読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

書評157 夏目漱石

『三四郎』

(新潮文庫、1948年)

安吾に続いて、近代日本文学の巨頭漱石の代表作を読む。
今回は誰しも一度は読んだことがあろう名作、『三四郎』である。


【著者紹介】
なつめ・そうせき (1867─1916) 近代日本最大の作家。本名は金之助。
江戸牛込馬場下に生れる。帝国大学英文科卒。松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学した。帰国後、一高、東大で教鞭をとりつつ発表した『吾輩は猫である』が評判となり、翌年には『坊っちゃん』『草枕』など次々と話題作を発表。1907年東大を辞し、新聞社に入社して創作に専念。日本文学史に輝く数々の傑作を著したが、最後の大作『明暗』執筆中に胃潰瘍が悪化し永眠。
本ブログで取り上げた作品に書評81:『坊っちゃん』書評154:『漱石人生論集』がある。


【本書のあらすじ】
『それから』『門』と続く3部作の第1篇にあたる。大学生活を背景とする知的環境のうちに成長しゆく純潔なる一青年に、意識と反省を越えた世界では愛しながらも、意識と反省の世界では男をあなどりさげすむ聡明にして自由なる女性美禰子を配し、触れようとして触れ得ぬ思慕のたゆたいを描く。(「BOOK」データベースより)


お薦め度:★★★☆☆

【本書の感想】
柄谷行人の「解説」によれば、漱石は小説を「ストーリーと俳味」に区分し、自身の『草枕』を“俳味”に分類しているという。漱石の言う俳味とは何か。

私の『草枕』は、この世間普通にいふ小説とは全く反対の意味で書いたのである。唯一種の感じ──美しい感じが読者の頭に残りさへすればよい。それ以外に何も特別な目的があるのではない。さればこそ、プロットもなければ、事件の発展もない。(夏目漱石「余が『草枕』」、柄谷「解説」293─294項より孫引き)

漱石は、ここで当時すでに支配的であった“近代小説”に異議を唱えている。“小説=純文学”という19世紀的図式では、『猫』や書評81:『坊っちゃん』、さらにこの『三四郎』は括れないのである。

その意味では、この『三四郎』は『猫』『坊っちゃん』『草枕』に続く漱石最後の“俳味”小説かもしれない。『三四郎』と三部作を成すとされる『それから』『門』において、漱石は本格的に“近代小説”の道を歩み始めるのである。


よって、この書評でもストーリーを云々するのではなく、感じたことをそのまま書き残しておくのが漱石の意にも適うであろう。

その意味で言えば、この小説はあらゆる時代の学生の共感を呼ぶ青春小説だ、というのが私の実感だ。
初めての都会で電車を乗り違えてしまったり、大学のつまらない授業に失望したり、都会の洗練された女性に恋をしたり、高尚だがよくわからない学問の一端に触れたり、滅茶苦茶ばかりやっているけど憎めない友人ができたり…。

ここに挙げたのは、『三四郎』に見出した私にとっての学生生活である。当然学生生活の思い出は人それぞれなので、人によってこの作品に発見する「学生らしさ」は違うのだろう。


いずれにせよ、この小説は小難しく考えるよりも、人それぞれ色んなことを感じて読む作品のようだ。

皆さんは、この『三四郎』にどんな学生生活を見出しますか?

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事