ここから本文です
Kosei Kato Ph.D. / Bag Designer
東京ステーションギャラリーで「シャガール 三次元の世界」を見てきました。

シャガールはロシア出身の20世紀の画家で、世代としてはレオナール・フジタ、ピカソ、ブラック、デュシャン、キリコ、マン・レイらとほぼ同じ。

えっ? マン・レイとそんな近かったんだ! ということを私も今気づきました。

シャガールが1887年生まれ。フジタが1886年、ピカソが1881年ってピカソのが年上じゃん! デュシャン1887年、キリコ1888年。ブラック1882年、マン・レイ1890年。

マン・レイと3歳しか違わないのか。そして現代アートの創始者デュシャンと同い年。

へええええ。

なんでそういうことに気づきにくいかというと、シャガールという人は我道を行くタイプの作家でして、特定の時期に流行ったナントカ主義を代表する作家というポジションじゃないからなんです。フジタといえばエコール・ド・パリ、ピカソとブラックはキュビスム、デュシャンは「泉」、キリコとマン・レイはシュールレアリスム。マン・レイは写真史の方ではストレートフォトの源流であるウジェーヌ・アジェが注目されるきっかけも作ってますね。

シャガールはというと、今日の展覧会でも初期作品にはキュビスムの影響が強い作品がありましたが、その後はあのシャガールの世界を打ち立てていく。誰も付いていけない。空飛ぶ牛と鶏とロバと恋人たち。イエスとダビデと旧約聖書とロシアの町。言葉通りの意味でぶっ飛んでる。何でも夜空をぶっ飛んでる。

だが、それが良い。

私は1993年に目黒区美術館で版画展を、2002年に東京都美術館でポンピドゥー・センターのコレクションを中心とした展覧会を見ましたが、今回のこれはシャガールの彫刻や陶芸作品が多数集められていて、それが予想以上に素晴らしかった。シャガールのあのキャラが立体化されているんですが、立体化しても破綻しないんですよ。面白いことに。

ルノアールにしろピカソにしろ北斎にしろ、2次元だからこそ成立する形でございましょう? シャガールはなんとなんと、3次元に起こした方が良いくらいに破綻が無い。アニメキャラがフィギュアになってなるほどなってなるのと同じくらいに、3次元化が上手く行っている。

そしてもう一つ。展覧会のカタログの論文には、シャガールの彫刻とロマネスク彫刻の類似性の指摘があったんですが、私はむしろシャガールのネタ元の一つであったキュビスムが3次元化されたという印象を持ちました。

それが具体的にどういう効果を産んでいるかというと、彫刻を正面から見て、そっから右回りや左回りで彫刻のサイドやバックを見ていく時に、掘り出されたキャラの別のサイドが、そのキャラの別の時間になっているのです。

わかりにくいよね。

例えば。

正面から見ました。恋人たちが抱き合ってます。

右に回り込みました。カノジョの横顔と、その後ろから見上げるロバだか羊だかの構図に切り替わる。その時、カノジョの表情も微妙に変わっている。つまり正面とは違う瞬間になっている。

さらに回り込む。また微妙に違う瞬間が掘り出されている。

うわーこれ面白い。4次元彫刻だ。

ロマネスク彫刻にしろミケランジェロみたいなルネサンス彫刻にしろロダンの近代彫刻にしろ現代の萌えキャラフィギュアにしろ、ある作品はある対象のある瞬間を固定して3次元化していますやね。

シャガールは違う。見る位置によって違う瞬間が、一つの彫刻作品の中に打ち込まれている。まさにキュビスムですよ。

やるなあ。一個欲しいです。

彫刻だけでなく絵画も非常に良い作品が多数集められていたんで、これはホントお勧めの展覧会ですよ。


この記事に

ライターにも色々なタイプが居るのですが、インターネットの読み捨て記事をメインでやっておられる方の哀しみのようなものを昨日感じました。

「みわよしこ」さんという53歳の専業ライターさんが、津田大介さんが早稲田でジャーナリズムを教える特任教授になった件で、新しい研究分野では博士が居ないのでこういう人事もあると書いておられたので、ジャーナリズムなら東大の情報学環が新聞研時代から社情研を経てもう68年も続いていますよ、外国にもジャーナリズム専攻の研究者は山ほどいますよということを教えて差し上げたら、曲解だとか、私が津田さんに嫉妬しているとか怒り出すわけです。

彼女によると、新しくて博士が居ない分野とはマンガ研究のことだと。それはわかりにくい書き方ですよ、津田大介はマンガ研究じゃないんだからと指摘しましたら、更に激高。

しまいには、私が障害社会学を研究していたことを挙げて、障害社会学の研究者にはロクな奴が居ない、大概は敵だとか毒づくのですね。

イメージ 1


この人は何でこんなにイライラしているんだろうと不思議だったのですが、ある瞬間、一つの仮説を得ました。

ネットの瞬間風速PV記事で日銭を稼ぐようなライターさんの場合、おそらくですが、思考のスタイルがまずこいつは敵か味方か、善か悪かを決定してから、先に進むという形式にチューニングされているのではなかろうか。

