お気楽趣味日記

衝動買いは貴方の趣味を損なう恐れがあります。買い過ぎにご注意下さい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

'16 カブ街ろまん

どもぶいよんです



すっかりタイムリーではなくなってしまったんですが、ぶいよん流のカブ街ろまんレぽが最後まで終わっておりません



まあ、撮ってきた写真をアップしているだけなんですが…



ようやく最後のレポになりそうですのでお付き合い下さいませm(_ _)m

















イメージ 1
イメージ 2





やっぱりカブといえば、初代を外すわけにはいきませんね!



青い方はチョコチョコとイジられているようですが、初代の面影を壊すような改造は施されておらず、且つ状態もきれいでした



緑の方は、リヤキャリアに鞄を取り付けただけのほぼフルノーマル状態、サビも無く、レンズ類に日焼けも無く、羨ましいほどのコンディションでした



マフラーステーは純正の刻印が為されていますが、この辺はちょっと分かりかねます


















イメージ 3





ちょっと番外編ですが、モンキー?のニンジャ仕様



あまりの完成度で、思わず写真を撮ってしまいました 周囲の車両が映ってなかったらミニだとは気付かないかも

















イメージ 4





時代を感じますね〜 ドローンで撮影されてましたよ!風が無かったのも良かったのでしょうが、ブレも無くホバリングしているのが見事でした



ヤヴァい?ちょっと欲しくなってきてるかも



ドローンの動画はこちらにて見る事が出来ますよ!






流石にあまり低空で飛ぶのはマズいんでしょうね



















イメージ 5





今回の各賞受賞の方々(笑) 左からひよこさん(神奈川)、一番乗りの福島の方、根室から来られた方。この方、北からの遠来賞受賞者ですが、フロントローに並んでおりましたよ!右の御二方は誘導等でのお手伝いをされてた方々?



ちなみに、北上の翌週、京都でもカブミーがあったんですが、なんとひよこさん、そちらに参加されてたようです いやはやただただ凄い、の一言ですな〜

















イメージ 6





サトさん、すいませんm(_ _)m 写真拝借させていただきました!



写真撮影後、自由解散となり、五所組は下北組と合流し、盛岡付近まで同行させてもらいました。有難うございました。



やっぱり引っ張ってもらって走るのは楽でイイですね!



盛岡南辺りで自然分裂後はひたすら家路を急ぎますが、疲れもあってただただ眠い



何度もふらつき、そのたびに目が覚め、を繰り返し、何とか帰ってくる事が出来ました。



途中、古坂の山越えになり、とうとう右手のリミッターが外れたぶいよんは荷物満載のクロスカブでワインディングを攻めまくり、何とか眠気も克服!



ただし、T沢さんも振り切ってしまい、申し訳ない事をしましたm(_ _)m









更に、今回もう一つのイベント?

















イメージ 7





我がクロスカブが遂に1万kmに到達 これからもトラブルなく走り続けてほしいものです
















イメージ 8





無事に到着〜!6時をちょっと過ぎた位でした。



今回の総走行距離は475km、使用ガソリン量は8.34㍑、燃費は57.51km/㍑でした。



今回はちょっと燃費が良くなかったですね〜最後にワインディングでトバしたのが効いたんでしょうか…









最後に同行されたT沢さん、下北組の皆様、カブミーを開催、運営して頂いたサトさんはじめ、皆様方、有難うございましたm(_ _)m



カブって実用車でありながら、色んな遊び方が出来る魔法のツールですね こうやって色んな方々と出会えたのもカブという魅惑の乗り物のおかげかな、と思っております。



次回もお会いできるのを楽しみにしております










'16 カブ街ろまん

どもぶいよんです



去年もやったような気がするんですが、今回もまた写真のアップに苦労させられております。



全容量で30MBって…デジカメで撮影してて、3Mで撮ってるので10枚ほどしか載せられません



実は昨日アップした日記も結構上げてから削除しまくりで、そのために危うく全削除しそうになる始末…



ちゃんと数えてアップしないと…



ではぶいよんの'16カブ街ろまん第三部スタートです(笑)

















