読書のあしあと

訳あってしばらく閉店します。

Essay & Opinion

[ リスト | 詳細 ]

様々なトピックスに関して考えたことを、書評ではなくエッセイという形で残したものです。
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

年末年始からずっと読書スランプが続いてきましたが、2月以降は好調です。
読めないときってどうしても気が散って読めないんですね。
特に影響が出るのが海外文学で、読めないときは全く入り込めない。
学術書なんかは淡々と読めますが。

最近はその不調も脱し、書評待ちの読了本も3冊ほど溜まっているので順次アップできると思います。


で、最近何を読んでいるかというと、何冊か発達障害/精神医学関係の本を読んでいます。

私は政治外交史出身なので、精神医学など実証が難しい分野は言葉が悪いですがマユツバに思える印象があり、あまり読んできませんでした。実際、日米関係に精神医学を応用して失敗してる人もいますし。


最近イメージが変わってきたのは、まともな精神科医のエッセイを読んでいると、精神医学は人間関係を大枠で捉えて6〜7割方当てる、ということに長けているような印象があるからです。
人間の性格や脳の機能の多様性からいえば9割当てるのは難しいのでしょうが、「概ねこういう傾向があるよね」ということは言えて、それが何となく当たっているような気がする。
そこを手掛かりに人間関係を色々考えることができる。

たとえば、斎藤環が色んなところで言っている「コミュニケーションが得意な若者は自己イメージが薄く、不得意な若者ほど自己イメージをしっかり持っている」ということ。
これは、他者とのコミュニケーションがうまくいかないと、何でうまくいかないんだろう、俺ってどこが悪いのかな、と葛藤するからですね。何となくコミュニケーションができてしまう人はそういうことを考えずに生きていけるわけです。

これはその通りだと思いますし、同じようなことに気付いている人も多いと思うのですが、そこにこういった「枠組み」を与えてくれると、考えが整理されるしその先へ色々広がりますよね。


もう一つ、これは詳しくはそれぞれの書評で触れますが、発達障害/精神病は、誰しもが持っている性格や脳や身体の機能不全、あるいはそれと社会との摩擦が極端に表れたものです。
ということは、人間一般に普遍的に言えることのエッセンスが詰まっていると見ることもできる。
一見関係ないように見える私たちにも、そこから学べることはたくさんあるはずだと思うのです。


と、今後の書評の告知も兼ねて。

これ以上財政出動による雇用改善は不可能

失業率について、『週刊東洋経済』に興味深い記事があったので覚書き。


◆リーマンショックで09年3月に5.4%まで上昇した完全失業率は、13年8月には3.8%まで
 低下したが、その後足踏みしている。一方で、新規求人数は増加傾向にあるなど経済
 環境は好転しており、失業率の足踏みと辻褄が合わない。

◆この背景には雇用のミスマッチがある。
  ・構造的失業:技能・条件など個別要件のミスマッチで生じる失業
  ・摩擦的失業:求職と求人の情報がうまく出会わないことで生じる失業
 景気がよくなっても解消されないこういった失業によって、失業率は常に一定の正の
 値になる。これを自然失業率という。

◆ニッセイ基礎研究所によれば、日本の自然失業率は80年代までが2%台で、09年代以降
 上昇し続け04年には4%に達し、その後高止まっている。つまり
  ・足下の失業率(3.8%)はほぼ自然失業率であり、これ以上の財政出動による雇用
   改善策は無意味
  ・自然失業率を改善するには、産業構造を現在の労働供給者(希望する条件・職種
   でないと働かない若者etc)に合せて転換しなければならない。







震災復興のため東北の建設業者が求人を出しても求職者が全く足りない、というのは
もはや有名なエピソードだが、同じことが平時から日本全体で起こっているということ。

記事は「産業構造の転換」と言うが、ではどうすればいいのか。
労働供給者が食いつくような産業の創出?
 ⇒ アニメ産業の活性化とかになるのだろうか?
田原総一郎と竹中平蔵の対談に無料で参加できる、と聞いたので行ってきた。
http://www.gaitame.com/seminar/tokyo_130907/



アベノミクスについて
田原)方向性は概ね正しい、後は三本目の矢・成長戦略をいかに軌道に乗せるかである。
竹中)現政府内にも既得権を手放そうとしない抵抗勢力は多い。安倍首相の覚悟が問われるのはこれから。

消費税について
竹中)今の段階で上げると宣言するのは時期尚早。しかし国際公約もあることなので難しい。

TPPおよび農業について
田原)JAが支持する族議員がTPPに反対しているが、やる気があって頑張っている農家はむしろ賛成の声が多い。
竹中)日本農業は競争力がないと言うが、路地野菜の関税率は今でも3%で、競争力は十分ある。コメはないから大規模化するしかない。大規模化できない山間農地は社会政策としてやればいい。コマギレ農地はかつての地主−小作関係から解放する意味があったが、今はもうない。