物事の複雑性や白黒つけ難い部分を全て切り捨てて、何かをわかりやすく悪者として書く方がお金になりやすいのは確かなことです。毎日毎日それでやっていれば、何か新しい対象に接した時、まず最初に、この対象の敵味方、善悪を直感的に決定して、そこから関係性を構築していく。

そんな手癖ならぬ脳癖があるのかもしれないなと。

ウェブ炎上ライター以外は真似すべきではない思考ですけどね。

(「みわよしこ」さんのアカデミックなバックグラウンドは、筑波の自然科学系の博士課程を少し前に満期退学です。蛇足ながら自然科学系で満退でそのまま学位無しということは博士論文を書く能力が無かったということです)

この記事に

この論争、そろそろ局地戦は個々に完了していて、最後に残っているのはこちらの大きな論点のみかと思います。すなわち、問題の動画において水原希子さんは「日本人ではないから許して」と言ったのか、言っていないのか。

先に結論を書いておくと、水原希子さんはそのように言った、とも言える。そのように私は考えます。

では、何故そう考えるのかを出来るだけ簡潔に示してみます。ここで使うのは美学・社会学・文学という、大まかに言えば人文系に分類される研究領域において、方法論として好き嫌いや得手不得手はあれ、アリかナシかと言われればアリなんじゃないの、程度には一般的な理論群です。

まず一次資料(水原さんがアップした動画)において、水原さんが「自分は日本人ではない」と言っていないこと、「だから許してくれ」とも言っていないことは確実です。西村博之氏らはこの立場に立っています。

しかしながら、20世紀後半、1960年代にガダマーという哲学者が解釈学という研究領域において、それまで支配的だった「作品の作者の意図は正しく理解しうる」という考え方を深め過ぎた結果、「作品の意味はその都度、生み出される」という理論に到達してしまいます。また社会学系の研究でも、オーディエンスが作者の意図とは別の意味付けを行って作品を流用・消費していることが明らかになってきまして、1970年代くらいから後の作品研究やポピュラー文化研究では、

「作者の意図はどうあれ、ディストリビューターやオーディエンスが別の解釈を行ったのであれば、それはそれで一つの作品解釈であり、否定することは出来ない。」


そういう考え方が支配的になります。21世紀の現在においては、もはや常識というレベルでしょうね。

ということは。はい。水原さんは「日本人じゃないから許して」とあの動画で言っていると思う人にとっては、それはその人なりの解釈であり、それを無効化することは誰にも出来ません。水原さん自身でも出来ません

もちろん、研究の方法論として、作者の意図に可能な限り迫ろうとするやり方は今でもアリアリですよ。でも、作者の意図とは別に、ある作品が社会においてどのような意味付けをされて流通し、消費されているのかを問う研究も山ほどあります。後者の方法論を採用するならば、水原さんはあの動画で「日本人でないから許して」と言った、とも言える。

ただし、それが水原さんの真意であったとまでは言えません。絶対に。

まとめます。

1) 水原さんは動画において「自分は日本人ではない」とも「だから許して」とも言っていない。
2) しかし、水原さんがそう主張したと解釈する人々が存在することは否定出来ない。
3) そのような解釈が存在し、その解釈が実際に社会において一定の影響力を発揮していることも明らかである。
4) とはいえ、水原さんの真意までもがそうであったとの主張は、不可能である。


では、こうした考え方からどのように建設的な論を導き出せるかということになるのですが、まず我々は、水原さんの真意はどうあれ、一部の人々が「水原さんは日本人ではないから許してと言った」と受け取ったということを認める必要がある。同調する必要はありませんが。

一方で、そのように受け取った人も、そうした自分の解釈を唯一無二のものとして、全てのオーディエンスがそのように受け取ったはずだ、あるいは、受け取るべきだ、と主張することは諦めるべきです。

言った言わないの水掛け論のループエンドなので。

そのように聞きたかった人にはそう聞こえる。特に水原希子という存在やその名前が象徴する何かに特別な思いがある方は、少なからずその影響を受けた解釈を行うでしょう(解釈は歴史性の影響を受ける、と解釈学では言います)。

谷本真由美さんの解釈における水原希子さんはファッション左翼でDQNで非コスモポリタンである。それは一貫した筋が通っていますから、一定の説得力はあります。そう考える人にはそう考える自由があるので、尊重するしかないです。

