読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト ]

年末年始からずっと読書スランプが続いてきましたが、2月以降は好調です。
読めないときってどうしても気が散って読めないんですね。
特に影響が出るのが海外文学で、読めないときは全く入り込めない。
学術書なんかは淡々と読めますが。

最近はその不調も脱し、書評待ちの読了本も3冊ほど溜まっているので順次アップできると思います。


で、最近何を読んでいるかというと、何冊か発達障害/精神医学関係の本を読んでいます。

私は政治外交史出身なので、精神医学など実証が難しい分野は言葉が悪いですがマユツバに思える印象があり、あまり読んできませんでした。実際、日米関係に精神医学を応用して失敗してる人もいますし。


最近イメージが変わってきたのは、まともな精神科医のエッセイを読んでいると、精神医学は人間関係を大枠で捉えて6〜7割方当てる、ということに長けているような印象があるからです。
人間の性格や脳の機能の多様性からいえば9割当てるのは難しいのでしょうが、「概ねこういう傾向があるよね」ということは言えて、それが何となく当たっているような気がする。
そこを手掛かりに人間関係を色々考えることができる。

たとえば、斎藤環が色んなところで言っている「コミュニケーションが得意な若者は自己イメージが薄く、不得意な若者ほど自己イメージをしっかり持っている」ということ。
これは、他者とのコミュニケーションがうまくいかないと、何でうまくいかないんだろう、俺ってどこが悪いのかな、と葛藤するからですね。何となくコミュニケーションができてしまう人はそういうことを考えずに生きていけるわけです。

これはその通りだと思いますし、同じようなことに気付いている人も多いと思うのですが、そこにこういった「枠組み」を与えてくれると、考えが整理されるしその先へ色々広がりますよね。


もう一つ、これは詳しくはそれぞれの書評で触れますが、発達障害/精神病は、誰しもが持っている性格や脳や身体の機能不全、あるいはそれと社会との摩擦が極端に表れたものです。
ということは、人間一般に普遍的に言えることのエッセンスが詰まっていると見ることもできる。
一見関係ないように見える私たちにも、そこから学べることはたくさんあるはずだと思うのです。


と、今後の書評の告知も兼ねて。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

大三元さん、ご無沙汰しております。

学術書ですね。私の全く読まない分野かもしれません。
でも、精神科学分野の6〜7割論と言うのは妙に納得です。

しかし、なんでこんなにメンタルヘルス分野が
繁盛しているんでしょうね。
人は、急ぎすぎているのかもしれませんね。

そういえば、以前に読んだオリバー・サックスの
『妻を帽子とまちがえた男』も結構面白かったです。

2014/3/26(水) 午前 4:01 [ gak*1*66* ]

アバター

たぶん政治や外交も人間がやっている以上,心理的な要因が影響を与えているんでしょうし,近隣諸国への苛立ちや怒りを飼いならしていくためには,こういう学問で得られた知恵を多くの人に広めていく必要があるんじゃないかというようなことを,つい先ほど考えていました。他者にレッテルを貼るためじゃなくて,自省し,内省し,自制するために。

2014/3/27(木) 午後 2:42 NONAJUN

顔アイコン

>gakiさん:アメリカでは、風邪を診てもらう感覚で(というと言い過ぎかもしれませんが)気軽にカウンセリングを受けるというくらい精神医学が大衆化しています。逆に言えば日本が心の問題を個人や家族の中に押し込め過ぎてきた歴史があり、それをアウトソーシングするようになった=少しだけアメリカ型に近づいてきた、とも言えそうです。このあたりは書評で詳しく触れる予定です。
日本のエッセイでは医学者のものに傑作あり、とは丸谷才一の言です。オリバー・サックスですね、チェックしておきます。

2014/3/30(日) 午前 4:18 大三元

顔アイコン

>NONAJUNさん:政治外交も当然生身の人間が歴史をつくっているわけで、だからこそ事実をねじ曲げてまで精神分析を適用するのはいかがなものか?と思うのですね。少なくとも史実は尊重して欲しいものだと。しかしそれは歴史に限らず現代の例についても言えるわけで、そう考えると政治を論じる精神医学にまともな人が出てきていないだけなのかもしれません。
思えば、日本は文学者としては偉大でも政治を論じると途端に平衡感覚を失ってしまう例も多く(政治に手を出して成功した文学者は山崎正和くらいではないかと思いますが)、その点ジョージ・オーウェルやグレアム・グリーンなど政治評論でも鋭い知見を披露した欧米の文学者とはちょっと文化が違うような気がします。このあたりを考えてみるのも面白いかもしれませんね。

2014/3/30(日) 午前 4:30 大三元


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事