読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

これ以上財政出動による雇用改善は不可能

失業率について、『週刊東洋経済』に興味深い記事があったので覚書き。


◆リーマンショックで09年3月に5.4%まで上昇した完全失業率は、13年8月には3.8%まで
 低下したが、その後足踏みしている。一方で、新規求人数は増加傾向にあるなど経済
 環境は好転しており、失業率の足踏みと辻褄が合わない。

◆この背景には雇用のミスマッチがある。
  ・構造的失業:技能・条件など個別要件のミスマッチで生じる失業
  ・摩擦的失業:求職と求人の情報がうまく出会わないことで生じる失業
 景気がよくなっても解消されないこういった失業によって、失業率は常に一定の正の
 値になる。これを自然失業率という。

◆ニッセイ基礎研究所によれば、日本の自然失業率は80年代までが2%台で、09年代以降
 上昇し続け04年には4%に達し、その後高止まっている。つまり
  ・足下の失業率(3.8%)はほぼ自然失業率であり、これ以上の財政出動による雇用
   改善策は無意味
  ・自然失業率を改善するには、産業構造を現在の労働供給者(希望する条件・職種
   でないと働かない若者etc)に合せて転換しなければならない。







震災復興のため東北の建設業者が求人を出しても求職者が全く足りない、というのは
もはや有名なエピソードだが、同じことが平時から日本全体で起こっているということ。

記事は「産業構造の転換」と言うが、ではどうすればいいのか。
労働供給者が食いつくような産業の創出?
 ⇒ アニメ産業の活性化とかになるのだろうか?

閉じる コメント(6)

顔アイコン

あちこちに目を光らせていますね。

2014/1/19(日) 午後 7:24 蓮

顔アイコン

非正規社員を増やしても、失業率は下がっても
雇用の改善にはなりませんね。
私が今考えているのは
溢れる、老人労働力を結集し、生きがいのある
人生を、みんなで全うできないかと言うことです
ただ独力でやるのは、力不足。。。

2014/1/19(日) 午後 10:11 [ 佐賀県人 ]

顔アイコン

大三元さん、

私の考えとしては、財政出動はあくまでインフレのための対策で、
雇用創出にはつながらないでしょう。

それより、農業分野と医療の分野で規制緩和することの方が
雇用には有効ではないでしょうか。

無農薬や減農薬の世界一安全な農産物を作り、
とてつもなく高い値段で海外に売る。

これしか、50年後の日本の貿易赤字を救う方法はないと
思うのですが、やはり極論ですかね・・・

2014/1/21(火) 午前 4:13 [ gak*1*66* ]

顔アイコン

>蓮さん:昔は気になったことをブログに書き残すようにしていたのですが、最近やっていなかったので、できるだけ備忘録的に書くようにしていこうと思います。

2014/1/26(日) 午前 1:50 大三元

顔アイコン

>yyaegaki2号さん:はじめまして、ご訪問&コメントありがとうございます。最近は60歳以上になってもお元気な方は多いですからね。高齢者の活力をどう活かすのか、社会全体の課題だと思います。

2014/1/26(日) 午前 1:51 大三元

顔アイコン

>gakiさん:私もgakiさんと同じ認識です。農業・医療での規制緩和も必要ですね。昨年読んだ本の中では農業政策関係でヒットが多く、農業は安倍さんの言うのとは違う意味で成長産業だと思うようになったので、今後も注視していきたいと思います。あとは医療政策も勉強しようかなと思っています。

2014/1/26(日) 午前 2:04 大三元


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事