ただし実際のオードリー・希子・ダニエルさんがファッション左翼でDQNで非コスモポリタンである、という命題が真であるかどうかは、それとは全く別問題。

水原さんご自身については、今も色々と経験して学ばれておられるはずなので、この論争も成長の糧にしていただいたら、様々な立場で論争に参加した方々の時間も報われるというものでしょう。(個人的には彼女には是非、日本国籍をお取り頂いて、日本国家の発展と繁栄に参画していただきたいと思っております。優秀な若者、稼げる若者が日本には足りません。)

それ以外の方についても、例えば横浜トリエンナーレで実際にアイ・ウェイウェイ作品を見てみるとか、サントリープレミアムモルツを飲んでみるとか、色々と発展的な楽しみ方があるのではないでしょうか。

付記:水原さんが動画で自身の出生地、両親の国籍を明示したことは確かで、そこからは対偶として「自分は日本人ではない」という命題を導くことも可能と言えば可能です。厳密には彼女が2016年の時点で帰化を完了していて、単にそれを口にしなかった可能性も残るのですが。ともかく、彼女が「日本人ではない」と言ったと解釈する人は、この対偶を重視しているのだと思います。

しかしながら、その解釈を採用する場合、「では何故、水原さんが対偶という遠回しなやり方を採用したのか」も検討する必要があるでしょう。水原さんが「自分は日本人ではないので許して欲しい」と中国の方々に伝えたくて動画を作ったのなら、対偶のように解釈が二分するような言い方をする必要があるのでしょうか。ストレートにそう言えば良いのではないか、ということになり、更にそこを説明する補足の理論を立論して説明する必要が発生します。

一般に、何かを説明する際には少ない理屈で最後まで行ける方が優れた説明とされています(オッカムの剃刀)が・・・。




ところで弊社のファザーズバッグ、あまり売れていないんですがお買上げいただいた方からは大変なご好評を頂いております。ビジネスバッグに使われる方も多数いらっしゃいます。よろしければ是非、こちらからお買上げ下さい。

これは教え子がオックスフォード大に遊びに行った時に撮ってきた画像。彼は今は東大の修士課程です。

イメージ 1


この記事に

水原希子さん論争でニワカが注目した、もとい、にわかに注目されたアイ・ウェイウェイですが、例の中指写真って別に天安門オンリーじゃなくて、殆どライフワーク的に制作が続いている連作なんですね。

MOMAにもオリジナルプリントが何点かコレクションされています。ホワイトハウスが背景になったやつもあるよ。ベルン美術館、エッフェル塔、ホワイトハウス、聖マルコ寺院、モナ・リザなどなど。

あ、詳しくない方のために。MoMAことMuseum of Modern Artは写真を芸術のいちジャンルとして確立するのに最も大きな役割を果たした美術館です。MoMA以前にもV&Aなどが写真のコレクションを形成していましたが、それらはあくまでも工芸品扱い。MoMAこそがストレートフォトをコアにして写真をアートにしていった立役者です(このブログ掘ったら写真史の講義でその話をした記事もどっかにあるはず)。それくらいMoMAのコレクションに入るというのは大きなステータスってことを押さえておきましょう。

もちろん水原希子さんが良いねした天安門の作品もコレクションに入ってますよ? 


イメージ 1

MOMAのコレクション以外でもシドニーのオペラハウスとか、バルセロナの聖家族教会とか、マイアミの海とか、もうありとあらゆるものを背景にして、中指の先端を消失点に置いた一点透視図法の作品を制作している。

という文脈を加味して考えると、更に水原希子さん事件は面白いですね。
パッと思いつく論点だけ並べても

1) アイ・ウェイウェイの制作における先行作品との比較(特にベッヒャー夫妻と杉本博司)
2) SNSの無断転載およびLIKEと芸術作品の意味
3) 西洋美術史における遠近法の意味との関連
4) 意味的飽和効果の視点から考える芸術性と政治性
5) 多種多様な文化的アイコンの歴史性と芸術作品における表象の変遷

たとえば3について考えると、中国絵画の斜め俯瞰遠近法と西洋絵画の一点透視図法の比較、それぞれが美術史上で果たした意味、アイ・ウェイウェイの作品上でそれらが展開された際に生まれる各種の意味のレイヤーなどなど、話が膨らみます。

また4についても、これだけ同じ構図が並ぶと、人間の脳機能としてその意味が見えなくなっていく。とするとこれは本当に侮辱的と言えるのかどうかという検討が必要になる。

5で言えば、アイ・ウェイウェイの立ち位置を考えると、むしろアイ・ウェイウェイに撮りに来てもらうことがステータスという話になる可能性も無いではない。観光地をめぐるインスタグラムマーケティングの問題もここに補助線として持ち込むことが出来るでしょう。

イメージ 2


これは90分かける3コマの単元で扱うやつだな。270分も議論したら、水原希子さんがインスタで1時間ほど良いねしていた天安門の写真の意味も、谷本真由美さんや藤本貴之さんや石井孝明さんが考えるより遥かに深く幅広く検討出来て、新しいものが見えてくるはず。

