読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

書評100 太宰治

『太宰治全集4』

(ちくま文庫、1988年)


書評92:『太宰治全集3』からはや三ヶ月、やっと二冊目の太宰治全集の書評。先は長い。


【著者紹介】
だざい・おさむ (1909─1948年) 作家。本名、津島修治。
青森の名家に生まれ、東京帝大仏文科に入学するも、講義についてゆけず中退。学生時代から作家を希望するが、自殺未遂を繰り返す。1935年、『逆行』が第1回芥川賞候補。結婚後流行作家となったが、1948年、玉川上水に愛人と入水心中。
主な作品に、『晩年』、『女生徒』、『思ひ出』、『走れメロス』、『女の決闘』、『東京八景』、『新ハムレット』、『駆込み訴へ』、『老ハイデルベルヒ』、『正義と微笑』、『富嶽百景』、『右大臣実朝』、『津軽』、『新釈諸国噺』、『お伽草紙』、『パンドラの匣』、『ヴィヨンの妻』、『斜陽』、『人間失格』、『桜桃』などがある。
過去に本ブログで取り上げた作品に、書評87:『畜犬談』書評92:『太宰治全集3』がある。


【収録作品】
きりぎりす/ろまん燈籠/東京八景/みみずく通信/佐渡/清貧譚/服装について/令嬢アユ/千代女/新ハムレット/風の便り/誰/恥


お薦め度:★★★☆☆

【本書の感想】

<全体の感想>
全集読破の先は長いが、太宰の全集はそれを苦に感じさせないのがすごいところである。

私が太宰全集を読んでいるのを見た人は、必ず「ああ、『人間失格』ね」とか、「そんな暗い小説読んでるの」という反応を見せる。私自身も全集を読み始めるまではそうだった。ところが読んでみると…という話は『全集3』の書評で書いておいた。

今回も『全集4』の中で気に入った作品をいくつか紹介したい。


「きりぎりす」
その女性が愛したのは、唯我独尊を地で行き、売れないが好きな画ばかりを描く孤高の画家であった。慎ましくも暖かい家庭を夢見て、周囲の反対を押し切ってまで結婚した二人だったが、画が売れるようになってから夫は変わってしまう。俗世間に汚されてしまったのである。評論家の目を気にするようになり、金のことをうるさく言うようになった夫に、妻は愛想をつかした。

あなたは、きっと間違っております。わざわいが、起こってくれたらいい、と思います。けれども、やっぱり、悪いことは起こりませんでした。……人間の誇りが、一体どこへいったのでしょう。お別れ致します。(「きりぎりす」23項)

心の芯をえぐるような女性の視線は、男にとっては痛すぎる。この作品はそれをリアリスティックに描写して余りある。こんな女性的な作品を、太宰はよく書けたものだと思う。


「東京八景」
太宰治がその半生を綴った、限りなく真実の告白に近いであろうと思われる自伝的作品。女性との入水心中未遂や、底の見えない自己嫌悪と自堕落、さらに事実上の処女作「晩年」の創作課程など、この作品執筆当時までの半生が赤裸々に語られる。

実家が裕福であることへの負い目、初めての結婚と妻に対する罪悪感、無気力な書生生活、妻の背信とそれ以上の自らの無責任…。これらのモチーフは多くの太宰作品に繰り返し現れるテーマである。これらが「自伝前編」とも言えるこの作品に早くも見られることは、それが太宰の人と文学をどれほど深く縛っていたかの証左であろう。

そしてそこに私は共感したり、太宰をなだめてみたり、反面教師にしたりしながら読む。
印象的な作品である。


「令嬢アユ」
これも私の中では新しい太宰作品だった。今までも様々な側面を見せてくれた太宰だが、これはちょっとしたショート・ミステリーになっているのだ。まるで書評86:『どたん場で大逆転』に収められてもおかしくないような作品である。
うだつのあがらない友人が旅行先で得た、アユという女性との出会い。そして密かに想いを寄せるが…。

ユーモア作家、女流文学者、自堕落な冷笑主義、温かい人情家、はたまたミステリ作家…
太宰はいったいどれだけの顔を持っているのであろうか?

