過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

フランスでは、パイ生地にフィリングをはさんで焼いたものを
トゥルトといいます。
お友達の家に持ち寄りのお昼に呼ばれた時などに
持って行きやすい、このカニとアンディーブのトゥルト。
作り方は簡単なのに、豪華に見えます。

材料 (30cmのタルト形1個分)
カニの缶詰(安いものでOK)1缶
アンディーブ        5個
(白菜4分の1でも代用可)
小麦粉          大匙4
バター          大匙2
牛乳           250cc
卵            1個
市販の折込パイ生地(直径30センチ)2枚
塩・コショウ少々

作り方
1.アンディーブは芯が苦いので芯を取りのぞき、葉を2cm幅に切る。
2.1をバターで炒め、塩・コショウをし、しんなりしたら小麦粉を加える。
3.小麦粉が全体にからんだら、牛乳を加え、沸騰させる。
4.とろみが出たら火からおろし、カニ缶、とき卵を加えてよく撹拌、粗熱をとる。
  このとき、溶き卵を少量とっておく。ここで味見して足りなければ塩・コショウ。
5.生地を型に敷き、さめたフィリングを流し込む。
6.上から同じ大きさのパイ生地をかぶせ、端を水でぬらしながらくっつける。
7.表面に何箇所かクッキー方などで穴をあけ、とっておいた卵液をぬる。
8・180度のオーブンで30分ほど、表面にきれいな焼色がつくまで焼く。


アンディーブのほろ苦味とカニの風味が良く合って私の好きなトゥルトです。
わざわざホワイトソースを作らず、ひとつのおなべで作るのが私流。
市販のパイ生地、フランスでは直径30センチが主流ですが
そんなに大きなものが手に入らなければ、全体の量を減らして小さなものを
作るといいと思います。
  

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事