お気楽趣味日記

衝動買いは貴方の趣味を損なう恐れがあります。買い過ぎにご注意下さい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ご無沙汰してました!

どもぶいよんです かな〜〜〜〜〜りご無沙汰してました!



前回の北上カブミー以来なんですね



地味に忙しさも相まって皆様のブログへも読み逃げばっかりしてますm(_ _)m



先ずは近況報告ですが、釣りの方もチョイチョイ出掛けてはいますが、イイサイズといえば6月に…


















イメージ 1




…44.5cmが釣れたくらい



数だけはソコソコ釣れてはいますが、ここ最近、このスケールに魚を乗せた記憶が無いですねぇ〜



待望のトップシーズンなのに、思ったほどトップでも釣れてません…orz



ルアーの衝動買いは最近は自粛してますが、メインで使用していたスコ竿のティップを引っ掛けて折ってしまうという失態を犯してしまいました



3ozクラスのビッグベイトもキャスト出来てたロッドなだけにショックも大きく…



しかも、一番イイシーズンに折っちゃったので、昨シーズンの半分くらいしか出撃してませんでした。



ここで急遽、ニューロッドを購入。あまり投資もできず、かといってヤワなロッドでは…という事で、シマノのゾディアスをチョイス。



…ところが、あちこち問い合わせをしても欠品中との返事が ひと月ソコソコなら待ちましたが、ふた月以上となると…



結局、ナチュ○ムさんに即納品を見つけ、無事に入手できました。他店よりも安く、早く購入できたので、大満足でしたね!



で、最近のアマ○ンはダメですねぇ〜!いったいどうしちゃったの!?というくらい、品揃えも価格も悪いですね! プライム、という名目で知らず知らずのうちに年会費も取ってるし









衝動買い、といえば、Yahoo!トップページでたまたま見かけたG−SHOCK特集。



後で調べたところ、イルカクジラモデルは毎年出てるみたいなんですねぇ〜! 知らなかった…orz



とは言いつつも、今年のモデルはほぼ欠品し掛けてましたが、なんとか手に入れる事が出来ました。それがこれ、’15イルカクジラモデル

















イメージ 2




ライトを点灯させると、クジラが浮かび上がります!



しかもこのモデルは、タイドグラフと月齢が分かるというヒジョ〜に釣り向きなモデルなんです!



ただし、白いパーツが多いので、勿体無くて釣行時には使った事がありません!(笑)









暇を見つけてはこんな事も。

















イメージ 3
イメージ 4




結構前から持ってたポケット魚探なんですが、ほとんど放置プレイ… これも勿体無いので振動子をカヤックの底面に固定。ハッチの隙間からケーブルを出すだけで簡単に使えるようになりました









5月の北上カブミー以来、ツーリングには全く逝ってないんですが、仕事の合間にチョイと抜け出し…
















イメージ 5




鰺ヶ沢で行われていた「水曜どうでしょう」のキャラバンステッカーを買いに行ってみたり



やっぱりカブ乗りなら水どうは押さえておきたいところ しかし、これも勿体無い病が出て未だに貼ってませんが









で、イベント、というか、娘の柔道の試合の応援で仙台へ。第一の目的はモチロン応援ですが、夜には念願の牛タンを食べに「利久」へ。



ただ、暑さもあって食べるよりもほとんど飲んでばっかりでしたが、久し振りに食べた利久の牛タンはやっぱり別格でしたね!



翌日、悪酔いしてたのは言うまでもありません



逝きの道中、こんな事も。

















イメージ 6




遂に!12万キロ突破です!新車で買って11年、あっという間でしたね〜



そろそろ新しい車も欲しい所ですが、特に不便も感じてないので未だ暫くは乗り続けると思いますよ〜









…とまあ、あまり遊び狂っていなかった2ヶ月でしたが、そろそろツーリングにも出かけたいな、と思っております



とりあえず、暑さの収まる9月最初の土日、昨年と同じコースで下北一周ツーリングを計画しております!



下北外周を回り、薬研でキャンプ泊の予定です。



むつのカブ乗りさんも居る事だし、北上以来のミニミーティングにでもなればなぁ、なんて思ってますが…



皆様、どうでしょう?