イメージ 1
イメージ 2





今回、改造の度合いが一番激しいのでは?と思われる1台、カブトライク



ただ単に車高を下げている訳でもなく、ちゃんと考えられて前後を揃えているようですね。

















イメージ 3





ちょっと古い型?のMD90



気になったのはそのフロントキャリア。よく見ると、ジャイロ用のキャリアなんですね! 違和感なく取り付けられています



車体色がちょっとレトロ感があってこれもまたイイ感じ

















イメージ 4





JA07カブプロ。やっぱりなんといっても目を引くのはサイドバッグとして取り付けられている赤いランドセルでしょう!



それも両サイドに付いているんですよ!最近は赤いランドセルを使っている小学生はめっきり少なくなったので、それだけでも貴重なんですが、トップボックスの郵政箱、これも最近は見なくなりましたね

















イメージ 5





バーハン化されたカブ



なんだかアな感じがしてカッコいいですね!黒いメーターは車用でしょうか?



よく見ると、スイッチ類も交換されてて、オマケにハイスロも入ってます!
















イメージ 6





JA07カブ?だと思うんですが…



プロでない方の車体に、郵政仕様の外装装備、前後14インチ化、クロスカブ用マフラー装備でこれもなかなかのハイブリッドですな〜



この方、到着早々にナンバー隠してましたが、来る途中に何かやらかしたんでしょうか?


















イメージ 7
イメージ 8





お次は塗装の綺麗な2台



上の方は、パッと見、ノーマルかと思っちゃいましたが、茶色は確かカスタムしかなかったような…で、近くで見ると、ラップ塗装?のようでした。



下の方は、明らかに塗装した色なんですが、これもかなり綺麗でしたよ〜



この2台はどちらも塗装だけのようでしたが、パーツを付けての改造よりもある意味手が込んでますね。外装=フレームですから…

















イメージ 9





馬生仙人さんのJA10カブ。改造編の最後に持って来ちゃってすいませんm(_ _)m



改造車ばかり見てると、ノーマルに近い車体が逆に新鮮です。でも、ノーマル車も改造車でもどんなバイクでも集まってこれて見ていて楽しいのがカブミーの魅力ですね



ところで馬生仙人さん、せっかく作ったステッカー、レッグシールドにいっぱいスペースがあるんだからこの際思い切って貼っちゃいましょうよ?









…今回載せた写真も全部デジカメで撮った写真でして、あっという間に容量一杯、第四弾に持ち越しです



もうしばらくお付き合い下さいませm(_ _)m













'16 カブ街ろまん


どもぶいよんです



では'16カブ街ろまん第二部をざっくりと…



「ざっくりと」と書いたのは、今年は去年程写真を撮ってこなかったんですねぇ〜



とりあえず、目に付いたインパクトのあるカブはひと通り撮ってきましたが。









…と、本編に入る前に第一部でちょっと触れさせていただいたある衝動買いのブツを紹介



相変わらずどこかに出かける前は何かしらのモノを買っておりますな〜(笑)



まああまり笑える話でもないんですが



で、今回買っていったもの、とは…

















イメージ 1





ヘルメットでした〜



今まで被っていたスヌーピーメットも良かったんですが、シールドの間に回転アダプターを付けているんですが、これのせいで結構不具合があったんですねぇ〜



①…若干上の位置に来るので風が防ぎきれない

②…風の量によってはシールドが結構動く

③…上げたままにしていると、突然下がってくる

④…雨降り時に使うとシールドの内側に水滴が入ってくる



…といった理由から今シーズンは昔被ってたフルフェイスも被っていましたが、オールラウンドで使えるもの、という事で↑のタイプを選んでみました



ただ最近はこのテの安いものが無かったので気に入った価格、カラーの物が見つからず、結局今回選んだのはヤマハのギブソンでした



被った感じは解放感があってフィット感も標準的、内装も脱着式なので価格の割にはまあまあでしょうか?当然被って走ってみると色々不満もあって…



①…シールドオプションがライトスモークまでしかない

②…横風がある所では首ごと持ってかれる

③…ベンチレーションが開きっ放し



といったところですかね?それでも被り易さ、安心感、快適さはジェットタイプとは比べ物にはなりませんね!







