読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

映画『マザーウォーター』

「かもめ食堂」「めがね」「プール」を手掛けた製作チームが、今度は京都を舞台に描く癒しのスローライフ・ムービー、というふれこみ。
これらの作品は未見なのですが、同じ監督でもたいまさこ主演の映画『toilet』も同じチームでしょうか。
キャストももたいまさこ、小林聡美とお馴染みのメンツです。

出演:小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ、田熊直太郎、伽奈
監督:松本佳奈

《ストーリー》
京都に暮らす3人の女たち。ウィスキーしか置いていないバーを営むセツコ。疎水沿いで喫茶店を開くタカコ。この街にやって来て、念願の豆腐づくりを始めたハツミ。それぞれに、自分らしい生き方を送っていた。そして同じ街に住む、家具職人のヤマノハ、銭湯の主人オトメ、その下で働くジン、いつも散歩している謎のおばさんマコト。この街で出会った彼らは、互いにちょっとずつ影響しあいながら、おだやかに日々を重ねていく。

このシリーズの共通点として、ストーリーらしいストーリーはなく、淡々と日常が流れていきます。
この時間に浸れるかどうか、が好き嫌いの分かれ目でしょう。
私自身は、映画『toilet』なら面白く観れるけどここまで何もないと…という感じ。

しかし、ゆったりと流れる時間は心地よいです。
登場人物たちは、一つの小さな町で、バーや豆腐屋や銭湯などそれぞれの商売を営みながら、つかず離れず、ささやかな人間関係を育んでいきます。特に事件が起きるわけでもなく、仲良くなるわけでもなく、でも現実はこんなものかもしれない、とも思う。

あと、これもこのシリーズの共通点だと思うのですが、料理がやたら美味しそうです。かき揚げとか、だし巻きとか。

小林聡美のウィスキーの水割りを入れ方は、この映画を象徴していると思いました。
まず氷を入れ、ウィスキーを入れたところで丹念に氷になじませ、水を入れてまた丁寧にかき混ぜる。私も水割りをつくるバイトをしていたのですが、こんな丁寧に作らないですよね、普通。こういうディテールに時間を割くところが、このシリーズらしいところです。


『toilet』でもそうでしたが、もたいまさこは何もしゃべらなくても存在感ハンパないですね。
小さいおばあちゃんが、中心にいるわけでもなく、狂言回しになるわけでもないのに、存在感は抜群。


このシリーズのはしりとなった『かもめ食堂』や『めがね』もいずれ観てみたいですね。

開く コメント(12)

イメージ 1

書評278 司馬遼太郎

『坂の上の雲』その1

全8冊(文春文庫、1978年)

久しぶりに読む司馬の長篇。
最後の近代ものにして、司馬文学の金字塔とも言われる大作に満を持して挑戦です。


【著者紹介】
しば・りょうたろう (1923─1996年) 作家。
大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960年『梟の城』で直木賞を受賞し、以後歴史小説を一新する話題作を続々と発表。『国盗り物語』『竜馬がゆく』で菊池寛賞など受賞多数。
本ブログで取り上げた作品に『燃えよ剣』、『竜馬がゆく』、『翔ぶが如く』、『草原の記』、「故郷忘じがたく候」、「街道をゆく」シリーズの『19 中国・江南のみち』、『40 台湾紀行』、『26 嵯峨散歩、仙台・石巻』がある。(記事一覧はこちら


【本書の内容】
明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説全八冊。(文庫版第1巻裏表紙より)


お薦め度:★★★★★

【本書の感想】

<全体の感想>
司馬遼太郎にとって、日露戦争は特別な意味を持っている。
三谷博が指摘するように、司馬遼太郎は江戸文明が日本の本来の姿であり、日露戦争後にその精神が失われておかしくなり始め、あの「異常な昭和」に突入したと考えていた(書評260:『明治維新を考える』参照)。
つまり司馬にとって、日露戦争は「まだまともだった日本」の最後の姿だったことになる。
いきおい、日露戦争の評価も感傷的にならざるをえない。

この小さな、世界の片田舎のような国が、はじめてヨーロッパ文明と血みどろの対決をしたのが、日露戦争である。その対決に、辛うじて勝った。その勝った収穫を後世の日本人は食いちらかしたことになるが、とにかくこの当時の日本人たちは精一杯の智恵と勇気と、そして幸運をすかさずつかんで操作する外交能力のかぎりをつくしてそこまで漕ぎつけた。いまからおもえば、ひやりすとするほどの奇蹟といっていい。(第一巻、75項)