カブ街ろまん 当日

どもぶいよんです やっとこれで最後 という事で第三部スタートです










写真を撮りながらウロウロしていると、今回のミーティングのもう一つの目的でもあった八戸から参加のcub-manさんからのメールが。走ってくるのを今か今かと待ち構えていましたが、マフラー変更しての来場にまさかの見落とし 申し訳ないですm(_ _)m














イメージ 1
イメージ 2




cub-manさんのカブはブログで拝見していた時ほどギラギラし過ぎておらず、まとまっています 一緒に来られた設計屋さんのカブ、一見すると普通の実用車っぽく見えたんですが、よ〜く見るとなかなかに走りに振った改造をされてます


















イメージ 3




この位置からではノーマルにしか見えないBRDマフラーがついてました!つや消し黒にしちゃえば更に分からなくなる









無事に初顔合わせも済ませ、話を弾ませていると時間になり、今回のミーティングの主催者、サトさんからのご挨拶が

















イメージ 4




今回、こうして集まれたのも全てこのサトさんのおかげ 新しい出会いの場を提供してくれた事に感謝感激ですね









この時点では未だ定数の50台には達していなかったよう。でも10時を過ぎてからも続々とカブ、またカブが…



サトさんが懸念していた50台も、無事到達 















イメージ 5




最終的に総勢86台



第1回、という事でしたが、大成功だったのではないでしょうか?



で、今回の戦利品

















イメージ 6




下の3枚が今回のミーティングの参加賞、になりますか?上の2枚とバッジは福島ミーティングの残ったのを頂きました









11時になり、当初の予定通り全員集合しての記念撮影

















イメージ 7




一時的に小雨はあったものの、全体では好天だったと思います。風はちょっと強めでしたが









その後、また話し込みましたが、長距離の方もおられるので皆さん徐々に帰り始めます。
ぶいよんも最後にもう一度サトさんにご挨拶し、帰ろうと準備をしたところでなんと!cub-manさんにお土産を渡すのを忘れた事に気付きました









とりあえず連絡をし、追いかけるも当然追い付かず それでも、途中で止まったところでメールに気付いてもらえ、やっとのことで合流



何とか無事にお土産も渡したところで、cub-manさんから途中までですが一緒に走りませんか?とお誘いが!



帰りも寂しい一人旅だったので喜んで同行。R4→R282までの間でしたが楽しいツーリングとなりました。が、正直侮ってました



二人共はえ〜んです… 市街地ではそれほど違いを感じませんでしたが、R282に入って飛ばせるようになるとはえ〜んです



いくら荷物満載とはいえ、違いを体感させられるとは…orz



それでも何とか食い付き、道の駅「にしね」

















イメージ 8




ここでまさかのハプニング発生!この写真を撮った直後!余りの強風でcub-manさんのカブが転倒しちゃいました!



しかも、運の悪い事にヘルメットを掛けている左側へ…









何とも気まずい雰囲気ではありましたが、幸い走るのに支障をきたすダメージではなかったため、次の休憩地点を安比高原前のローソンにし、出発!



この辺りから風の強さも相まってだんだん寒さが身に染みてきます



前日通過時は、暑くてTシャツ1枚で走ってても丁度良かったのに帰る時にはパーカーを着てても厳しい…これで一人で走ってたら早々に心が折れてたでしょうね

















イメージ 9




すんごいイイ天気なんですが、周りの木の揺れ方はハンパないです! 前日と比べて10度近く気温が下がってます



ここで前日のような天気なら、安比高原アイスでも食べてるんでしょうが…









ここまで来るともう間もなくcub-manさんとお別れ…再開の約束をしつつ出発



cub-manさんたちはここの先の県道6号へ。ぶいよんはこのままR282を北上し、山越え、R7に入るルートを辿ります。



ガス欠の危機もありましたが、無事に山越えし道の駅「碇ヶ関」に到着。ここで更にジャケットを着込み、持ってきた携行缶でガソリン補給 これで間に合わせちゃおうという魂胆です



