編集者+書家 伊藤隆のご縁大福帳

皆さんに元気をいただいて頑張っています。

となりの書道

すべて表示

第5回書会 第一部の紹介です!

10月1日第1部書会を紹介します! めぐるくんは、すっかりお兄さんです! 新しいメンバーの登場。かおりちゃん。筆遣い、さまになってますね。 雲峰はいろんな方の作品に印を押しました。 印を押すのもなかなか緊張します! 篆書を縦に4文字書きました。なかなかお上手です! 「引而不発(引きて発せず)」を篆書で書きました。 左端は雲峰が「祇園精舎」と書きました。 真ん中の「精舎(しょうじゃ)」「精舎(せいじゃ)」として、読み方の違いでかき分けています。Fくんによるもの。 「精舎(しょうじゃ)」は寺のこと。 「精舎(せいじゃ)」は学校のこと。 緑の墨のすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

俳句2句

2017/9/25(月) 午後 8:36

葛の花の香に足取りの軽やか  大空に鍬振り仰ぐ曼殊沙華

室生寺・大野寺に行きました

2017/9/20(水) 午後 7:24

ずいぶん前の話ですが、8月29日に、はなのき句会の皆さんと、室生寺に行きました。 室生寺の前にある橋本屋でまずは腹ごしらえ。 右側のとろろ汁は、いつまでもあつあつでした。 親子丼はうまし! この石柱の大きな字は、今井凌雪師がいまから50年前に書かれたものです。 石の階段 ...すべて表示すべて表示

小さな秋見つけた

2017/8/19(土) 午前 10:04

「秋」を季語にした俳句を4句ほど。 鍵しまふ抽出すこし明けて秋                       岡本眸 先に行く人すぐ小さき野路の秋                      星野立子 雲速し母のあらざる秋にして                     大木あまり 吸飲みのかたちに秋の来てゐた ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事