戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

たった一つの思い貫く、難しさの中で…

どうも、管理人です。今日は少しばかりハードな1日だったせいか、冗談抜きで寝落ちしそうな予感がしそうな件wそんなわけで、多分短めの感想になるかと。ちなみに、今回のサブタイは管理人の好きな曲の冒頭部分より。故に、あまり内容に関係ないかとwwいやはや、調子乗ってサーセンwそれでは、感想です。


アララギ:「助けてくれ…忍」
というわけで、前回から四ヶ月半くらいぶり(?)の最新話にして、最終話にあたるこの作品。結局、一年がかりの完結とか笑えないですぜ、シャフトさんw忘れている人のために、どんな話だったかを覚えている限りで説明すると、GWの頃にあったらしい障り猫の症状が再び現れ始め、ついに現れたブラック羽川。しかし、それを鎮めるための鍵となる忍が家出をしてしまい、総出で探すことに。そんな中、ブラック羽川は自身が顕現した原因とも言える、羽川本人が抱えているストレスの原因をアララギさんにあると語る、とそんな内容だったかと。

んで、ここから本編について。彼女のストレッサー、それはアララギさんへの恋心を封じ込めていたことでした。遡ること春休みに起こった、アララギさんと美しい吸血鬼との出会いと戦い。その戦いの中に巻き込まれた羽川は、いつの間にかアララギさんのことを好きになっていたと。詳しくは傷物語参照!ということで省きますが、確かにあの頃はガハラさんも神原もいませんでしたし、完全にヒロインポジションでしたねwただ、その想いを言えないうちに、アララギさんはガハラさんと出会い、二人は付き合うようになりました。にも関わらず、恋の相談やらアドバイスをしてたとは…。
ただ、一方のアララギさんは羽川に対し、恩義こそ感じているものの、互いにそういったことはないと考えていたみたいで。正直な話、この件自体、アララギさんの鈍感さが何よりも原因なんじゃないかと思えますねwそう言った意味で、「本気で人を好きになったことがないから」だと問い詰めるブラック羽川の台詞が、妙に的を射ている気がします。しかし、今のアララギさんはガハラさんに本気で惚れており、それ故にガハラさんと別れて羽川と付き合うという選択肢、自ら犠牲になって彼女を鎮めるという選択肢、どちらも取らなかったというところは良かったと思います。というか、相変わらずのセリフの量ですなw

自分の提案を無下にしたアララギさんに対し、強硬手段に出るブラック羽川。あっという間にフルボッコにされたアララギさんが取ったのは、助けを呼ぶこと。と、ここで行方不明だと思われていた忍がアララギさんの影から登場。まさかこんな所にいるとは…って、絆創膏wwwww忍の活躍で、無事に障り猫の症状は治まりましたが、どうやらこれも彼女の計画通りだったみたいで。アララギさんを試してたんでしょうか?

こうして、またいつもの日常が戻ってきますが、そこには忍野の姿はありませんでした。別れのあいさつがいちいち回りくどいですwwそして、アララギさんが乗る自転車の後ろにはガハラさんの姿が。やっぱり、お似合いな二人ですねwそんな文化祭を翌日に控えた、ある日の一コマでした。


ふう、ようやく書けたw何だかんだで、結構な分量書いてますねwwにしても、去年の今頃はまさか一年がかりになるとは、夢にも思いませんでしたよ。ただ、これだけ待たされただけあって、ものすごい迫力の作品になったと思います。とりあえず、シャフトは一旦休んで、スケジュールを組み直してください、いやマジでw色々と犠牲になった作品たちが報われませんしw
さて、今回の話の総括ですが、個人的にはアララギさんの成長が強調されていたと思います。「なでこスネイク」の際には、呪いをかけようとした男の子に襲い掛かろうとする蛇切り縄を止めようとするなど、まさしくお人よしの自己犠牲の塊みたいなキャラでしたが、今回の話ではその辺が緩和されていたように思います。そこには、おそらくガハラさんの誕生日の出来事が関係していると思います。自分の大切にしていた思い出の欠片を提示してくれた彼女。そんな彼女だから、アララギさんは本気で好きになり、いつか自分の大切なものを教えようという気持ちになれたのだと思います。そして、障り猫の件については、忍野から彼に対する、一つの信頼の証ではないかと。彼なら大丈夫だと信じて放置した件に対し、見事に答えたアララギさん。それだけの度量を身に付けたアララギさんなら、この先忍野がいなくても大丈夫…なはず!


…と、いかん!文面が長くなってきたので、そろそろまとめなければ。いろんな意味で話題になった作品でしたが、終始見応えがあり、感想の書きがいがある作品だったと思います。とりあえず、スケジュール管理だけはしっかりしてほしいですがw長い間、この作品に関わり続けたスタッフ・キャストさん、本当にお疲れさまでした。少しリフレッシュしたら、ぜひ傷物語と偽物語の映像化をお願いしますw

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事