ちょっと込み気味の弘前市街地を抜け、R101へ。ここまで来ればあと30分ほどで自宅到着。結果、自宅には7時過ぎに着く事ができました



今回の総走行距離:496.3km

総ガソリン使用量:5.69



…という事は?87.2km/L



レシート1枚無くしたかなぁ?でも補給した記憶もないし…燃費の数値がありえないんですが…









さて、一週間以上かかってようやく書き終えましたが、参加自体初めてで、色んな人、バイクに出会えた事もあり、今でも鮮明に記憶が蘇ります。



が、終わってしまうと、まさに心にぽっかりと穴が開いたような虚しさが… 時折、禁断症状も出始めてます



これはどうやら『カブ』、そして『ミーティング』という名の麻薬中毒のようですね 処方箋はありませんので引き続き乗り続けてミーティングに参加し続けて下さい、て感じですか














カブ街ろまん 当日

どもぶいよんです 写真の容量の関係で、数回に分けざるを得ませんでした



という事で、第二部です















イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3




こちらの3台はお仲間さんのようで、一緒に参加されてましたが、結構な改造具合ですよ〜 1台目のカブは赤と白でまとめていてワンポイントのゴールドリムがスポーティですが、注目はセンターボックスですね!収納スペースのないカブにとってリヤボックス同様に有難い装備ですが、よく見ると、ボックスの上に座れるようにシートが… 小さい子供なら大丈夫そうですが…

2台目の方は赤メタオールペンにサブフレームもきれいに取り付けられてなかなか派手に見えますが、エンジン周りはノーマル 耐久性重視ですかね?オフタイヤ、というよりもモトクロ用タイヤのようですが舗装路はちょっと怖そうですね

3台目のカブも一見するとリヤボックスを積んだカブクロッサーですが、これもよ〜く見るとボックスに保安部品が… 実用性も重視しつつ、レース参戦時にはボックスごと保安部品を取り外せるようになってるんですかね?これもなかなかのアイデア









ある程度撮影していたら結構ご当地ナンバーの方が多いかな?という事で、途中でご当地ナンバーも撮る事に。



でもこれ、掲載しても大丈夫かなぁ…ホントはモザイクでもかければイイんですが、せっかくのイラストが消えちゃうのももったいないので、そのまま載せちゃいます



もし、当ブログをご覧になられて「なんでウチのナンバー撮ってんだよ〜!削除しろよ〜!」という方がおられましたらご連絡下さいませm(_ _)m


















イメージ 4




一番お気に入りのナンバー。やっぱり「78」が大当たりなんでしょうね 形がよく見ると、「U」の字?




イメージ 5




練馬区の「ねり丸」君が書かれていますね。区でゆるキャラがあるんでしょうか?


イメージ 6
イメージ 7




市町村は違えど、同じ形、同じ模様で、「和」のテイストがプンプンしてます。でも、自賠責ステッカーの貼り位置には苦労しますね 上の方は110ccに合わせて110番?それとも「伊藤」さん?実はお巡りさんとか…


イメージ 8




気仙沼といえばやっぱり「鮫」ではなく、「フカヒレ」 他にも青森とは違った海の幸が味わえる所です。また行きたいなぁ…


イメージ 9




ガルパン仕様のリトルカブの方のナンバー。ご当地ナンバーでありながらも形が普通なので市販のナンバー台が使えるのがイイですね 番号が1番ってなんか憧れちゃうんですが… バイクの装飾に合わせて、自賠責ステッカーの周りにチェックをあしらってるのがナイスアイデア


イメージ 10




ナンバーの形がお米 米どころの市町村にはピッタリですね 実はこの読み方にいつも苦戦させられます 「とめ市」でイイんですよね


イメージ 11




長野から参加されているのが一目で分かりますね 長旅ご苦労様です 上手くルート設定をしないとかなりの長距離なんじゃないでしょうか?上の丸いのは六文銭?真田幸村?市販のナンバー台も使えそうな感じがしますね









