているんですが、読んでいる限りでは今ならヤングアダルトですね、分類。

サトクリフは20世紀イギリスを代表する歴史小説家です。日本で言えば司馬遼太郎みたいな人。スペインで言えばアルトゥール・ペレス=レベルテ。

彼女の作品群でも最も有名なのが、ブリテン島駐留の古代ローマ軍人アクイラを祖とするアクイラ一族を主人公とするものです。

時系列順に並べると

The Eagle of the Ninth 『第九軍団のワシ』
The Silver Branch 『銀の枝』
Frontier Wolf 『辺境の狼』
The Lantern Bearers『ともしびをかかげて』
Sword at Sunset『落日の剣』
Dawn Wind『夜明けの風』
Sword Song『剣の歌』(遺稿集)
The Shield Ring 『シールド・リング』

私はこれまでに『落日の剣』、『夜明けの風』は読んで、本書が三つ目。
彼女の本を読んで毎回思うのですが、戦争の描写がやたらとリアルなんです。とにかくそこが一番気になる。

今作でも、歩兵、重装騎兵、軽騎兵、長弓兵といった兵種の違いが書かれていて、陣形も長槍を装備した歩兵を中心に、両翼に騎兵、歩兵の後ろに長弓兵というように兵科複合が正しく描写され、ブリトン人の武将である主人公はひたすら訓練訓練訓練の日々。その訓練も個々人の剣技とかではなく、騎兵なら騎兵としていかに集団戦闘をするかの訓練です。

いざ戦争が始まれば進撃路・補給路となる街道や渡河点の確保、同盟軍との折衝。会戦の前には陣形の準備(通常、大部隊が戦場に到着してから戦闘可能な陣形を組み終わるまで丸一日かかります)。会戦が終われば残敵の掃討、負傷者の収容と治療。

主人公アクイラは最後のブリタンニア駐留ローマ軍団で正規の将校として教育を受けたエリートの勇将ではありますが、彼の武勇が戦闘の帰趨を決するような場面は一度もありません。何年もかけて部隊を訓練し、戦場では部下の士気を高め、時には少数の守備隊で渡河点を防衛し、決戦の前には他の武将との会議。決戦の後にも会議。そして実務部隊のトップとして現場を駆け回って指示を与え。あまりにも忙しくて妻子には滅多に会えず、家庭は崩壊寸前(T_T)。

これのどこが児童文学やねん。サラリーマン残酷物語だべ。

実は彼の遠い子孫(180年くらい後)のオウェインも『夜明けの風』では、零細企業の事業承継を託された専務みたいな立場で苦労するんですよ。もう呪いですねアクイラ一族にかけられた。

サトクリフは世代としてモロに第2次大戦を経験している人なので、陸軍のリアルというのを周囲から聞いて知っていたのかもしれないですね。余談ですがペレス=レベルテの「アラトリステ」シリーズも戦闘の描写がリアルでおすすめです。

この記事に

先日もスイッチオーナーズクラブ以外の子供たちがうちに遊びに来たのですが、椅子のモックアップを作る私に興味津々。

これ作って届けて貰える金額を聞いてさらにびっくり! 自由研究の工作とあの段階では見た目大して変わりませんからね。なんでそんなお金になるの!

「これな、そこにある実物の椅子と基本構造同じなんだよ。」
「なんに使うの?」
「これをメーカーに持っていって、製品をアピールするわけ。いきなり模型持ち込めば印象にも残るだろ? それで受注出来れば何千万とか何億の商売だもん。こんな試作品の費用なんかケチつてる場合じゃないよ。」
「なるほど、誰かが必要なものを作れば高く売れるんだね!」
「そう。こういうお金の使い方を投資と言う。お金を増やすためにお金を使うんだ。」

私設学童ではこんな勉強までたまに出来たりする。

なお、このモックアップは無事にプレゼンでお役目を果たしたそうです。昨日わざわざ、あれ役に立ちましたよとメール頂きました。

この記事に

ローズマリー・サトクリフを読むキャンペーン

『ヴァイキングの誓い』(2002年ほるぷ出版)

原題は"Blood Feud"(血の恨み)です。1976年刊行。

時代は9世紀後半で、サトクリフの本では珍しく、舞台はブリテン島からどんどん離れて行く仕立てです。

主人公ジュスティンはサクソン人とブリトン人の間に生まれた少年。早くに両親を亡くし、東へ東へと旅を続けます。海辺の村で牛飼いの見習いをしている時にヴァイキングに襲われて奴隷として連れ去られ、ダブリンの奴隷市場で売られ、更に偶然が重なってヴァイキングの一員となり、ユトランド半島からキエフ大公国、更に東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルへとたどり着き、そこで家庭を持つ。

若い少年が異民族の奴隷となるプロットは先行する時代を扱った『ともしびをかかげて』『夜明けの風』 と共通ですし、異民族同士がどうにかこうにか戦いと戦いの合間の休戦期間を繰り返して融和していくという大きな筋立ても同じ。

ただ、本作では彼女のもう一つのテーマである、ノルマンコンケスト以前のブリテン島の歴史、ではなく、ヴァイキングとはいかなる人々だったかというところに焦点が当てられています。

歴史学や考古学ではもはや、北欧から金髪碧眼の戦士たちがガレー船で殴り込んで来て略奪を繰り返す、みたいなヴァイキング像は終わっており、ヴァイキングとは行く先々で現地住民の一部をメンバーに加えながら、時には戦闘を、時には交易をして、水上交通によって地中海世界を含むヨーロッパ各地へと入植して行った人々とされています。

もはや単一民族でさえない。どちらかというとビジネスモデルですね。商社とか船社とかの。そのビジネスモデルで運営される組織が数多く存在していて、そのどこかにメンバーシップとして加われば、彼・彼女はもうヴァイキング。

主人公ジュスティンもヴァイキングの一員として東ローマ帝国の傭兵となり、最後は東ローマの市民と結婚して東ローマに根を下ろす。次の代では市民になるわけですね彼の子供たちは。

そうしたヴァイキングのありようを、いつものプロットの転用で見事に描ききる。大したものです。サトクリフ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事