読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

アメリカ文学/映画というもの

つい最近、アメリカの小説と映画を続けて観賞して、思ったことを書き残しておきます。

それは、なぜアメリカ文学/映画ではほとんどのモチーフが「酒、ドラッグ、女、セックス、同性愛、殺人、暴力、離婚」なのかということ。

例えば映画『華麗なるギャツビー』は、ギャツビーの過剰なまでの純愛が破滅へ突き進むプロセスを描いており、観る者はギャツビーに寄り添うニックに共感します。「過剰なものに惹かれ、愛でる」という心情はおそらく世界共通なのですが、それを映画として表現する際の道具がこの映画では「酒、女、殺人」でした。

ピュリッツァー賞を受賞した書評272:『オリーヴ・キタリッジの生活』も、アメリカ文学にしては割と淡々とした筆致で、田舎町を舞台にした庶民の生活を描いているということもあり、表面上は『ギャツビー』ほどの華やかさはありません。むしろ、人生の渋味を味わうための地味な小説です。ところがこの作品にして、小説を構成する材料になっているのは「酒、暴力、離婚、強盗」です。


確かに、こういった「アメリカ的モチーフ」は文学/映画の題材になり易い。そのため、ほとんどのアメリカ作品ではそういうものが出てくる。しかし、過剰なものを愛でるとか、田舎町のあれこれを描くとか、そういう文学/映画をつくるときに、必ずしもそういったモチーフを使わなくてもいいわけです。
では他の国の作品はどうか。例えば、フランス映画なんかでは日常生活をダラダラと続ける映画がたくさんあると思いますし、イギリス文学の伝統に掉さす名作書評54:『日の名残り』は『オリーヴ』と同じテーマを扱いながら、アメリカ的モチーフは出てきません。
そもそも、変人奇人を愛し、その伝統の中で涵養することにこそイギリス文化の最大の特徴があります(書評77:『イギリス的人生』参照)。

つまり、アメリカ文学/映画で表現したいことは(程度の差こそあれ)普遍的なのに、その表現方法にアメリカ作品の特徴がある。


この、アメリカ的モチーフの出現頻度がアメリカ作品に極端に多い、という現象はなぜ起こるのか。
単純に、アメリカでは他の国よりもそういったものが日常に根付いているということなのか。

今後とも考えていきたいテーマの一つです。

閉じる コメント(10)

なんでしょうね、アメリカ文学/映画って。私の中では「酒、薬、精神科医のカウンセリングに頼る感じ」でしょうか。歴史の浅い国で、精神的拠り所に欠ける…とよくあおちゃん様が仰っていますが。
現代アメリカには興味がないのですが、開拓時代〜「華麗なるギャツビー」のジャズエイジは興味深いです。禁酒法下のユダヤ系ギャングを描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」なんか凄く好きでした。アメリカンドリーム的なものは嫌いじゃないです。(だいたい夢潰えて、虚しかったりしますが…)
アメリカの作家で好きなのは『ライ麦畑でつかまえて』のサリンジャーですが、繊細すぎて、早々に社会との接触を断ってしまいましたからね。精神的に何かきつい社会なんだろうな…と思ってしまいます。 長文失礼しました。

2013/7/15(月) 午後 6:11 ぼやっと

顔アイコン

そうですか。
ぼくはアメリカ人とつきあった機会も少なく、アメリカ文学もほとんど読んでいないのですけれど、彼らは日本人に、彼らの文学は日本文学に、案外、近いのかな、という思い込みがあります。彼らの気の弱さは日本人に近いのかなと思ったりして。
たまにはアメリカの小説を読んでみようかな。

2013/7/15(月) 午後 7:16 蓮

顔アイコン

大三元さんがおっしゃるとおり日本やヨーロッパは繊細で日常生活やありふれた人を描写する作品が多いですね。アメリカはドラマチックというか極端でないと受け入れられない土壌なのでしょうか。私はアメリカ文学はカポーティ「冷血」SFの古典ハインライン「夏への扉」やダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」位しか読んでませんが「アルジャーノン」はぜひお勧めしたいです^^

2013/7/16(火) 午前 10:24 [ - ]

自由主義陣営の先頭を走るアメリカにとっては
「自由」を勝ち取るために「ストレス」が必要悪のようで
車の両輪のようにも考えます。
明治以来「自由」に目覚めた日本社会にも
同様の苦しみが見え始めようとしています。

2013/7/16(火) 午前 10:41 みかんジュース

顔アイコン

外国文学につきましてはとくにぼやっとさんや大三元さんの
読書量に追いつけないので、軽々しく持論を述べるのは避けたいと
思いますが、内田樹氏のアメリカ論になるほど、と思ったことが
あります。
そろそろ読書、再開して、いろいろ考えたいです。

2013/7/16(火) 午後 9:46 [ pilopilo3658 ]

顔アイコン

>ぼやっとさん:アメリカ文学論は、たしか小谷野敦も書いてサントリー学芸賞をとってたような気がするのでいつか読んでみたいと思ってます。言い古されたようなテーマだな、と思いつつ書いた記事なのですが。
ジャズエイジといえば村上春樹ですね。どうも、私はこのあたりのバブルっぽさが村上春樹を敬遠している理由のようです。文学に対する考え方などはかなり近いということが最近わかってきました。
バブル的なものとアメリカンドリームは別物だと思うんですが、どうでしょう。私もアメリカンドリームは嫌いじゃないです。
精神科医に頼るという意味では、カウンセリングが発達していて日常に根付いていることもあるでしょうね。そう考えると結論はやはり「アメリカ的モチーフが日常に根付いているから」ということでしょうか。

2013/7/17(水) 午後 10:37 大三元

顔アイコン

>蓮さん:私にとって、今まで読んだアメリカ文学の最上作品はヘミングウェイの『老人と海』です。ハードボイルドなおじいちゃんのゴツい信念、筋肉質で無駄のないすっきりした文体は、いかにも古き良きアメリカという感じでした。
アメリカ人は日本人より感性がおおざっぱ、というイメージがあったのですが、『オリーヴ・キタリッジの生活』が評価されるということはそうでもないのかな、と思い直しました。

2013/7/17(水) 午後 10:49 大三元

顔アイコン

>ちょいこさん:そうですよね、極端というか、表現の材料がいかにもアメリカらしいものが多いです。
『アルジャーノン』は実は子どもの頃の愛読書で、文体がグラデーションになっているところとか、子ども心に感心して読んでました。あれも精神科的な話ではありますが。

2013/7/17(水) 午後 10:52 大三元

顔アイコン

>みかんさん:「自由」と引き換えのストレス、という意味で言うと、アメリカ特殊なものというより近代そのものに内包された構造ですね。結局人間、ないものねだりをしますから。

2013/7/17(水) 午後 10:55 大三元

顔アイコン

>あおちゃんさん:内田樹といえば『街場のアメリカ論』ですか。これは読んだことないですが、内田の議論は不思議な説得力があって面白いと思ってます。逆に、その根拠は何なのか、どこからくるのかが謎で不気味ですけどね。

2013/7/17(水) 午後 11:00 大三元


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事