この一文は、そのような「司馬史観」を凝縮しているように思うし、史実としてもそういう面は強かった。
この長篇の随所にこの日露戦争観が感じられる一方、返す刀で太平洋戦争に対する激しい憎悪感情を吐露するなど、司馬遼太郎の作品群を考える上でもきわめて重要な作品だと思う。

何回かに分けて書評を書くが、今回は日露開戦前までで印象に残った場面を引用しながら感想を述べていきたい。


<子規と真之の青春>
序盤は、秋山兄弟と正岡子規の少年期の成長を中心に描かれるが、この部分がとてもいい。
伊予松山に生まれ、時期は違えども東京に出てきた三人は、それぞれ進路に悩む。

子規は松山の中学時代、学校の勉強にも飽き、文学運動や演説運動のまねもしてみたが、これはというものを感じない。

「出たい、出たい。どうにもならんほど、あしは東京へ出たい」(第一巻、106項)

もはやだだをこねる子どもである。
もっとも、子規だけではない。とにかく東京に出れば何とかなる、という雰囲気がこのころの日本にはあった。
これに感化された真之も、東京へ出ることを親に懇願し、一足先に東京で陸軍に雇われていた兄・好古のところへ転がり込んだ。

東京に出てきたら出てきたで、「生まれたからにはその道で日本一に」と志す二人の青春は定まらない。
子規は哲学を目指すも同級生の才能に自分の限界を感じ、この頃から詩歌小説に心を奪われるが旧藩の給費生という後ろめたさから、その道への一歩を踏み出せない。
そんな子規を「俗なことをいうな」と叱る真之も、実は「悩んどるのよ」と告白する。真之の学費は好古が負担しているが、その好古の懐も苦しかった。真之は悩んだあげく学費不要の海軍兵学校へ入学する決意をする。

決意はしたものの、真之は「ともに文学をやろう」と誓い合った子規に合わせる顔がなく、置手紙を書いた。
ほんの数行のそれを読んで、子規が茫然とした場面は、二人が共有した青春の濃密さを示している。

やがて、壁の上をみた。そこに鉛筆の線で大きな人のかたちが描かれている。かつて真之がかいたものであった。真之は徹夜勉強が得意で、寄席などへ行ったあとはかならずこれをやった。あるとき子規も、「あしもやる」と言い、
――さあ徹夜の競争じゃ。といいながら机をならべたのだが、夜半になると子規の体力が尽き、ついに壁にもたれてねむりこけてしまった。真之はのちの証拠としてその人がたを鉛筆でとった。
(あげなことをしおって)
と、その陰の線描をみているうちに、真之の手紙の感情がのりうつったのか、涙があふれて始末にこまった。(第一巻、205項)

こうして、二人は俳諧と海軍というこの時代未開拓であった分野の日本一を目指すことになった。

進路に悩み、自尊心を砕かれ、友情を育む青春時代を経て、別の道で身を立ててゆく。
日露戦争が始まる前のこの時代を描いた箇所が、この作品中最も爽やかであり、司馬の筆も踊っているように感じられた。


<子規という人の魅力>
私自身詩歌が得意ではないということもあって、今まで正岡子規にあまり興味を持ったことがなかった。
ところが、本書に描かれる子規はとても魅力的である。

性格は真っすぐだが子どもっぽく、負けず嫌いであった。上に引いた徹夜競争のエピソードなどはそれをよく示している。
戦争熱をあげている当時の日本にあって、病弱な子規は真之らが出征しているのが羨ましかった。勤め先の新聞『日本』の主幹・陸羯南に何度も従軍させてくれと頼みこんだが、なかなか認めない。
何度も懇願し、やっと日清戦争の従軍記者に決まったとき、子どものように喜んだ子規は友人に手紙を書いた。

「小生いままでにて最もうれしきもの」として、ひとつは松山中学四年間を修了して上京にきまったとき、いまひとつはこんどはじめて従軍ときまったとき、と書いた。この当時の日本のふしぎさは、このように無邪気な文学者をもっていたことであった。(第二巻、132―133項)

結局、子規が戦地に着く前に日清戦争は終わってしまい、さらに結核を発症したことによって、子規は「生まれたからには日本一に」という志を凄まじい闘病生活の中俳句で実現することになる。

