読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

郵政解散再び!

ここ数年政治への興味が薄れてきていましたが、たまたま政治関係の本を読むことになった
ところへ、タイムリーにも解散総選挙の日取りが決まりました。
 
非常に興味深かったのは、最も劇場型政治から遠いと思われている野田首相の衆院解散へ
持ち込む手法が、かの小泉元首相が圧勝に持ち込んだ「郵政解散」に酷似しているという
事実。
これには、肯定的評価と否定的評価があります。
 
 
まず政局の手法としては、単純に上手い。
郵政解散の時は、小泉首相が自らの信念である郵政民営化を全面に押し出し、「郵政民営化
にYesかNoか、国民に問いたい」としました。
つまり、本来多元的なはずの総選挙の争点を郵政民営化一本に絞り込み、しかもそれに反対
する党内勢力をも“抵抗勢力”と呼び敵に回すことによって、「古い自民党をぶっ壊す正義の
担い手」としての自分を演出することに成功しました。
これに対し野党は、構造改革を象徴する郵政民営化には反対できず、それ以外のアジェンダ
も争点にできないまま、結果として存在感を見せることなく惨敗しました。
 
一方今回の野田さんの発言も、「特例公債と一票の格差是正にYesかNoか」と、Yesと言わ
ざるを得ない選択を迫り(国民に対してではなく野党に対してですが)、野党がどう答えても
Yesを最も体現するのは自分たち与党だ、という構図になるようになっています
このまま選挙に突入しても、野党がこれから争点を作るのも難しく、「特例公債と一票の格差
是正を推進する野田首相にYesかNoか」という選挙になってしまいます。
野田さんにしては歯切れ良く、弁舌では分のある安倍に対し決断を迫った党首討論も、小泉
人気の理由の一つである決断主義を思い起こさせます。
 
こういった手法は、複雑な政治を単純化しているとかポピュリズムとか批判はありますが、
本当に大事な政策を推進する際にはこういった一大決断が必要な場合があり、その是非を
選挙で国民に問う、というのはむしろ正統な「政治」だという側面があることも忘れてはいけ
ないでしょう。
 
 
そこで問題は、その問うべきアジェンダが総選挙のオンリー・ワン・イシューとして適切かどう
かという点になります。
郵政民営化に関しては色々問題がありながらも、やはり「改革の本丸」とも言うべき戦後政治
レジーム改革の重要課題だったし、民営化は基本的には正しかったと思っています。
 
翻って今回の野田さんですが、「特例公債と一票の格差是正」では有意義な争点になりえ
ません。各論は措くとしても、基本的な方向性は当たり前過ぎるからです。
国政に関する重大なアジェンダは他にたくさんありますが(領土問題、社会保障、原発…)
今回の総選挙でそれらがきちんと議論されるかは非常に疑問。
 
そういう意味で、“国民に信を問う”という意味での選挙にはならないが、逆にそういう形の
解散に持ち込んだ野田さんは顔に似合わずやり手だな、という印象です。
 
余談ですが、ちょうど10年前、まだ学生時代だった頃に、まだ無名の野田さんとご飯を
食べる機会があったのですが、ただの中間管理職サラリーマンみたいな人だなという印象
でした。
それが、小泉元首相の政治手法をまねるところまできた。
変われば変わるものですね。
 

閉じる コメント(12)

顔アイコン

中国の共産党ニュースでは連日、野田さんは日本混乱の象徴のように紹介されますけれど、それだけ厄介なやつと思っているのかもしれませんね。彼にくらべると石原慎太郎は美味しい餌食みたいな扱いです。

2012/11/15(木) 午前 7:28 蓮

内政のゴタゴタは今に始まったことでもありませんが、
領土問題で紛糾している諸外国に対しては
一定の効果があるのかも知れません。

野田さんは弁舌爽やかであるけれど
若干訥弁(?)の安倍さんの方に信頼感が
持てるような気もします。

2012/11/15(木) 午前 9:53 みかんジュース

顔アイコン

普段ならともかく、あの党首討論は野田さんが圧倒していましたね。乾坤一擲、というところでしょうか。郵政解散は国民に判断を突きつけて勝利を得る手段としたのに対し、今回は野党(自民党)に判断を突きつけ、自らの身は捨てた(敗北覚悟)の戦いであります。勝ち目はないのは衆目の一致する所。如何に負けを少なくするかですが、それよりも私は如何に民主党の不穏分子を追い出すか、の方が野田さんの目的かと思います。これでたとえ議員数が半減どころか1/3になっても残った勢力が次期民主党の命運を握るかと思います。私は有象無象の「にわか第三極」よりこちらに期待したい。今回どこに入れるかは別として。

