お気楽趣味日記

衝動買いは貴方の趣味を損なう恐れがあります。買い過ぎにご注意下さい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
どもぶいよんです
 
 
 
昨日は若干中途半端な状態で終了してしまいました
 
 
 
というのも、写真をスマホとデジカメで撮っているためにそれぞれのサイズが違い、一回でのUP量が決まっているので一旦切り上げた、という訳でして…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、国設薬研野営場から買い出しに行くんですが、買い出しを済ませてから野営場に来れば良かったんですが、あまりに早く着いてしまったので…。
 
 
 
さっき通った道をまた引き返し、教えてもらったマエダストアに行きます。
 
 
 
でも、こういう所はファミリーキャンプとかの複数人だと丁度良い買い出しになるんでしょうが、一人旅の買い出しには少々不向きかと。
 
 
 
一人で食べ切れる物を探し出し、足りないものはコンビニで追加しようとコンビニを探すも、コンビニがなかなか見つからず
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウロウロしているうちに、交番が見つかったので地図を見せてもらい、ナビに登録してようやく買い出しが終了。
 
 
 
まだ明るいうちに管理棟から薪を頂き、その辺から小枝を集めてきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
集めた小枝を短く折り、慣れない手つきで火を起こし、なんとか薪に移して…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
やっと目標の焚き火ができました!
 
 
 
途中、気になったのか管理人さんがやってきて、薪に火が移るまで手伝ってくれました
 
 
 
ちょっと焚き火台が小さいような気もしましたが、必要十分でした。また、翌朝に火を焚いた辺りを見てみましたが、地面には全く影響なし
 
 
 
で、ただ焚き火するだけでは勿体無いので…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
当初、フライパンで焼こうと思っていた肉を焼いてみました
 
 
 
いや〜なかなかイイ感じですね
 
 
 
飲みながら、ちょっと多いかな、と思われた量の肉をあっという間にペロリ
 
 
 
ちょっと薪を入れるタイミングが分からず、早め早めに入れていってたら早い時間に無くなっちゃったので、翌日の事も考え、9時前にはテントへ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、当初、調べていた時には、雨が降る感じは全くなかったんですが、夜明け頃にポツポツと…
 
 
 
でも、出てみるとホントに降ってるの!?と思うくらいの量テントの中って響くから大雨かと思っちゃいました
 
 
 
とりあえずまだ時間もあるので、スマホで天気をチェック。なんともありません。
 
 
 
続いて、雨雲チェックをしてみたら、なんと!青森県内では薬研の辺りにだけ雨雲がっ!運がイイのか悪いのか…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日は後は戻るだけなので、地面の硬さに悶絶しながらもう一眠り…
 
 
 
でも結局、7時前には目が覚めてしまったので、朝食の支度に取り掛かります。
 
 
 
ガスストーブで湯を沸かし、カップラーメンを準備。お湯を入れたら昨晩のツマミに買ってきて手を付けなかったウインナーを焼き焼き…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝からガッツリ朝食を取ったら、まずは尻屋崎へ向かいます
 
 
 
薬研野営場から1時間チョイ、寒立馬で有名な尻屋崎に到着〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
抜けるような青空とはまさにこんな感じでしょうか?たまりませんね〜!
 
 
 
ここに着くまで、寒立馬のいたであろう形跡のを避けながら探しましたがなかなか見つかりませんでした以前、冬に来た時には割と簡単に見つけられたんですが…。
 
 
 
見つかりそうにないので、帰ろうとしばらく走ると、止まっていた車が1台、その先には…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
居ました〜!
 
 
 
子馬だったので、柵の中に入れられていたんでしょうか?でもこれだけの数にお目にかかれるとは思いませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
目標達成後は、後はいよいよ戻るだけ。お土産を何にしようか考えつつ、むつ市まで来ましたが思いつきません。
 
 
 
結局、横浜町の卯の花ドーナツにこれでは「下北方面」のお土産ですね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あとは来た道をひたすら戻るだけ、と思いましたが、あまりに早く到着しそうなので夏泊半島をクルージング。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
せっかく遠回りしたにもかかわらず、家に着いたのは2時…まあ、早めに戻っておいた方が良さそうなのでの〜んびり後片付け。
 
 
 
雨に当たったテントをまた組み立て、フライシート、シュラフ共に干し、片付けも無事済んで、今回のツーリングで走った距離を調べてみるとなんと!
 
 
 
 
 
 
555km!!
 
 
 
 
 
 
走り過ぎですね
 
 
 
使ったガソリンの量10.15ℓ、トータルの燃費は54.6km/ℓでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
こりゃ来年は北海道しかないな…
 
 
 
その前にもっと寝心地のいいマットを調達しないと…
 
 
 
雨の染み込まないテントも新調したいし…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

悲願成就!

どもぶいよんです中秋の名月を楽しんでいますか〜?
 
