読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

書評294 小川洋子

『猫を抱いて象と泳ぐ』

(文春文庫、2011年)

久しぶりに読む小川洋子。
人によっては「小川洋子の最高傑作」との声もある作品である。


【著者紹介】
おがわ・ようこ (1962年─) 小説家。
早稲田大学第一文学部文芸科卒業。1991年「妊娠カレンダー」で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞・本屋大賞、同年「ブラフマンの埋葬」で泉鏡花文学賞、2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。
本ブログで取り上げた著書に書評35:『博士の愛した数式』書評40:『偶然の祝福』書評47:『余白の愛』書評63:『シュガータイム』書評88:『深き心の底より』書評230:『ミーナの行進』書評275:『心と響き合う読書案内』がある。


【本書のあらすじ】
「大きくなること、それは悲劇である」。この箴言を胸に十一歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指すリトル・アリョーヒンとなる。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、いつしか「盤下の詩人」として奇跡のような棋譜を生み出す。静謐にして美しい、小川ワールドの到達点を示す傑作。


お薦め度:★★★★☆

【本書の感想】

<全体の感想>
ああ、そうだった。思い出した。
小川洋子を読むとはこういうことだった。
小説の世界に浸るとはこういう経験だった。

そういう静かな幸福感と安堵感に満たされて、ため息とともにページを閉じる。
小川ワールドの愉悦を存分に味わうことができた読書であった。


<チェスの奥にもやっぱり小川ワールド>
本書は小さなチェス棋士の一生を綴った物語である。
ただし、チェスを知っているかどうかはたいした問題ではない。この本を楽しめるかどうかは、チェスの世界に見出された小川洋子ワールドに浸れるかどうか、そこにかかっている。

本書のチェスの世界の描き方は、書評35:『博士の愛した数式』を思わせる。『博士』で小川洋子は数学の奥に美しさを見たように、本書ではチェスの世界に美しさを見出したといえばわかりやすいだろうか。
しかもその美しさは、以前よりもさらに洗練されているように思う。
たとえば、主人公の少年は自分がチェスを指しているときの感覚をこう表現している。

「心の底から上手くいってる、と感じるのは、これで勝てると確信した時でも、相手がミスをした時でもない。相手の駒の力が、こっちの陣営でこだまして、僕の駒の力と響き合う時なんだ。そういう時、駒たちは僕が想像もしなかった音色で鳴り出す。その音色に耳を傾けていると、ああ、今、盤の上では正しいことが行われている、という気持ちになれるんだ。上手に説明できないけど……」(101項)

この文章を味わうことができる人なら、間違いなく本書は「買い」である。


<小川ワールドの構成要素――空想・異物・奇妙・謙虚>
小川ワールドには、奇妙なキャラクターや身体へのこだわり、現実と空想の境界線がなくなってしまう感覚が欠かせない。それは本書でも同じである。

小さいころから、少年の得技は空想であった。ビルの屋上に閉じ込められた象と壁の中にいる少女を夢想し、彼らと毎日語らうことを日課とした。
想像上の友人たちは皆、不自由な自分の運命を受け入れていた。

「どうしてだろう。自分から望んだわけでもないのに、ふと気がついたら皆、そうなっていたんだ。でも誰もじたばたしなかった。不平を言わなかった。そうか、自分に与えられた場所はここか、と無言で納得して、そこに身体を収めたんだ」(181項)

そう言う少年もまた、奇妙な身体的特徴を受け入れ、「与えられた場所」に身体を収めることになるのである。
主人公とともに歩む動物の存在は書評230:『ミーナの行進』のコビトカバを思わせるし、身体の特定の部位の描写は書評47:『余白の愛』以来小川作品の重要な要素になっている。
自分の立場を全うする慎み深さはカズオ・イシグロの世界観にも通じるかもしれない。


小川洋子の作品にはよく「静謐」という形容詞が使われるが、本書もその期待を全く裏切らない。
いい意味で金太郎飴のような、チェスで切っても出てきたのはやっぱり小川洋子だった、という作品である。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事