2012/11/15(木) 午前 11:10 [ kohrya ]

顔アイコン

GHQが確認した信濃守様への手紙

94年から松戸市などの新聞販売店の協力で第2・4(日)に発刊し
柏市教育委員会の後援の下に月一回の活動を行って来た=森の講座=は
自然環境研究センターの千石氏など3氏に由る記念講座から受講されている
省庁に都と皇宮や赤旗・聖教・リビングの代表や建設から宗教、皇室の代表などに
防水元請会社の営業の糸屋が企画委員会事務局長として特別講座で
金融機関や労政事務所などと取組み杉並区で扱った行倒保護の手法や
連鎖倒産防止問題と不正競争防止問題などと
=糸屋の売出=に協議会の発足に伴う
=糸屋の銭洗い募金販売会と市清算会=に=大根焚と(粕汁)冬の味覚の接待会=の件と
ISO9000問題に建設現場で取組でいる施工・請負・労働問題などを受講され
96年晩秋頃には3万6千部に成っていました。

無国籍(国際)監視対象人とは朝鮮半島で1870年代に英国、中国、日本などに
親子関係や男女も申告せず陸稲を食ていた族で有る事を御存知ですか。
=民族を明かにしない国は極少数の筈です=

2012/11/15(木) 午後 5:33 [ 関東取締出役 ]

顔アイコン

久しぶりの政治談義。大三元さんのご意見に興味津々で読ませていただきました。今日は、解散の瞬間に立ち会えました。(テレビですけど)

2012/11/16(金) 午後 9:28 miffy_toe

党首会談前に野田首相が、いろんな逆風に対し、一発でひっくり返してやると周囲に意気込んで臨んだとか。
なかなかインパクトのある場面ではありました。
ただ、原発、消費税、外交など大きな争点が山積みで、郵政の時のように特例公債と一票の格差是正がそこまで大きな争点にはならない気がします。
もっとも争点はどうあれ、かなり気分的な部分で票の動向が決まってしまうところはおおいにあるので、マスコミがどんな誘導をするかが大きなカギになるかとは思います、、、残念ながら。

2012/11/17(土) 午前 5:10 オブ兵部

顔アイコン

>蓮さん:そうなんですか、それは知りませんでした。全く相手にもされてないもんだと思ってました(笑)。
某元都知事は、本人が自称する通り妄想老人なので措くとしても、なかなかそこまでのインパクトある政治家が出てこないのも実態です。

2012/11/17(土) 午後 11:03 大三元

顔アイコン

>みかんさん:安倍さんはどうでしょうねえ。一度病気であんなことになっちゃって、また首相に…というのを国民がどう見るでしょうか?訥弁は訥弁かもしれませんが(笑)

2012/11/17(土) 午後 11:05 大三元

顔アイコン

>こーりゃさん:どうでしょうねえ、民主党敗北必至かというと、そうでもないと思うんです。民主党も頼りないが、自民党はもっとダメだという、自民党政権時代に繰り返してきた消極的選択を繰り返すような気がします。
私は元祖第三極、みんなの党に地味に期待してます。

2012/11/17(土) 午後 11:08 大三元

顔アイコン

>関東取締出役さん:はじめまして、コメントありがとうございました。

2012/11/17(土) 午後 11:09 大三元

顔アイコン

>すてさん:自分が忙しいと政治や社会のこともそっちのけ、みたいになってしまいますからね。でも今回の選挙は政権交代後の民主党への通信簿だと思いますので、結構興味深く見ています。

2012/11/17(土) 午後 11:10 大三元

顔アイコン

>オブ兵部さん:もちろん、そっちの重要問題が争点になる方が望ましいのですが、どうですかね。ああいう解散のやり方をした以上、そこも争点にしないと何で解散したの?っていう話になりますし。
マスコミには、揚げ足取りではなくまともな報道を期待したいです。

2012/11/17(土) 午後 11:12 大三元


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事