ほんおじのゴルフ&北京日記

申し訳ありません。中国でこのブログは開けなくなり更新が出来なくなりました。

全体表示

[ リスト ]

感動の沖縄大会

1123日に2年ぶりに帰国し、和僑アジア大会のため24日から28日まで沖縄、29日にNGF(米国ゴルフ財団)東京国際事務所で会議、123日に北京に戻りました。
その後、引越し整理があり、8〜10日は福建省の蒲田という都市で講演、13日の今日ようやく新しい部屋に電話とインターネットが繋がり、さっき2週間分のメールを読みましたが、多くの方に長い間返事が出来ずご迷惑をおかけしてしまいました。
また、久し振りに風邪を引いてしまい、東京でお会いするつもりだった方にお会いできず大変残念です。
 イメージ 1
          中国ランキング・現地生活         人気ブログランキング・ゴルフ
 
112526日の二日間、沖縄那覇市で行われた和僑アジア大会は既に新聞、TVでご覧になった方もおられるかもしれませんが、素晴らしい大会で感動しました。
 
専門家によるセミナーは「がんばれ社長」の武沢信行氏、アジアンコスメの第一人者楊さちこ博士、志と理念の経営アドバイザー角田識之代表、ハッピーライフの実現を呼びかけている小松信幸代表、そして地元沖縄からは「琉球の大交易時代」と題し、なぜ琉球は繁栄できたのかを明解に説明する琉球史研究家の上里隆史氏、沖縄の歴史と文化を歌、三線、舞踊、空手を駆使し、おばぁが語る一人芝居のカリスマバスガイド崎原真弓氏など多士済々のメンバーで行われました。
 
講演会は、筒井修和僑総会会長と長いお付き合いの香港貿易発展局日本首席代表古田茂美氏がアジア経済圏の経済の流れとこれからの見通しを数字を駆使して紹介、その中でも華僑の役割が大きくその意味でも和僑は更に拡大を目指し、当面会員数100万人を目指して欲しいと和僑会にはっぱをかけられた。
 
地域に根ざした子供達の舞台を精力的に制作している地元沖縄の平田大一氏の感動体験は、やる気のない教育者、親、また子供本人もみごとに県外、国外にも支持者を増やすほどの舞台にした話しは、ビジネス経営者や経営を目指す人達にも相通じるものがありました。
 
この時期沖縄県知事選を控えていたのですが、仲井間知事からのメッセージをお伝えいただいた上原副知事は「沖縄県では20名を超えると国際会議と呼んでいますが、これだけ大勢の方がアジア各地から参加いただき立派な国際会議です。」そして最後に「先日沖縄でAPECが行われましたが、この和僑アジア大会のほうが沖縄にとって意義があります。」と挨拶し、会場から大きな拍手が起こった。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

泡盛の女王さん(=^^=)
綺麗ですね〜

2010/12/16(木) 午後 3:35 [ ましまろ ] 返信する

ましまろさん!とても綺麗な女王でしたよ。
記念写真のお礼に泡盛を買いました。^^

2010/12/18(土) 午後 9:32 hon**11 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事