タイのトラートで田舎生活

タイの東部の小さな県トラートでのオヤジの田舎生活奮戦記です。

全体表示

[ リスト ]


本日のトラートは連日の雨で、朝からずーーーーと降っております。
タイの雨のイメージは、1日1回夕方にザーーーという感じなのですが、
トラートは違って、何日もずーと降ります。
グチョグチョです。


今年は乾季は全く雨が降らずカラカラだったのですが、ニュースの通り、
エルニーニョ明けは大雨 というのが当たったように、6月から7月にかけて
凄く雨が降りました。


現在のところ年間降水量がタイで一番多いのは、パンガー県のタクワパーというところで、
2551ミリで、トラートはその次で、2530ミリです。
あんなに雨が少なかったのですが、もう2500ミリに到達しているので、今年は
5000ミリは超えてしまうかもしれません。
ちなみに、バンコクは730ミリ チェンマイは540ミリで、今のところ普通な感じです。
知り合いが工業団地で働いているのですが、水不足が深刻で、井戸の水を毎日
くみ上げているそうで、タイでもいろいろあるんだなと思っています。

さて今日の野鳥紹介 パンチが効いた鳥をお見せしましょう。

カッコウの仲間の「オニクロバンケンモドキ」です。
うちの庭に来る鳥の中では、1番大きい鳥かな、、、
上空を見上げると猛禽類が通過するので、そっちの方が大きいかもしれませんが、
庭の樹に来る中では大きいです。


-パンチある-

イメージ 1





イメージ 2




如何ですか、、
パンチあるでしょう、、、
目の周りの赤が印象的な鳥です。
そして非常に長い尾っぽ。

この鳥ですが、タイでは一般的な鳥で、タイ全土どこでも見ることができます。

それにしても、海外の野鳥の和名というのはどういう風に付けられたのか、
知りたいものです。
こんな特徴あって、立派な鳥が、なんで「もどき」なんでしょうね。
不思議です。

私のように、撮影機材が乏しい場合、こういう大きな鳥は大きく写せるので、
助かります。

ちなみにタイには「バンケンモドキ」が6種類いるそうで、ネットで見る限り
それはそれはみんな パンチある姿で、いつの日かぜひ見たいです。
ただ、この鳥以外の5種類は全部 深南部だそうで、ちょっと怖いですが、
いつか行きたいです。
まあ、撮影機材がそろってからですが、、、


https://overseas.blogmura.com/ にほんブログ村 海外生活ブログ
↑↑↑ 上記のクリックお願いします。
https://travel.blogmura.com/ にほんブログ村 旅行ブログ
↑↑↑ 上記のクリックお願いします。
https://photo.blogmura.com/ にほんブログ村 写真ブログ
↑↑↑ 上記のクリックお願いします。


開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事