北総文学

文学サークル同人誌です

全体表示

[ リスト ]

明成会20周年を迎えて
                   

塚本倫正 

 
生涯学習サークル明成会は、平成30年4月21日、成田市のホテルで創立20周年式典を開催した。出席者は来賓の小泉成田市長と伊藤市議会議長と会員30人。
私は創立以来役員を務めていた関係で感謝状受賞の栄に浴した。
この明成会は、小川国彦市長が提唱して発足した「明治大学成田社会人大学」の講義を受けた人たちで作った学習サークルである。
私は世話人の一人の鳩貝清太郎氏から明大の教授を顧問に迎えて地域貢献の一つとして会を立ち上げるので、ぜひ協力して欲しいと言われ役員を引き受け、今日に至っている。
この会が20年も続いているのは、顧問に千葉市在住の林雅彦教授を迎えたことだと思っている。人柄が良く、毎年の総会後の講義が充実している。
私たち会員は会設立以来、明治大学を会場にして毎年開催される林教授の主宰する研究大会に招かれ、全国の仲間と交流を図っている。
林教授のライフワークは「絵解き」。明治大学で開催の絵解き大会に参加したとき、一枚の掛軸を見ながら90分近くお話しされる人の話に魅了された。
平成26年に善光寺で開かれた第3回絵解きフェスティバル全国大会に参加した。中でも印象に残っているのは、JR長野駅近くの「かるかや西光寺」の住職夫人の「石堂丸」の絵解きである。出家した父を尋ねる石堂丸の哀話に一同涙した思い出がある。
明成会は年数回行事を行っている。10年前、私が提言した行事の一つに「定年後の生き方」のシンポジュームがある。当時パネラーを務めた一人の斎藤愛子さんが、先日95歳を迎え「自分史」を発行したと本を贈ってくれた。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事