読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

室井の名言

 
イメージ 1
 
 
「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きてるんだ!」
 
これは紹介するまでもなく、『踊る大捜査線』で青島(織田裕二)が叫ぶセリフです。
『踊る』は何となく観ているうちにだんだん好きになってきたシリーズで、日曜日に放映された
TV版ファイナルも観てしまった。
 
先週、本当のFINALが公開されたそうですが、この記事はその宣伝ではなく、ちょっと 別の話。
 
 
上に引いたセリフが一番有名だと思うけど、シリーズを通して私が一番好きなのは、青島の上官
であった室井(柳葉敏郎)のセリフです。
 
「私と君とでは、立場が違う。君は現場で被疑者を追う。私は上に行って、現場の君たち
動きやすいような警察を作る。」
 
みたいな感じだったと思う。(一番好きとか言っといて正確じゃなくてすみません)
 
お互いが理解し合った上で、それぞれの立場で、それぞれの人生でやれることをやる。
そういう考え方が、私の仕事観にビビッと来たんですね。
 
こういう思想はシリーズ全編に通底しており、そこに共感・感動した日本人も多かったと思います。
だからこれだけヒットして、社会現象にまでなったんだと思う。
 
 
そうであれば。
なぜ世の中の会社はそういうふうにならないんだろう、と思うんです。
室井のセリフと生き様に共感し、青島が流す血と汗に感動するメンタリティを持つ日本人
たくさんいるのに、なぜ現実の会社はそういうふうにならないんだろうと。
 
もちろん、会社は同じ価値観を持つ人間だけで構成されている訳でもないし、そんな会社
気持ち悪い。
人間が集まって組織になれば、一人ひとりの思いの総和とは違う結果が生まれることも理解
できる。
でも、『踊る』に感動する感性と、現実の行動の矛盾というのは、日本人(とその組織)の精神
構造を考える上で、非常に面白いと思うんです。
 

閉じる コメント(14)

顔アイコン

「できないからこそ、惹かれあこがれる」。。。

BUt!あこがれだけに終わらせないぞ!と行動に移そうとしている人も案外いるのではないでしょうかね、特に若者世代では^^
そういう芽を摘み取らないようにするのが、私たち世代の役割だと思うのですが、なかなかむずかしい。

組織に対する甘えが非常に強い国民だと思います。

それは個々の考えをぶつけあって成長していくという過程、好機が、家庭でも学校でも少ないからでは?
そんな風にふと思いました。

2012/9/11(火) 午前 11:56 凛さ

現実と理想のギャップに苦しんでいた…ってことですね

人間なんて平等と言ってはみたものの
平等なのは基本的人権だけですものね

いやぁ踊るは人気ですなぁ!(b^ー°)

2012/9/13(木) 午前 1:29 ビール大好きあつぴ

顔アイコン

>凛さん:組織に対する考えが甘い日本人、その通りかもしれません。
しかし、これも鶏と卵みたいな話で、個をぶつける習慣がないからこんな組織ができてしまうのか、こんな組織だからそういう習慣がないのか。同じことを言ってるのかもしれませんけど。

2012/9/16(日) 午後 4:39 大三元

顔アイコン

>あつぴさん:確かに〜!でも、基本的人権さえ平等でもない国がある一方で、こういうジレンマに悩む20代がいると考えると、人間の社会も長い年月で相当進歩してきたんだなと改めて感じますね。

2012/9/16(日) 午後 4:42 大三元

顔アイコン

私も昨夜の映画を見てました♪
小泉今日子、、、凄い!!!(笑)

立場って、、大事だと思います。。。
自分の立場が明確に解っていれば、仕事もスムーズに行くと思うのですが、、立場があやふやだと、、なかなかまとまらないで、仕事もはかどらない気がします。。。
(*^-^*)/~

2012/9/16(日) 午後 8:18 さ ん ぽ

「踊る」。盛り上がってますねえ。
織田裕二にはずれなしという感じで、ほとんど見てます。
(ただのファン?)
理想と相容れない現実ってありますねえ。
というかそんなことばっかりですよね。
先日見た「スーパーチューズデイ」も中性をモットーにした方が、脅迫を持ち出した青年に負けてしまうんですよね・・・

2012/9/17(月) 午後 0:42 ちいず

顔アイコン

私も室井さんのこの言葉には当時、共感したのを憶えています。これに共感するのは大多数の「下で働く者たち」で数少ない「上の管理する者たち」には響いていなかったり...。

2012/9/18(火) 午前 0:20 [ ちいらば ]

顔アイコン

集団や組織のいやな麺ばかり見せられてきました。
足の引っ張り合いとかいじめとか。
日本茶インストラクター協会のようなゆる〜いところは
深くかかわらないおつきあいが可能だからイイデスケド・・・

2012/9/21(金) 午後 9:17 [ pilopilo3658 ]

顔アイコン

>さんぽさん:小泉今日子ってことは、『容疑者室井慎二』でしょうか?あれも名作ですよね。日本の組織は、立場というものを考えるとものすごく難しいです。アメリカ流の方がはっきりしてますよね(いい悪いではなくて)。

2012/9/21(金) 午後 9:55 大三元

顔アイコン

>ちいずさん:ちいずさんも『踊る』ファンなのですね!お仲間がいて嬉しいです。織田裕二を漏らさず観ているということは、『アマルフィ』も?あれ観てみたいんですよね。
でも、アメリカ映画なんかは、勧善懲悪ものが多いですから、違う結末のものもありそうですけれどね。

2012/9/21(金) 午後 10:08 大三元

顔アイコン

>ちいらばさん:でも、ですよ。現在の上の人間に響いていなかったとしても、これだけ大多数の日本人に支持されているということは、少なくとも下の人間には同志が多いはず。であれば、そういう下の人間に支持された室井みたいな人間が上に上がっていく可能性もあるはずでは?と思っているのですが。そうはならないんですかね。

2012/9/21(金) 午後 10:11 大三元

顔アイコン

>あおちゃんさん:目的があやふやな、しかし図体だけ大きい組織になると、一番やっかいですね。大企業のような。

2012/9/21(金) 午後 10:12 大三元

あ、「中性」→「忠誠」でした・・・

2012/9/22(土) 午前 0:04 ちいず

顔アイコン

>ちいずさん:ありがとうございます。ところで『踊る』最新作は観られないのですか?私も機会があれば観たいと思っているのですけれど。

2012/9/28(金) 午前 1:48 大三元


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事