話がかなり脱線してしまいましたが、ここから本編









Xデー当日は皆さんなかなかの早起きで、夜はちょっと涼しかった事もあり、なかなかシュラフから出られず



意を決して起きて早々二度寝防止のためシュラフを片付け、続いてマット、エアピローも片付けちゃいます。



あ、例の安っすいマットですが、価格の割には思ったよりも快適でしたね!



下が芝生だったのもあるんでしょうが、寝心地良かったです!コツはエアーを入れ過ぎないのがイイようで…。



テント内をあらかた片付け出てみると、下北組はもうテントの解体に入ってました



朝食は途中で、との事だったので、五所組は片付けつつも朝食の準備。買っておいた、昨晩の残りのウインナーを焼いてガッツリ腹ごしらえ。



結局、全て片付けて出発する頃には8時回っちゃってました









で、会場に到着すると、皆さん早いこと早いこと…去年は2列目の頭だったのに今年は4列目…



イベントステッカーは入手圏内でしたが、前日の予告通り、これは去年の倍は来るのかな?という期待も出てきました



下北組を見ると、1列目の最後辺り…さっさと出発して、会場で朝食にすればよかったですね









下北組と合流後、写真撮影に向かいます。が…
















イメージ 2





撮影を始める頃にはもうこんな感じの台数に…



今年の一番乗りは福島の方だそうで、確か、「カブonly Vol.2」に出てたような…?



そのお隣には…

















イメージ 3





一見すると、ボックスが付いただけの普通のカスタム90に見えましたが…

















イメージ 4





なんと!サイドカー付きでした!



こんな感じのサイドカーイイですね!クロスカブに付けてオフ仕様のサイドカーもイイかも


















イメージ 5





去年も参加されてたクロスカブ白仕様車。今年はフロントにカゴが付いて積載能力が上がってました

















イメージ 6





カブミーではすっかりおなじみのひよこさんのリトルカブ。



去年は50ccのままで来られたそうですが、色々と問題ありきで今年は二種仕様に…



それでも、基本下道オンリーですからざっと7県またぎ… いやはや恐れ入ります



時間の余裕があればいつかこんな長距離ツーもしてみたいですね!

















イメージ 7





今回、北の遠来賞の大本命かと思われた、札幌からお越しのJA07カブ。ですが…

















イメージ 8





上には上がいました、北海道は根室から!ようこそお越しやす〜!



でもこの方の凄いのは、距離はもちろんですが、これ!

















イメージ 9





か〜な〜りゴツめのブロックタイヤ!舗装路ばかりではさぞ振動してたでしょう!



長距離ツアラーさんのバイクはたくさんの工夫が施されてます。たまたま開けているところを拝見させていただきましたのがこちら…

















イメージ 12





ボックスの下に更に隠し収納がっ



工具類が収められていたようですが、開けてるところを見てなかったら多分気が付かなかったでしょうね。



サイドバッグの取り付け方も実に良く考えられています。キャリアを大きくしなくてもここまで積載性はあるんですよね〜!



そして何気に隣に映るキャストホイール仕様のJA10も気になります!これがまた純正で市販されてるかのように見事にまとまってるんですねぇ〜



これはリム幅の関係でクロスカブではできません ちょっと羨ましい…

















イメージ 10





こちらはイジり方が気になった1台。ベース車両は古いカブのようですが、レッグシールドの隙間からオイルクーラーやら何やら見えてたり、バンス管が入ってたり、なんといっても気になったのはレッグシールド上部の加工



なんだか零戦ちっくでイイですね!

















イメージ 11





下北組の3台!



