かづゑらの言葉づら

日々の思いを、時々つらつらと書いてます。

久々ワーク!

最近FBにばかり書き込んでいて、恐る恐る1年ぶりにブログを開いてみた。
まさに、冷蔵庫の中にずっとある容器に、得体の知れないものが入っているのを確認できない主婦状態・・・。自分で入れておいて、見るのが怖い。自分で開設しておいて、開けない・・・、情けない・・・。
 
久しぶりにワークショップをするので、やる気になっています。
思えば、ダンスを始めて出合ったヒトとは、何年ぶりでも全く違和感が無い。美術で出会った人もそうだ。
心の根っこみたいなところでわかりあえてる、って信じてるからかなあ。
今回ワークをしていただくウイリアムさんは、東京外国語大学のジャズ研で即興ライブをご一緒させていただいた。
不思議なイベントだったが、東京外語大のみなさんは優しくて、トイレで白塗りしている私の後ろ首を快く塗ってくれたりもした。いいライブだったような気もするが、ほとんど真っ暗な中な中でしたので怖かったかもな。
 
福岡近隣の方にはぜひきていただきたい!
 
 
 イメージ 1 
徳久ウィリアム ボイスワークショップ&ミニライヴ

声ってさわれない身体のようなもの
ふとした声が様々なあなたのココロを表してしまいます

それだったら色んな声の出し方を試してみて
自分と自分の身体に少しだけ向き合ってみませんか?

けっしてさわれない声で自分と周りに触れてみる、そんなワークショップです
東京を拠点とする徳久ウィリアムによるワーク+ミニライヴ有りのお得な一夜!

2013年6月7日(金)
19:00-21:00 
¥2500
(ドリンク付)  
先着15名限定(前日までの予約申込み受付)
お問い合わせ 090-6638-0532
 kazuera@jcom.home.ne.jp(宮原)

リノベーションミュージアム冷泉荘
福岡市博多区上川端町9ー35
TEL 092-985-4562
reizensou.com

 
■ 徳久ウィリアム
ブラジル出身。東京在住。声を使った音楽的表現で、ヒトのココロと身体と、自
然の原理・原則の体現を志向するボイスパフォーマー。モンゴルの 「ホー
ミー」「ホーメイ」などの民族音楽的発声から、デスボイス、独自のノイズボイ
スまで、特殊発声を得意とする。声を通して、ヒトのココロと身 体の原理/原則
を体感し、未知の可能性を追求するレクチャー・ワークショップにも力を入れて
いる。メルマガ
http://william.boo.jp/mm3.html FB、twitterにもいます。
 
 
 

開く トラックバック(4)

舞台の毒

梅雨の季節 雨はどちらかというと好きな方だけど 古傷が痛む・・・
先日 バドミントンをして 臀部を ぎりっとやってしまった こうして座っているのが一番痛い
無理は出来ないが もう少し上手くなりたいなあ
 
最近 たくさんの舞台を見た
プロジェクト大山 冨士山アネット 水族館劇場 野田秀樹の「THEE BEE」
舞台でしか味わえない一体感とか 空気感みたいなもの
それを得たくて お金を払って 行く 
 
身体から発せられるエネルギーはどれもすごくて 見終わったらぐったりと疲れた
特に「TEE BEE」は内容がとんでもなく救われなくて 救われなさに どうしようもない 
人間の性の連鎖のようなものも感じた
 
このお話を 本で読んだら どこかしらに共感をもてると思う
しかし 見せつけられる身体には 共感をもてず 小道具の絶妙な使い方に驚嘆させられながらも
誰も 自分の持つ ずるさや弱さを克服しようという意思や意欲を持てない様を ずっと見なければいけない
ということが とてもきつかった
しかし ひりひりと 皮膚の中に浸透してくるような 羽音と音楽が ぬぐえない毒 を持って迫ってくる
 
舞台とは 人間のもつ毒を どこまでも引きずりながら 濃密な時空間にしていくか ということなのかもしれない
 
イメージ 1
 
家の家庭菜園にあるトマトが 実がなりすぎて 茎ごとぐにゃっとなってしまった
一房だけでなく たくさん・・・・
 
これは 茎が細すぎるからだ と思い 回りの枝を少々切って 支柱を立て 毎日たくさん水をやっていたら テレビで「トマトは水が大好きだから 実がなったら 大きくなりすぎないように 心を鬼にして 水遣りを控えてください」と言っていた 
 