無断掲載ご容赦下さい。m(_ _)m




それにしても、ご当地ナンバー羨ましいです… しかも岩手県ってご当地ナンバー多くないですか



是非とも我が五所川原市でも実施してほしいんですが、これってナンバー台が使えないんですよねぇ〜






第三部へ続く…






カブ街ろまん 当日

どもぶいよんです



月曜からちょっとづつ書き始め、かつてない壮大なスケールでお送りする超大作になりつつあります



超長文&読み苦しい点もあるかと思いますがご了承下さいませm(_ _)m









さて、テントの中で飲みながら就寝しましたが、夜中にいや〜な音が そうです、結構な感じで雨が降ってたんです



確か2時頃だったでしょうか…でもまだ暗いし、明るくなってからもまだ降ってたらとりあえずその時に考えよう、と寝直し









と、ここで突然ですが今回初出動となったコールマンのテント「ツーリングドームST」なんですが、前室の広さ、価格、前のテントのフライシートの耐水性能の低下等があり買い替えたんですが、実際に使ってみての感想を。



まず、実寸を測るために前に一度組んだ時にも見てましたが、長辺の両サイドがメッシュ仕様。



当然通気性は抜群なんですが、頂点部分にもメッシュの通気口があり、湿気抜きに一役買っています。



で、そのフライシートなんですが、オプションで買い足したポールを使うと前室が更に広く使えるんですが、その他にも恩恵が。



前のテントと比べてインナーテントとフライシートとの隙間が若干開いているようで雨音が室内に響かないんです!



これはなかなか快適で、朝までぐっすり寝られましたよ!安くてイイテントを探しているならおススメですね!



ただしちょっと重いのが難点ですが でも、クロスカブのフロントキャリアに積んでもほとんど気にならないのでバイクツーリングならそれほど問題はないでしょうね



後はお好みでペグを、ハンマーは100円ショップのゴムハンマーがイイと聞いてて今回使ってみましたが、バッチリでした!









…かなり脱線しちゃいました



朝になると、雨はすっかり止んでなかなかの心地よさお湯を沸かし、朝食の準備にかかります。

















イメージ 1




ホントはコメを炊きたいところですが、後片付けの事を考え、いつものカップラーメンで簡単に済ませちゃいました



本来であれば、急いで出発…と行きたいところですが、前日に秘密の取引があったため、一緒にキャンプ泊したS根さんとしばしダべリング









8時を過ぎたところで、「そろそろ行きますか?」



前日に下見していたのと、スマホナビのおかげで順調に到着。結構な台数がいるかと思いましたが、ぶいよんクロスカブで15番目、S根さんが16番目でした

















イメージ 2
イメージ 3




皆さんキレイな、そして個性ある改造を施し、且つ軽装なカブばっかりですぶいよんクロスカブ号のような重装備のカブはいません



一通りご挨拶を済ませた後、この日のためにSDカードまで買ってきたデジカメを持って撮影開始。




















イメージ 4




ガールズ&パンツァー仕様のリトルカブ。いわゆる『痛バイク』ですが、よくよく見ると限定カラーのリトルカブで、ひょっとしてホイールは55周年記念限定車のホイールかな?ヘッドカバーにしても、くまモンキーの赤ヘッドに交換されています。社外パーツは見当たりませんが、見どころいっぱいでした ナンバーも大洗になっているのがツウですね 分かる人にしか分からないネタですが、原付ナンバーならではですね



イメージ 5



自作トレーラー付きのカブカスタム。繋いだところの写真は撮れませんでしたが、これもアイデアいっぱいのカブでしたね ただ、連結の仕方を見ると小回りはどうなんでしょうか?気になる所です。



イメージ 6



今回の主催者のサトさんのカブと、元の色が???だったクロスカブ。どうやら赤がベースのようですね やっぱりオフタイヤもイイなぁ…



イメージ 7




かなりふる〜いカブ2台。クラッチカバーの形状から手前の方が古いかな?注目は、なんといってもこれまた古い雰囲気を醸し出しているリヤボックス。このボックスが似合うのはこのスタンダードな形状のカブですね



イメージ 8




弘前から参加のカブクロッサーと極太タイヤ&ハンドシフト仕様の2台。流石に自走は無理そうですが、車載してでも来ていただけたのが素晴らしいですね!数年前までこんなに綺麗ではないですが、カブクロッサーが2台ほどあったんですが、処分しちゃってて、今思えば勿体無い事したなぁ…orz