後で気が付いたんですが、皆さんフロントには何にも積んでないんですね〜



操安性を考慮しての積載方法なんでしょうか…。



もうちょっと写真があるんですが、載せられる容量が一杯になっちゃいました



まさかの第三部に突入で〜す(笑)


'16 カブ街ろまん

どもぶいよんです



今年も上手い具合に好天に恵まれ、行ってきました、『カブ街ろまん』



もうね、気持ちが先走ってるもんだから、一週間も前から荷物は作り始めてましたよ



出発の2、3日前にはメインのケース以外の物も積んで通勤してました(笑)



メインのケースも先に積んでおいても良かったんですが、自宅倉庫の出入り口から出られないので…orz



一度、カブを出してから積み込み開始。


















イメージ 1





狭い中での積み込み作業です









今年はウチのお客さんのT沢さんも一緒に行きたい、との事で、そのために?わざわざクロスカブを買ったような方なんですが、待ち合わせ場所はウチの店。


















イメージ 2




まあ、初めてのキャンプツーリング、との事で、荷物は多めですが、それでもぶいよん号と同じくらいか?うまくまとめています。









今回の北上カブミー、実はもう一つの目的も兼ねておりまして、以前にも紹介した「道の駅スタンプラリー」



で、先ずは最初の目的地、「道の駅いかりがせき」

















イメージ 3





早速スタンプを押しに行きますが、一緒に走っているT沢さんに教えると自分もやりたい!との事。



会計レジで本を買い、一緒にぺたぺた…









ここからは山越えルート。R4からR282へ入ります。



さすがに荷物満載のクロスカブが二台、なかなかペースが上がりません。ワインディング好きのぶいよんでも上りの遅さはどうしようもありません。



それでも下りに差し掛かると、右手のリミッターが外れ…かけますが、同行者が居る事を思い出し、はっと我に返ります



開けては我に返り…開けては我に返り…が繰り返され、山越えがあらかた終わったところで、「道の駅かづの」に到着。

















イメージ 4





こうやって原色のクロスカブと並べると、地味さが際立ちますな〜



今回の長距離ツーリングのためにシールド付きのオフメットも購入しましたがこちらのカラーも地味目…



先日購入したラフ&ロードのジャケットも車体同色のオリーブドラブで、この格好で林道辺りでコケて気を失ってたらまず見つけてもらえないでしょうね(笑)


















イメージ 9
イメージ 10




この後、「道の駅にしね」、「道の駅石鳥谷」とハシゴしていきますが、スタンプを押して一服するくらいの停車時間しか取っていないんですが、思ってたよりも時間ロスが多く、徐々に焦りが…









結局、スーパーで買い物を済ませ、キャンプ場に到着する頃には五時を回っていました



九時過ぎに出てきたので、ざっと八時間 ナビでの予想到着時刻は五時間ちょっとなので、思ったよりも掛かり過ぎでしたね









キャンプ場には、ちょっと前に到着したであろう下北組が



これからテントを建てる感じでしたので、それほど時間差はありませんでしたね



バイクをテントの傍まで持ってこれる事を伝え、五所組もテント設営に取りかかります。


















イメージ 5
イメージ 6





今回は去年よりもちょっと溜池から離れた所に設営。とはいえ、10mも変わらないんですが



T沢さんも設営経験がある、との事だったので、各自で建てていきます。ぶいよんはこのテントにしてから今回で3度目、練習や掃除で組み立てたのも合わせると倍以上は建てているので自分でも驚くほどの手際で組み立てていきます


















イメージ 7





設営終了〜 「あずましい」マイルームが出来上がりました テントの中ではもちろん、先日購入したインフレータブルマットと、エアピローのバルブを緩めて放置、「自動膨張」させておいてます