もう私は(大学の教室では)やる予定ないけど。

※やる気のある若者に頼まれたら久しぶりに私塾を開かんでもないです。

この記事に

まさかの西村博之氏参戦で驚いた本件ですが、May_Roma氏の水原氏批判に気になる部分があったので、書き留めておきます。

May_Roma氏は以下のように書いておられるのですが

イメージ 1

気になる点は2点。

一つはアイ・ウェイウェイを20代半ばの社会人の一般常識としているところです。たしかにアイ・ウェイウェイは現代アート作家として紛う方なきトップ中のトップ、その存在感や影響力は我らが誇る同胞の草間彌生さん、オノ・ヨーコさん、村上隆さん、杉本博司さんらと比べても圧倒的に上なのですが、少なくとも日本人ビジネスパーソンでアイ・ウェイウェイと聞いてスラスラすらっとその経歴や立ち位置を言える人は、さほど多くはないのではないか。統計調査の数字は持っておりませんけども。

もう一つ。

この部分ね。

友人であれば反体制芸術家がどんな危険にさらされているか、理解しているはずでしょうし、真剣なら彼を支えなければなりません。

はて、BBCの記事にスクショもありますが、水原氏が良いねしたのは彼女の友人であるjunsukeyamasaki氏のアカウントがアップしたアイ・ウェイウェイの作品であって、水原氏とアイ・ウェイウェイが直接の友人であるとか、水原氏がアイ・ウェイウェイのアカウントの画像に良いねしたとかではないようなのです。

BBCのスクショのキャプションには

Ms Mizuhara liked a friend's post on picture-sharing site Instagram from 2013, which appeared to be a picture by controversial artist Ai Weiwei's starring China's Tiananmen square.

とあります。水原氏の動画では以下のようにこの経緯が語られています。

When I was introducing my friend to Instagram and I was encouraging him to post pictures.
As a result, I was supporting his post by giving him LIKEs. *****(Can’t hear clearly), we found out that he had posted an extremely inappropriate picture.
I have deleted my LIKE within an hour and my friends also deleted the picture after realizing that he was wrong.

はい。水原氏は「友人であるアイ・ウェイウェイ」のアカウントの画像に良いねはしていませんね。May_Roma氏はきちんと一次資料を確認されたのでしょうか?

(9/22 追記:よく考えたら水原希子さんが"Study of Perspective"連作の1枚にイイネしたのは2013年だから、80%の確率で水原さんは22歳、20%の確率で23歳。谷本さんが法政大の学部にまだ在学していた頃と同じ年齢じゃないですか。きちんと一次資料を(略)


水原氏が「「私は日本人じゃないから許して」と釈明」していないという点は既に西村博之氏らの指摘があるので割愛いたします。May_Roma氏はきちんと一次資料を確(以下省略

最後にビジネスパーソンとしての水原氏についての所感ですが、経歴を拝見する限りでは大学を出ておられないにもかかわらず、自らが置かれた難しい状況(アイ・ウェイウェイ作品を明確に支持すれば自らが出演した作品の中国市場でのビジネスに支障を来し、かといってアイ・ウェイウェイ作品を明確に否定すれば西側市場での好感度が下がるでしょう)から逃げることなく、わざわざ動画をアップして中国での炎上を速やかに沈静化させた手腕は、35歳や45歳でも賞賛に値すると思います。

まして彼女は25歳です。

BBCによると、

The majority of the comments have been positive, some saying their "heart ached" watching it.
"Are we in the Cultural Revolution now?" asked one user on Weibo.

"I want to let you know we believe in you. In my heart you are always a lovely and brave girl who shows great goodwill to our country China. We love you and apologise to you," said another comment.

Someone posting on Mizuhara's own Instagram account said: "I am a Chinese, but I think you [haven't done anything] wrong, believe me, no good person would blame you."

という、概ねポジティブな反応を引き出すことに成功したそうで、その後彼女はVOGUEの中国版でも仕事をしていますから、まあ大したもんです。

友人の文化人類学者は、アイ・ウェイウェイについては突っ張るべきだっただろう、それでこそ平和主義という筋が完璧に通るじゃないかと水原氏を批判していましたが、たしかにそれも一理ある。水原氏の取った行動が唯一の正解ではないでしょう。ですが、少なくとも彼女は選び、行動し、一定の結果を出した。

100点ではないにせよ、失敗を恐れて行動しないより全然良いです。

また谷本真由美氏はまともに一次資料も確認せずに水原氏を侮辱する下品なブログをアップして最後に自著へのアフィリエイトリンクを入れているわけですが、そちらの方が社会人の一般常識に照らして遥かに顰蹙ものだと私は思います。42歳にもなって。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事