そのくせ人懐っこさも人一倍で、団体競技への志向が強かった。
生涯のライフワークとした俳句もそのルーツは連歌であり、子規が用語を訳したとされる野球も団体スポーツである。
また、感性がシンプルで鋭かった。俳句は絵画的であらねばならないとし、理屈や知識に頼った句や、聴いたときにぱっと絵が浮かばない句は評価しなかった。

子規の人となりに強く惹かれたので、子規の文章もいずれ読んでみたい。
司馬自身も、子規の魅力のとりこになっていた節がある。


妹のお律の描写も惹かれるものがある。
幼年時代の子規が悪童なかまにいじめられて泣いていると、3つ下の童女であったお律は「兄ちゃまの仇」と言って石を投げに行ったという。今ふうに言えば、「萌え」である(笑)。
その童女の心のままおとなになったお律は、のち子規が結核を発病すると、自分はもう他家の嫁のくせに「私が看護するけん」と言い切った(第一巻、292項)。

このお律と、二人の子どもを裁縫教室をしながら育てた母に囲まれて育った子規がこのような若者に育ったのも、さもありなんと頷けるものである。

開く コメント(10)

イメージ 1

書評277 木場克己

『腹を凹ます体幹トレーニング ――1日5分誰でも即効!』

(王様文庫、2012年)

こんな本の書評の前の記事が焼肉?という感じですが…。。

職業柄普段から肩こりがひどかったのですが、背中のストレッチをやろうとしたら肉離れを起こしたという衝撃的オヤジ現象(!)をきっかけに、軽いトレーニングをやることにしました。

チョイスしたのは今流行りの体幹トレーニングです。
著者はインテルの長友などを指導してきたトレーナーだそうで。


【著者紹介】
こば・かつみ (1965年―) KOBAスポーツエンターテイメント(株)代表取締役。(株)アスリートウェーブ代表取締役。(有)コバメディカル・ジャパン代表取締役。
鹿児島県出身。柔道整復師、鍼灸師、健康運動指導士。FC東京のヘッドトレーナーをへて、横浜FCやサンフレッチェ広島ユースなどでアドバイザーをつとめるかたわら、都内治療院にて、子どもや年配の方、トップアスリートのケガの治療、トレーニング指導にあたる


【目次】
1 潜在力がラクラク目覚める!究極のトレーニング―“腹が凹むしくみ”がわかる。「体幹エッセンス」!
2 2分でわかる「体幹力」チェック―意外と知らない自分の体!
3 腹を凹ます!1週間・完全プログラム―1日5分!代謝があがる!リバウンドしない!
4 実践!レベル1 体幹トレーニング―ラクラク「インナーのパワーアップ」「メタボ解消」
5 実践!レベル2 体幹トレーニング―サクッと「アウターのパワーアップ」「見た目チェンジ」
6 実践!レベル3 体幹トレーニング―インナーとアウターを連動させて、全身パワーアップ
7 実践!レベル4 体幹トレーニング―「ちょいキツ」が最高に効く!人生が変わる!
8 ストレスを消して疲れをとる!快適だから能力全開!


【本書の内容】
「きつくない」のに確実に凹む。今ある脂肪を燃やし、基礎代謝アップ。自宅でみるみる「魅力的な自分」にチェンジ。


お薦め度:★★★★☆

【本書の感想】
本書のトレーニングをやるようになってから約2ヶ月ですが、それなりに効果は出てきました。
この手の本はこれしか読んでいない(し実践していない)ので比較できませんが、絶対値としてのこの本の評価は高いです。


本書の目的は体幹を鍛えること、それによってポッコリお腹や肩こり・腰痛などを解消するというもの。
内容はストレッチとトレーニングがセットになっていて、段階的にレベル1〜5まであります。

毎日続けること、段階的にレベルを上げていくこと、とありますが、忙しいとなかなかそこまでできません。
そこで、私は適度にサボりながら以下のような使い方をしてみました。


■私の使い方
・トレーニングは週3〜4回、気づいたときにストレッチ。(飲み会、残業続きの日などは休み)
・はじめはレベル1を数日続け、2週間後にはレベル3まで上げた。
・これを2ヶ月継続。