 
 
遂に念願叶って一泊二日でキャンプツーリングに行ってきました〜
 
 
 
場所は当初より計画していた下北半島。
 
 
 
行き先については迷いに迷った上、途中近場での悪魔の囁きも聞こえて傾きかけましたが、なんとか振り切って計画実行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
出発直前。この後、ライトエギング用にと、ロッドも積もうと試みましたがどうにも固定しづらく悪戦苦闘後に結局積むのを断念…orz
 
 
 
ま、ここで時間かけちゃっても向こうで釣りする時間が無くなっちゃったら元も子もないので
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当初は蟹田→脇野沢フェリーで一気に渡っちゃうつもりでしたが、ナビで時間と距離を検索してみたところ、陸走の方が距離でプラス10km、時間だとマイナス30分…
 
 
 
片道のフェリー代が¥3,000チョイ掛かるのを考えると、陸走の方が遥かに安上がりなので、迷わず陸送に決定!
 
 
 
時間に追われて走る事も無くなりますしね…
 
 
 
で、8時出発の予定でしたが、時間に追われることもなくなり、ヤボ用をひとつ片付けて9時出発
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…で、正午には既にむつ市に到着途中全く休みなし!
 
 
 
むつ市でガス補給だけして時計回りで下北半島を攻略していきます。
 
 
 
大湊辺りで自衛隊の巡洋艦らしきデカい船を見かけ、テンションが上がりますが、なんだか祭りも行われていて、渋滞に巻き込まれるのも嫌なので走りながら見るだけに留めておきます。
 
 
 
…今にして思えば、あちこちもっと止まって色々見たり写真撮ってくれば良かったんですが
 
 
 
脇野沢のフェリー埠頭に来ると、軽く波立っていてさっきまでの青空も若干曇っています。
 
 
 
これは陸走で正解かな〜、と自分に言い聞かせつつ、道の駅わきのさわへ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
ぐる〜っと回ってまさかりの先っぽへ。この時点でまだ1時。ここでようやく
 
 
 
 
 
 
 
 
ここからはいよいよ海峡ライン。ここのワインディングがイイらしく、仏ヶ浦と共に楽しみにしていた場所の一つです。
 
 
 
ただ、カブで荷物が満載…という事もあり、あまりイケイケに攻める事はできませんでしたが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
一応、仏ヶ浦
 
 
 
ここを間近で見るには徒歩で1時間程歩かないと見られないらしく、途中で見えたところからの1枚でも実際には…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
こ〜んなに離れてますw 実際には物凄い高低差がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
延々海峡ラインを走り、遂に本州最北端、大間へ到着目指すのはやはり…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
大間といえば、やっぱりコレでしょう!という事で撮ってみましたまた…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
ここもお決まりの場所ではないでしょうか?ぶいよんが撮る前にも大型バイクの方がいて同じような写真を撮ってました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここまで来ると、後はキャンプ場へ入るだけなので、走りながらではありますがイカ情報があった各漁港を眺めながら海岸線をクルージング。
 
 
 
流石にここまで来ると、風と波は結構なものでライトエギングするには少々辛い感じ
 
 
 
持って来ないで正解でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大間には3時には到着、キャンプ場には4時にはもう受付を済ませ、テントも建てちゃいましたかなり駆け足ツーリングになっちゃいましたね〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
国設薬研野営場。名前こそ物々しいですが、車でもバイクでも気軽にキャンプできる設備の整った場所でした
 
 
 
テントを建てて、ローチェアから撮った1枚。この後ろにはトイレ等、その隣には管理棟があります。
 
 
 
ここでの一泊はなんと!¥510也!なんともリーズナブルですね〜!
 
 
 
ちなみに薪もここで頂いたんですが、そちらはなんと!¥200!!!
 
 
 
二束頂けば良かったと思いましたが、一人で楽しむ分には丁度良かったのかな?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後、また街まで出て、食料やらを調達しに行くんですが、ここで第一部は一旦終了〜
 
 
 
第二部は明日にでもまたUPしたいと思います!
 
 
 
何故わざわざ分けたのか?それは…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ単に時間が無くなったのと、写真のUP出来る容量がそろそろ一杯かな〜、ということで…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ショートツーリング

どもぶいよんです
 
 
 
昨日は珍しく日曜出勤せず、ず〜っとゴロゴロ…していましたが、カミさんと娘が夕方から映画を見に行く、との事だったので同じ時間に別行動でお出掛け
 
 
 
5時から出発のため、釣りに行くにはあまり時間がなかったので、強行ショートツーリングへ。
 
 
 
クロスカブを腹一杯にしてやった後、浪岡から黒石へ抜け、城ヶ倉大橋を目指します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
1時間程で到着夕陽が当たり絶景に磨きがかかっています
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから青森に抜けるつもりではいましたが、そのまま抜けても面白くないのでちょっと酸ヶ湯まで上がってみました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
ま、基本、写真撮影のためだけに止まっているだけですがね…
 
 
 
で、更についでで、この上のコークスクリューも走ってみたくなりまして…カブだというのにイケイケに攻め込んじゃいました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
暗くなってきた事もあり、流石にこれ以上上に行くのは怖いのでここから萱野茶屋経由で青森に降り、家路を急ぎます。
 
 
 
薄暗くなってきて、ところどころ路面も濡れ、更には久し振りに走るルートなので、攻めるには条件が悪いんですが、なんとかなるだろ、と思い、ケツを滑らせながらのダウンヒル
 