「心を鬼にして 」ときいたとき その方の真心を見えた気がして 嬉しかった
そう 育てるとは 心を鬼にする 時が必要なのだ
 
家の紫陽花たちも元気に花盛り
 
写真は 地植えして 3倍以上に大きくなった紫陽花
 
今から 夏野菜が生り ブルーベリー みかん ゆず 柿と 楽しみがいっぱいだ
 
 
 
 

即興セッション

本当に久しぶりに 自分のブログに きた   長女が自分のアドレスをトップ画面にしてから なかなか
やり方がわからなかった と思っていたが なんと IDが違っていたみたいだ 情けないな・・・・
 
2012年になり 3ヶ月が過ぎようとしている 今年は スペイン語を再度勉強しよう とか  毎日ヨガしよう  
とか 子どもたちに靴をそろえさせよう  とか  いろいろと目標を立てたが 何もかも中途半端なままだ
 
やばい 今年の4分の1が終わる・・・
 
さて 16日(金)に サネマツさんの企画で即興セッションに参加させてもらうことになった
今回は ピアノとサックスとダンス  面白くなりそうだな でも いつに無く緊張している
それは河合さんのピアノを生で聞いて すごいと思ったからだな きっと
 
「即興トリオの方程式はいつまで経っても解けない 〜1+1+1=2だったり、2+1=2だったり、もしかすると3=1だったりする場所で〜」イメージ 1
...

日時:2012年3月16日(金)開演8:00pm
                (開場7:30pm)
料金:1500円+ドリンク・オーダー
出演:山内桂(サックス)、河合拓始(ピアノ)、宮原一枝(ダンス)
企画:サネマツアキラ
会場:宮の杜ギャラリーもも庵
   (福岡市東区箱崎1-43-18-2F 090-4350-8798)
   
http://www3.coara.or.jp/~momoan/
 
愛犬みんと が天国に行って2ヶ月 散歩の時間をジョギングの時間に変えた
愛あふれるある時間をくれた みんとに感謝の気持ちをこめて
 
また あいたいな
 
写真は 今度のセッションでつける予定のゴーグルとベルト
ホロホロ鳥の羽毛だ 

ちょっとした隙間に

時間は やってくる  去っていく  平等に  とても  とてもドラマティックに  
 
なんて思うのは 12月だから だろうか
 
11月の怒涛のスケジュールが終わり 21日に 突発的に行った 『くるり』 の コンサートが とても良くて
また聞きなおす
 
23日に 神戸のBIGAPPLE で 即興セッション これまた 面白い内容になった
こちらは芳ちゃん作成のyou tube で http://youtu.be/C9ZU5ZftRq4
 
写真は最初のシーン
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それが全て終わって 強制休養のように 検査入院1週間・・・・
結果は 良かったみたいだ 
 
思うに どうも ガンになりそうでならない体質 のようだ  
知り合いのお父さんも 毎回検査にひっかるのに 大腸まで 取り出して 調べても ガンではなかったらしい
 
昔 ある人に かなり切羽詰って 恋心を告白すると 「あ〜 そういう感情はね あったほうが良いよ 飼いならすっていうのかな そういう感覚 大事だよ アーティストにとって」といわれた事がある
当事者である 本人に 他人事のように 言われて ほんとうに びっくりした
 
そう  良いも悪いも自分から出たものや 出来たものや 沸いてきたものを 飼いならす・・・・
これは 共存する  ってことでもある
今からは 自己責任という 中途半端な 社会的立場ではなく  自分自身と折り合いを付けていく 能力
が必要だと思う
 
それは 感情であれ 感覚であれ 身体であれ ひとつ 突き放して 見てみる 眺める  置いておく
 
私は 私であって 誰でもない  みたいな感覚  
 
こんな感覚で 生活していくと 豊かになるのかもしれない  
 
 
さて ずいぶんすぎた が 12月  だ  
 
喜びの月 にしたいな 
 
 

美しい時間

フランスの かおりが漂う 毎日が 3日間続いて 戻るのに1週間かかった
しかし すでに 岩下徹さんとの 1週間が始まった
 
時間ってあっという間に 過ぎる
ん?  気が付けば 町は メリークリスマスだ 
 
昨夜は  九州大学 旧工学部 5F で 藤枝守(作曲家)さんとのセッション公演のリハーサルだった
お2人とも静かに集中しており  思わず 写真を パチリ
 
明日は どんな パフォーマンスになるか とても楽しみだ
 
なんと1000円で見れるという 格安料金  絶対損はしない
 
ぜひ見に来ていただきたいイメージ 1

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事