去年、お隣さんだったS根さんがサンダルを持ってきていて、快適そうだったので真似して履き替えてみましたが足の解放感がハンパないですね



そして壊れるんじゃないか、と懸念していたイスも何事も無く、包まれる感覚がとっても気持ちイイィィ〜〜



一番低い状態のまま、調理もしてみましたが、特に問題ありませんでしたね。まったりした体勢がまたも進んじゃいます









で、今回のメニューは…


















イメージ 8





ジンギスカン



スーパーで去年と同じ肉を探しましたが、無かったのでジンギスカンの肉だけ買って、その後コンビニに寄ったら丁度イイ量の野菜が売ってたんですねぇ〜



夕食はこれにを頂き、後はひたすら









今回もここにサトさんが来てくれたんですが、その後に北上のカブ乗りブロガーさんの馬生仙人さんが遊びに来てくれました



なかなかブロガーさんとお会いする機会はないので、貴重な出会いでしたね



前回のカブ街ろまんではお会いできなかったので、今回はお会いできて本当に嬉しかったですね。









馬生仙人さんが帰った後、間もなく飲みに出て行ってた下北組が帰着。ここから二次会?が始まりました



バイクの話題を中心にとりとめもない話に花が咲き、気付けば11時…



名残惜しい気持ちでしたが、明日の出発の事も考えて就寝する事にしました。









続きは第二部で…

















今回の衝動買い

どもぶいよんです



ふと思いました。買いたい衝動が無くなったら死んでしまうのでは、と…



まだまだ死ぬのは先になりそうなぶいよんの今回手に入れたアイテムとは!



















イメージ 1





ヘリノックス…ではありません パチもんの安いチェアです



やっぱり耐荷重を考えても本物なら間違いないのでは?とずいぶん悩みましたが、とりあえず安いのを使ってみてダメだったら本物にしよう、とできるだけ評価の高いものをチョイス!


















イメージ 2





本家と違うのは、この足の部分、高さ調整が出来るんです!



高さ調整が出来て、且つ耐荷重が高いもの、という事で選んでみました



このテの椅子は、リラックスポジションが基本の角度ですが、後ろの調整をひとつ伸ばしてやるとちょっと前傾ポジションになり、焚き火や食事がし易くなるんですね〜



また、この骨組みは全てバンジーコードで繋がれており、誤組や紛失の心配がありません









届いてまず第一に際立つのはその軽さ!本家と変わらない重量なので、風が吹くと間違いなく飛んでいっちゃいますね!



とりあえずストック状態でも座れましたが、先ずは評価にもよく書かれていた差し込み部分の破れ対策。

















イメージ 3





対策、というほど大したものでもないんですが、シャフトの先に何重かにしたタオルを巻き、径を大きくして突き破りにくくしてみました。



何度か座ってみましたが、なんとなく良さ気な感じ



北上でのキャンプ泊が楽しみですな〜!









続きましては…

















イメージ 4





インフレーターマット! しかもエアピロー付き!



ただこのマット、かなり安いのはイイんですが、評価でも書かれているんですが、内蔵されているウレタンが表皮に接着されていません



なので、空気を入れ過ぎるとフワフワと浮いてしまい、具合が悪くなりそうなんです。



自然膨張にちょっと足す位が丁度イイ感じかな、と思います。









実はインフレーターマットは、既にコールマンのかなり快適なマットを持っているんですが、収納サイズが畳んだ状態でも長さが60cm以上、直径20cm近くあり、重さも1kg以上もあります



快適さでいけばこれが良いものの、もうちょっと軽く、小さくならないかと考え、これをチョイス!


















イメージ 5





見よ!このサイズ!



長さは半分以下、重量も1kg以下、直径はほぼ同じくらいとかなりのサイズダウン!



ただし、快適性能はかなり落ちてしまいました



諸元上では厚さが2.5cmとなっていましたが、前述の通りあまり膨らませられないのと、中央に分割ラインが走っているため、最終的にはアルミマット並み!?



ちなみにコールマンのマットは4cm、ウレタンが固定されているのでエアの注入量が多くてもボヨンボヨンになる事はありません!



まあ後は使ってみない事には…









と、ここまではキャンプ道具。



最後のひとつはルアー。まあこれは計画的衝動買い!?

















イメージ 6





デプスのブルドーズJr



ブルシューターは持っていましたが、クランクベイト的に使いたかったので高かったんですが、思い切って注文しちゃいました!



ロストだけは気を付けないと…













全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事