イメージ 9




ヒヨコのボックスが気になったリトルカブ。これも55周年記念限定車ですが、ほぼノーマルに近い状態。排気量もノーマルのようで、これで一番遠い所から参加されていたとの事 往復30時間、との事ですがバイクも人ももつのが凄い! よくよく見ると、右隣のカブは郵政カブなんですね ハイグリップタイヤを履いているので、走りの方もアツいんでしょうね



イメージ 10
イメージ 11




出ましたC100 元々は公用車だったんでしょうか?実用性重視?なのか、キャブが違うものがついていました。革巻きのグリップもシブ〜いのが付いてて気になる1台でしたね



イメージ 12




こちらもC100 こちらはキャブは元よりグリップやステップゴム等も当時モノでした。レンズも色褪せ無くかなり状態のイイ1台ですね



イメージ 13




こちらはワンちゃん専用車?と化したカブですね 帰りに偶然後ろを走っていましたが、大人しく乗っていてたまに顔を出していたのが可愛かったですね









第二部へ続く…














カブ街ろまん 前日編


どもぶいよんです 北上からなんとか帰ってきましたが、ちょっとお疲れです



でも、ネタが新しいうちにUPしたかったので頑張って、まずは前日から。









やっぱり、朝になってバタバタ さらに追い打ちをかけるように娘の送迎も重なり、荷物を積み終えたのが9時過ぎ
















イメージ 1





びふぉ〜

















イメージ 2





あふた〜



これで立派な旅人に変身です









ルートは、R7を南下、碇ヶ関から峠越えでR282へ。



一人気ままな道のり、という事もあり、FMでも聞きながら、なんて準備したインカムですが、ことごとく電波拾ってくれません



Bluetoothでスマホからは飛ばせるんですが…

















イメージ 3






休憩がてらいろいろやってみましたが、ダメでした



このまま山を越え、道の駅「かづの」で休憩後、盛岡市内で給油



距離にして130kmくらいでしたが、大荷物で山越えしたため思ったよりも消費してました









あまりの暑さのため、単独で走ってる時はほとんど飲み食いしないんですが、せっかく盛岡にいるというのもあり、盛岡冷麺でも…なんて思い、どこかに入ってみようと探しながら走りましたがなかなか見つけられず、気付けばもう市内を通過



食べ損ねちゃいました



仕方無くまた走り続け、気付けばもう…
















イメージ 4




道の駅「石鳥谷」



あともう20kmも走れば目的地のキャンプ場 しかもこの時点で未だ午後3時…



あまりに早く着いちゃいそうなので、急遽目的地を変更、ミーティング会場の下見に向かいます









…下見には来たものの、特にする事も無く、キャンプ場へ。スマホナビで誘導しているので特に迷う事無く着いちゃいました



キャンプ場には大型バイクが1台。ファミリーキャンパーがいる他にはカブっぽいバイクは見当たりません



このままではまた一人キャンプになりそう…設営を始める前に今回のミーティングを主催したサトさんに連絡。すると、間もなく来てくれるそう! これは嬉しいっ









サトさんが到着するまでの間、設営開始。釣りでもバイクでもなんでもそうですが、新しいものを使うのはワクワクしますねっ
















イメージ 5




設営完了 テントも一度練習済みなので、手間取る事無く組み立てられましたが、エアーマットだけは予想外で持って行った空気入れが合わず、急遽口で入れることに…



10回ほどでパンパンになる…みたいな事をどこかで見かけましたが、6回目辺りで目まいが…



飲む前に酔いそうな雰囲気なので2回ほど入れて終了 そういや、腹も減ったまんまだ…



軽く食事しようと準備していると、サトさん到着〜

















イメージ 6




7、8年ほどお会いしてなかったでしょうか…全然お変わり無く元気なサトさんと再会を果たせました\(^o^)/



募る話をしていると、福島からのカブ乗りさんが到着!これで一人寂しい夜にならずに済みました!
















イメージ 7





再会と初顔合わせ、翌日のミーティングの成功を祈願して乾杯し、カブ談義に。途中、サトさんは所用で帰っちゃいましたが、福島から来たS根さんと前夜祭を楽しみました!



翌日の事もあり、早目の就寝となりましたが、やや興奮気味のぶいよんはその後もテントの中で



当日編は明日にでもUPします 今日中に書ききれそうにないもんで…












.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事