■2ヶ月後の結果
・ウェスト幅、体重などに劇的変化はなく、維持しているレベル。おそらく脂肪が筋肉に変わっている?
・明らかに良くなったのは肩こりで、背中の肩まわりの筋肉がついたことで改善したらしい。最初は逆に筋肉痛だったけど、数週間すればいつの間にか肩こりがなくなってます。
・他のトレーニングも、最初はきつかったけど今では楽にでき、だんだんレベルを上げられるようになっています。これは筋肉がついてきた証拠かと。


■その他
・1日5分、とうたっているが、トレーニングメニューを全てこなしストレッチまで真面目にやると1時間を超える。私は重点的にやりたいトレーニング(肩まわりとお腹まわり)以外は適度にサボってます。
・最近テレ朝の23:15〜枠『マツコ有吉の怒り新党』『アメトーーーーク』が面白いので、観ながらやってます。
・そのためか、少し寝不足気味…。



このように、正しいメソッドを継続すれば人それぞれのアレンジでもそれなりの効果が得られるという、当たり前のことを実感しました。

開く コメント(8)

焼肉の部位

イメージ 1

イメージ 1

久しぶりに焼肉を食べに行きました。

最近はホルモンブームも定着したり、鶏専門店ががマニアックな部位の肉を出すなど、
肉の「部位」に関する豆知識が浸透してきた昨今ですが、今まであまり気にして
食べたことはありませんでした。

そこで、今回は一通りの部位を食べてみようと。

食べたのは、ロース、カルビ、タン、ハラミ、ザブトン、ミスジ。

この中で珍しいのは、ザブトン、ミスジですね。

ザブトン:あばら側へと続く肩ロースのこと。ロースの中でも最も美しいサシが入っている部分。
ミスジ :肩バラの一部で、1頭から2kgしか取れない稀少な部位。美しいサシまわり。

なるほど、要するに特上肩ロースと特上肩バラってことね。


で、肝心の味なのですが、個人的な好みとしてはハラミが一番ですかね。

タンはどうしても仙台で食べた牛タンと比べてしまうし。
カルビも美味しいんだけど、肉質、脂の味はハラミの方が美味しい気がする。
ザブトン、ミスジはもちろん美味しいけど、もはや肉というより脂です。いや美味しいですよ。


ということで、これからは安くて美味いハラミを極めていこうと決意した焼肉でした。

  ※追記 記事を書きながら調べてて初めて気づきました。ハラミってホルモンなんですね。



皆さんの好きな部位はどこですか?

開く コメント(8)

イメージ 1

書評276 竹森俊平

『ユーロ破綻 そしてドイツだけが残った』

(日経プレミア、2012年)

書評147:『1997年 世界を変えた金融危機』で目からウロコだった竹森俊平がユーロ危機の構造を論じた本。


【著者紹介】
たけもり・しゅんぺい (1956年─) 慶應義塾大学経済学部教授。専攻は国際経済学。
1985年慶應義塾大学大学大学院経済学研究科修了。1989年米ロチェスター大学より経済学博士号(Ph.D.)取得。経済産業研究所ファカルティフェローなどを経て現職。『経済論戦は甦る』(東洋経済新報社、2002年)で読売・吉野作造賞受賞。他の著作に『世界デフレは三度来る』上下(講談社、2006年)、『資本主義は嫌いですか』(日本経済新聞出版社、2008年)など多数。
本ブログで取り上げた著作に書評147:『1997年 世界を変えた金融危機』がある。


【目次】
第1章 大恐慌の神話
第2章 危機は今回もアメリカから欧州へ
第3章 危機は周辺から始まる
第4章 インフレに群がるマネー
第5章 ギリシャ債務不履行の政治経済学
第6章 苦悩するリーダー国ドイツ
第7章 危機拡大の構造
第8章 ユーロ分裂のシナリオ


【本書の内容】
平和と経済統合の理想から出発したユーロは、当初からの構造矛盾を克服できず、南欧諸国の経済危機を拡大させている。この経済・金融危機は全世界を震撼させる大恐慌へと発展する勢いだ。独仏伊など欧州各国の利害対立や、国際機関の行動、深まる危機の様相を明快に解説。


お薦め度:★★★★★

【本書の感想】

<全体の感想>
タイムリーで、ためになって、面白い。
と、前作の書評でも書いたような気がするが、本書もそんな三拍子揃ったすごい本。
理論と歴史を自在に奔走しながらユーロ危機の構造を解き明かしていくプロセスは、知的好奇心を喚起するどころかスリリングでさえある。