経済全般に関しては予想通りの話だったが、農業について興味を惹かれた部分があった。

田原発言は書評267:『さよならニッポン農業』で述べた「やる気ない農家問題」に符合するもので、健全な農業の発展とTPPは基本的に矛盾しないということがわかる。
「弱者を切り捨てるのか!」とテレビで叫んでいるおっさんは弱者ではなく既得権の代弁者だということ。

ただし書評234:『北の無人駅から』その2で見たような地域的な問題、個別作物種ごとの問題は、TPPのような国際貿易・外交問題の文脈というより、竹中の言う通り社会政策として考えるべきだと思った。

その際の視点として個人的に考えているのは
 悗気茲覆薀縫奪櫂麈清函戮濃愿Δ気譴拭屬いに土地を活かすか」という“土地の視点”
経済性度外視で文化的観点から後世に残すべきか考える“文化の視点” (例:棚田)
やる気がないわけではなく従来農業にアイデンティティを持つ人々をいかに包摂するかという“人の視点”

△鉢がいわゆる社会政策であって、これが欠けてしまうとまさに「弱者切り捨て」と取られかねないが、私も妙案があるわけではなく、なかなか難しいとは思う。
日本の都会で通勤の経験がある人なら必ず経験するはずの通勤ラッシュ。
ずっと疑問に思っているのですが、おそらく毎日1千万人以上の人が関東圏の通勤ラッシュで
一日を始めているはずで、これだけの人が嫌だと言い続けているのに、一向に解決されないのは
何か理由があるのでしょうか?
 
普通に考えれば、
・「もっと楽に通勤したい」というニーズから何らかのビジネスチャンスが生まれる
・それに伴って技術的イノベーションが起こる
・そこまでいかなくとも、研究レベルで何らかの分析くらいあるはず
 
と思うのですが、最近チャリ通勤が流行りだしたことくらいしか思いつきません。
通勤ラッシュがここまでひどいのは日本特有の現象らしく、諸外国の首都は機能が分化している
こともあってか(?)東京ほどひどくないそうです。
You Tubeの東京の通勤ラッシュの動画が海外で人気という話もあります。
 
また、通勤ラッシュの原因や解決策を探った研究も寡聞にして知りません。
社会学とかになるのかな?
 
どなたかご存知の方いらっしゃれば教えて下さい。

アメリカ文学/映画というもの

つい最近、アメリカの小説と映画を続けて観賞して、思ったことを書き残しておきます。

それは、なぜアメリカ文学/映画ではほとんどのモチーフが「酒、ドラッグ、女、セックス、同性愛、殺人、暴力、離婚」なのかということ。

例えば映画『華麗なるギャツビー』は、ギャツビーの過剰なまでの純愛が破滅へ突き進むプロセスを描いており、観る者はギャツビーに寄り添うニックに共感します。「過剰なものに惹かれ、愛でる」という心情はおそらく世界共通なのですが、それを映画として表現する際の道具がこの映画では「酒、女、殺人」でした。

ピュリッツァー賞を受賞した書評272:『オリーヴ・キタリッジの生活』も、アメリカ文学にしては割と淡々とした筆致で、田舎町を舞台にした庶民の生活を描いているということもあり、表面上は『ギャツビー』ほどの華やかさはありません。むしろ、人生の渋味を味わうための地味な小説です。ところがこの作品にして、小説を構成する材料になっているのは「酒、暴力、離婚、強盗」です。


確かに、こういった「アメリカ的モチーフ」は文学/映画の題材になり易い。そのため、ほとんどのアメリカ作品ではそういうものが出てくる。しかし、過剰なものを愛でるとか、田舎町のあれこれを描くとか、そういう文学/映画をつくるときに、必ずしもそういったモチーフを使わなくてもいいわけです。
では他の国の作品はどうか。例えば、フランス映画なんかでは日常生活をダラダラと続ける映画がたくさんあると思いますし、イギリス文学の伝統に掉さす名作書評54:『日の名残り』は『オリーヴ』と同じテーマを扱いながら、アメリカ的モチーフは出てきません。
そもそも、変人奇人を愛し、その伝統の中で涵養することにこそイギリス文化の最大の特徴があります(書評77:『イギリス的人生』参照)。

つまり、アメリカ文学/映画で表現したいことは(程度の差こそあれ)普遍的なのに、その表現方法にアメリカ作品の特徴がある。


この、アメリカ的モチーフの出現頻度がアメリカ作品に極端に多い、という現象はなぜ起こるのか。
単純に、アメリカでは他の国よりもそういったものが日常に根付いているということなのか。

今後とも考えていきたいテーマの一つです。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事