 
 
ソコソコに飛ばしている車を数台、アオリながら追い越し、あっという間に環状線に着いちゃいました。
 
 
 
ここからは更に早かったようで、30分程で自宅に無事到着そんなに追い越しはしてこなかったんですがねぇ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カブに抜かれた、とショックを受けた方もおられると思いますが、すいません、カブにしてはウチのはちょっと早い方なんですご了承の程…m(_ _)m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、帰ってみると娘とカミさんは未だ戻らず。息子が先に帰ってきててバイオハザードやってて…
 
 
 
息子:「おっとう(ウチでは恥ずかしながらおっとう&おっかあ、で呼ばれています)、どっかに行ってた?」
 
 
ぶいよん:「うん、ちょっと走りに。城ヶ倉回って青森回って帰ってきた」
 
 
息子:「何人かで?」
 
 
ぶいよん:「いや、一人で。なんで?」
 
 
息子:「さっき電話した時(城ヶ倉大橋のちょっと前で電話があったんです)、後ろの方で女の人の甲高い笑い声がしてたんで」
 
 
ぶいよん:「エンジンの音じゃないの?最初の方?最後の方?」
 
 
息子:「割と最後の方でず〜っと」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
電話が来てすぐにエンジン止めたんですけど…
 
 
 
怖くてしばらく行けそうにありません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ついに!?とうとう!?

どもぶいよんです



実は今回の日記、いつもと違う方法で書いています。それは…













イメージ 1







これで書いてたんですねぇ〜



流石にPCと同じように、という訳にはいきませんが、悪戦苦闘しながら何とか書いています



とりあえずまだ買ってから何日もたっておらず、使いこなすにはまだまだ、といったところですが、いくらかでもPC代わりになれば、と思っています。
どもぶいよんです
 
 
 
今日は朝イチから大変なお客からののせいでちょっとイラッとしてます
 
 
 
しかも繰り返してかけてきやがるし…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…と、そんなテンションな心情ですが、前回残していたクロスカブの小改良部分でもUPしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、Rスプロケットの交換。
 
 
 
これまでノーマルF:14&R:37(2.642)から、F:15&R37(2.466)へ。
 
 
 
次に、F:13&R:30(2.307)でしばらく乗っていましたが、もうちょっと加速感が欲しくなったので、F:13&R:31(2.384)にしてみました。
 
 
 
結果はかなりの好感触
 
 
 
最高速は多少犠牲にはなったものの、発進時のトルク感はかなりイイ感じに。
 
 
 
他のギヤでも、グイグイ引っ張っていく感じになって乗り易くなったと思います。
 
 
 
本来なら、Fギヤとチェーンも一緒に交換しないといけないんですが、思ったよりも伸びが出ていなかったので、そのまま再使用しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次に取り付けたのが、5月からバックオーダーになっていたスマホをリモート操作する「スマートコントローラー」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
スマホを直接触らなくても「ある程度」操作できるリモコンです
 
 
 
主にナビ使用時がメインになると思うんですが、それ以外の操作も「ある程度」できます。
 
 
 
「ある程度」の割にはちょっとお高めなんですが(¥9,180‐)、グローブをしたまま操作できるのがイイかな、と…。
 
 
 
また、Bluetoothで飛ばすので面倒な配線も必要ないのがイイですね
 
 
 
ただ、普段はほとんど使わないのと、グリップが短くなって握りにくくなった事、ウインカー操作がちょっとしにくくなったのが難点ですが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更に小変更部分。
 
 
 
まずはホーンスイッチ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
右の手に持っているのが最初に付いてたスイッチ。取り付けられているのが新しいスイッチ。
 
 
 
で、何が違うのか、というと、よ〜く見ると丸い凹みがついています。これが押す部分なんですが、元々は遠いところを押さないといけないので、イマイチ指が届きにくくて必要な時に押せなかったんですよね〜
 
 
 
これを少しでも使いやすいように、という事で、調べてみたらスクーターにこのスイッチが
 
 
 
幸い、スイッチだけで部品が出てくるので早速注文し、組み換えしちゃいました
 
 
 
で、同じように…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
クロスカブにアイドルストップスイッチ〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…ではないんですね手元にスイッチが欲しかったので探したところ、125ccのスクーターのが使えそうだったので、こちらも組み換えして取り付けしちゃいました〜
 
 
 
ちなみにこれはハザードスイッチに組み換えしてます
 
 
 
で、元々のハザードスイッチは、というと、常時点灯のヘッドライトのON/OFFスイッチにしました。
 
 
 
本来ならライトを消して走行すると今では違法行為になるんですが、先日、外部電源を使ってみたところ、かなりの高負荷でエンジンが止まりそうなくらいに…
 
 
 
そのため、外部電源を使う時だけ限定でライトスイッチにしてみました
 
 
 
ちなみに「アイドルストップ」の文字は消しちゃっても良かったんですが、面白いかな〜、ということもあり、そのままにしておきました
 
 
 
ON&OFFの向きが逆ならもっと良かったんですが…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事