読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

田原総一郎と竹中平蔵の対談に無料で参加できる、と聞いたので行ってきた。
http://www.gaitame.com/seminar/tokyo_130907/



アベノミクスについて
田原)方向性は概ね正しい、後は三本目の矢・成長戦略をいかに軌道に乗せるかである。
竹中)現政府内にも既得権を手放そうとしない抵抗勢力は多い。安倍首相の覚悟が問われるのはこれから。

消費税について
竹中)今の段階で上げると宣言するのは時期尚早。しかし国際公約もあることなので難しい。

TPPおよび農業について
田原)JAが支持する族議員がTPPに反対しているが、やる気があって頑張っている農家はむしろ賛成の声が多い。
竹中)日本農業は競争力がないと言うが、路地野菜の関税率は今でも3%で、競争力は十分ある。コメはないから大規模化するしかない。大規模化できない山間農地は社会政策としてやればいい。コマギレ農地はかつての地主−小作関係から解放する意味があったが、今はもうない。


経済全般に関しては予想通りの話だったが、農業について興味を惹かれた部分があった。

田原発言は書評267:『さよならニッポン農業』で述べた「やる気ない農家問題」に符合するもので、健全な農業の発展とTPPは基本的に矛盾しないということがわかる。
「弱者を切り捨てるのか!」とテレビで叫んでいるおっさんは弱者ではなく既得権の代弁者だということ。

ただし書評234:『北の無人駅から』その2で見たような地域的な問題、個別作物種ごとの問題は、TPPのような国際貿易・外交問題の文脈というより、竹中の言う通り社会政策として考えるべきだと思った。

その際の視点として個人的に考えているのは
 悗気茲覆薀縫奪櫂麈清函戮濃愿Δ気譴拭屬いに土地を活かすか」という“土地の視点”
経済性度外視で文化的観点から後世に残すべきか考える“文化の視点” (例:棚田)
やる気がないわけではなく従来農業にアイデンティティを持つ人々をいかに包摂するかという“人の視点”

△鉢がいわゆる社会政策であって、これが欠けてしまうとまさに「弱者切り捨て」と取られかねないが、私も妙案があるわけではなく、なかなか難しいとは思う。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

里山農業をやっている者としてはたまに旅行に行くときに見る「広々とした田んぼに点在する休耕田」は何というもったいないこと、土地神様をなんだと思っている!と思います。こちらの農地はほとんど荒れ地になりました。わずかでも田んぼを作っているのは私一人になりました。みんな荒れ地になった元田んぼの草刈りで無意味な時間と労力を費やしています。ついでに猪と猿と鹿が跳梁跋扈しています。社会生活としての中山間地農業はコスト(国家予算)をつぎ込まなければ無理でしょう。その結果、蘇る棚田・・・が出来るという保障はありません。

2013/10/12(土) 午後 7:01 [ kohrya ]

顔アイコン

古来より「保護しなければならない産業」は滅びることになっています。中山間地の農業を趣味とし、その趣味を保護するために国家予算をつぎ込み、平地の農業は国際規格として保護の対象から外す・・・。出来るか?日本の農政?

2013/10/12(土) 午後 7:02 [ kohrya ]

顔アイコン

健全な農業とはなにかというのは難しいですね。農業は自然ととても近い産業なので、一度耕作放棄地にしてしまうと再びということが容易ではない中で、山間地で耕作放棄地がますます増え先祖伝来の土地を放棄せざるをえない高齢農家の現状にはもっとなんとかとは思います。
食料自給率の低さなどから考えても生きるのに欠かせない農業を守るというのは国の責務だと思うのですが、いかに既得権益的なものにひきずられることなく、新しい方向性を見出し強い産業によみがえらせるか。農業面での強いリーダーシップが待たれているのかもしれません。

2013/10/12(土) 午後 7:16 hazakura

顔アイコン

>こーりゃさん:「保護しなければならない産業」は良くも悪くも滅びる運命にあると思いますし、それが農家の努力不足だったりすればなおさらです。ただ、イタリア・トスカーナ地方のポプラ林や静岡の茶畑なんかは、その景観自体が文化遺産だと思うんですよね。そういうかたちで観光資産になれば本来の農業とは違う意味で経済性を保てるだろうし、そのことでその産業に携わる人々のアイデンティティを守れるなら、そういう方策もあるのではないかと思っています。

2013/10/20(日) 午前 0:41 大三元

顔アイコン

>はざくらさん:TPP反対を唱えているのは既得権を代表する族議員とJAで、やる気のある農家はむしろ賛成、というねじれ現象がこの問題の複雑さを表していると思います。
『さよならニッポン農業』の著者である神門さんなんかはアツすぎるくらい農業にアツい人ですし、視点も鋭いので、もっとマスコミに出て発言して欲しいと思います。

2013/10/20(日) 午前 0:53 大三元


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事