閉じる コメント(16)

アバター

「きりぎりす」は印象的でした。それから大三元さんがあげたもの以外では,「清貧譚」もけっこう好きです。なぜか恥ずかしく感じてしまうんですけど,太宰治全集は,たしかに長さを感じずに読めますね。

2007/11/28(水) 午前 4:57 NONAJUN

顔アイコン

>NONAJUNさん:「清貧譚」もよかったですね。怪奇譚とも、ショート・ホラーとも表現できるような作品でした。
一方で「きりぎりす」は男の傷をえぐるような痛さを感じました…。男にもこんな作品が書けるんですねぇ。

2007/11/29(木) 午前 0:16 大三元

あまり知られていない作品で面白そうですね〜。
読んでみたくなりました。それにしても、全集物を全部読破しようとする大三元さんの姿勢、尊敬です^^

2007/11/29(木) 午後 7:20 XXcXiX

顔アイコン

>きいちごさん:この巻に収められているものでは「新ハムレット」が最も有名でしょうか。太宰は有名な作品以外でも面白いものが多く、全集を紐解く価値のある作家だと思います。

2007/11/29(木) 午後 11:00 大三元

顔アイコン

わ〜ん、どんどん先に行かれてしまふ…(笑)。「きりぎりす」と「新ハムレット」はとても印象に残っています。特に「新ハムレット」は、シェイクスピアの原作の後に読んだので、非常に胸がすっきりした覚えがあります。昔の記事ですが、TBさせてくださいね〜。やっぱり太宰全集、買おう(笑)。

2007/11/29(木) 午後 11:28 mepo

太宰作品はまだ2冊しか読んでいません。しかも本当に若い頃ずい分と背伸びをしながら読んだ記憶があります(笑)人生経験を積んだ今ならきっとまた違った太宰の側面を垣間見ることができるかもしれません。もう一度読み直してみたくなりました。ちなみに息子さんの舞台は素晴らしかったですよ。

2007/11/29(木) 午後 11:33 [ カフェっち ]

顔アイコン

>mepoさん:ちくま文庫の『太宰治全集』は一冊1000円程度と高いので、できるだけ古本で探すことをお薦めします。ただあまり出回っていないのが難点。
実は本巻に収められている作品中「新ハムレット」だけ未読のままとってあります。というのも、まだ『ハムレット』自体を読んだことがないからなんです。オリジナルを読んでから「新ハムレット」を読もうと思っていますので、それまでトラバはしばしお待ち下さいませ。

2007/11/30(金) 午前 0:17 大三元

顔アイコン

>cafeさん:昔は太宰というとやはり『人間失格』や『斜陽』のイメージが強かったのですが、全集を読むと実は多彩な顔を持つエンターテイナーであったことに気づかされます。息子さんの舞台というのは太宰治の息子さんですか?舞台をやっているとは初耳でした。調べてみます。

2007/11/30(金) 午前 0:23 大三元

顔アイコン

そうですね、原作を読んでから「新ハムレット」を読んだ方が断然面白い気がします。おお、大三元さんの「ハムレット」の感想も楽しみですね。私もそろそろ四大悲劇の読み残し、「オセロー」を読みたいところです。1冊\1000か…、ちょっと考えよう(笑)。

2007/11/30(金) 午前 8:55 mepo

顔アイコン

100書評達成ですね♪おめでとうございます!

2007/11/30(金) 午前 8:56 mepo

お〜!どんどん進んで行っちゃいますね〜。
太宰が書く、女性目線の小説は、どうしてこんなにリアルなんでしょう?
って不思議になります(^^)
やっぱりあつぴも全集を買うことにします。
「新ハムレット」読んだことないんですよ〜(><)

2007/11/30(金) 午後 0:33 ビール大好きあつぴ

顔アイコン

>mepoさん:そうなんですよ、あんなに有名なのに読んだことがないんです…。世の中にはそんな本がまだまだたくさんあって困っちゃいますね。

2007/12/1(土) 午後 11:24 大三元

顔アイコン

>mepoさん:ありがとうございます!100書評というのも一つの区切りですね。松岡正剛ではないですが、1000までいけたらすごいなぁと思います。

2007/12/1(土) 午後 11:28 大三元

顔アイコン

>あつぴさん:やはり女性が読んでも、太宰の描く女性の目線はリアルなんですね。男にとっては、本物の女流作家の作品より読みやすいのでありがたいです。
『太宰治全集』はちくま文庫から全10巻で出ていますが、少々高額なので古本で探すことをお薦めします〜。

2007/12/1(土) 午後 11:42 大三元

顔アイコン

右大臣実朝・・・太宰が自分の人生観、美観を、実朝の人生、生き方、状況と重ねて描いている熱を感じました。

太宰は時代歴史小説の名手ではありませんが・・まず、こういうものを描く場合、技巧は別としても、そういう共感が大事なのかもしれないと、感じました。

独特のカタカナのセリフも、朗らかとしながら、滅びの悲しさを感じます・・・。

2010/11/15(月) 午前 8:32 [ トリケラku_ma_sa_n ]

顔アイコン

>MASAHIKOMさん:初めまして、コメントありがとうございました。
「右大臣実朝」は、残念ながらまだ読むことができていません。
でも面白そうな作品なので、読むのを楽しみにしています。

2010/11/15(月) 午後 11:06 大三元

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事