<ユーロ危機の構造と「ユーロ」そもののの欠陥>
要するに、今回の危機の連鎖を引き起こした原因は、欧州経済をあたかも一国内であるかのように統合を進めてきたという、善意に基づいた試みそのものにあった。(25項)

ユーロ危機の原因は「ユーロ」というプロジェクトそのものにある、という著者の診断の意味は2つある。

A.ユーロ圏は最適通貨圏(似通った経済状況にあるため通貨を共通化するメリットが大きい地域)ではないにもかかわらず、共通通貨(ユーロ)を導入してしまったこと。
B.ユーロ圏は金融政策を統一的に行う一方、財政政策は各国に委ねられていること。

要するに、共通通貨が成り立つ基盤がなかったところに無理やり導入したのがそもそもの間違いで、しかも導入後も経済圏を維持・制御するシステムが不在であるため崩壊するのも必然であるということ。
元も子もない批判だが、ここの説明は明快でわかり易いので、是非多くの人に読んでもらいたい。


その結果、ユーロ圏は次のようなトリレンマに直面していると著者は指摘する(79項以下)。すなわち、
.罅璽躔をトランスファー(所得移転)同盟に転化させたくないリーダー国(ドイツ)の願望
共通通貨(ユーロ)を存続させたいという願望
6チ萠呂亮紊て遒了唆箸崩壊⇒南から北への大量移民が発生⇒北に移民のスラム形成といった事態を避けたい欧州全体の願望

この3つを同時に実現させることは不可能であり、どれか1つは諦めなければならない。
例えばドイツは東西統一のプロセスで、共通マルクの導入とスラム形成の防止のために,鯆め、東ドイツに対し巨額の財政援助を行った。南北で生産性が著しく異なるイタリアも同様で、両国は今でもこの所得移転政策を続けている。


<ユーロは存続できるのか?>
だが今回のユーロ危機では、ドイツは,砲海世錣蠡海院GIIPS(ギリシャ、アイルランド、イタリア、ポルトガル、スペイン)への財政支援を行おうとしない。さらにのスラム形成防止も捨てられないとすれば、△鮗里討襦即ちユーロが崩壊せざるを得ないのである。


では、今後考えうるシナリオはどういうものか。著者が想定する選択肢とその見通しは以下の通りである。

ケース1:ユーロ圏がトランスファー(財政支援)同盟化する、即ち,鮗里討襦
  ⇒これはドイツ国民が許さないだろうから、非現実的。
ケース2:ドイツが優良格付国(ルクセンブルクなど)を引き連れてユーロを離脱する、即ち△鮗里討襦
  ⇒ドイツマルクがたちまちユーロに対し増価し、ドイツが国際競争力に苦しむことが予想される。
ケース3:ドイツがGIIPSを「生かさず殺さず」程度に支援し続け、問題を先送りにする。
  ⇒これが一番ありそうな話だとしており、実際のドイツの行動もこの通りになっている。

著者の予測では、ドイツが短期的にケース3を選択したとしても、長続きはしない。程度の差はあれトランスファーの負担を負うことにドイツ国民の不満はいずれ爆発するだろうし、必要最低限の支援しか受けられないGIIPSの経済がドイツ国民の不満が爆発する前に復活するとも思えない。
かくしてユーロは結局崩壊する、というのが著者の長期予測である。


<おわりに>
このような著者の悲観的な予測が当たるかどうかは今後を見てみないといけないが、ユーロ危機の構造を説得力をもって解明し、ドイツの苦悩を克明に浮かび上がらせる過程は非常に面白い。
ヨーロッパ共通の決済勘定「ターゲット」など、やや難解なシステムについても根気よく説明してあり、他にも経済を考える上での示唆的な指摘が散りばめられているので、以下に抜き書きしておく。
おススメです。

・大恐慌に対応したフーバーは、経済認識は一流でも政治家としては二流であった。同様の例として宮沢喜一。(55項)

・危機は周辺から始まる。1920年代バブル@アメリカとその崩壊。1980年代バブル@日本とその崩壊。そして今回のサブプライムローンとユーロ危機。

・金融機関にとって、最も安全で計算のできる「中核」の借り手が、金融機関から借りないようになった。それで仕方なく、金融機関は「周辺」に新たな市場を開拓しようとした(110項)。成熟経済下では企業は内部留保で資金繰りできるため、もはや金融業はいらなくなる。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事