戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

黒と金の、運命の出会い

どうも、管理人です。本日2本目の記事は「GOSICK」の感想になります。年末に行われた先行上映会で一足先に見ていたのですが、西山伍長から緘口令を敷かれていたので今日までお預けを。ともあれ、今期の期待作なので、すごく楽しみにしています。それでは、感想です。


セシル:「怪談を読めばいいと思うの!」
初回はキャラクターの説明と、これから起こる事件の序章の話。なので、キャラクターの紹介をメインに感想を書いていこうと思います。

まず最初は、主人公のヴィクトリカについて。彼女は聖マルグリット学園の図書館塔の屋上にある庭園に住み着く(?)少女です。彼女の持つ長く綺麗な金色の髪から、図書館塔の「金色の妖精」などという怪談まで生まれる始末。
一話から推察できる点としては、彼女が類稀なる知能を持つ存在であること、何らかの理由で学園に閉じ込められていること、そしてそれ故に世間知らずと言うこと。初めて学園を出ることになった時も、ものすごく重装備でしたしねwつか、あそこだけ見たら、肝心なところでアホなのだとも思いたくなりますがwwとりあえず、愛でるタイプのヒロインとしては十分にありかとww

続いては、もう一人の主人公とも言える久城について。彼は日本から留学してきた留学生で、その容姿と学園に伝わる怪談故に「黒い死神」と呼ばれています。そのせいで、クラスの中では明らかに浮いている始末。というか、この学園の生徒は怪談話が好きなのですねw
彼のパーソナリティーとしては、ぶっちゃけ「ヘタレ」の一言に尽きる気がしますw日本男子として堂々と振る舞おうとする一方で、結局ヴィクトリカに主導権を握られているあたり、まさにそうかと。あと、くそ真面目な性格の持ち主でもあります。ただ、今回の事件に巻き込まれる発端にしても、明らかに損な性格なような気がします。

3人目は、ヴィクトリカに付き纏う刑事クレヴィールについて。ソヴュールではそこそこ名の知れた刑事と言われてますが、実際にはほとんどヴィクトリカの手柄を横取りしただけでしょうね、多分w彼と言えば、ドリルと間違うくらいに特徴的な髪形が真っ先に目につきますが、実はこれにはとある事情があるわけで。これはアニメでは明かされるのでしょうか?
個人的なイメージとしては、ドラマCDのときよりも小物具合が増している気がします。ドラマCDの子安さんボイスもよかったですが、こっちもこっちでいい味出していると思います。

最後は、久城とヴィクトリカのクラスの担任セシル。彼女については、そこまで語る話もないですが、半端に苦労人でもあり、能天気な性格で描かれています。実は、1話で登場した某キャラクターとちょっとした関わりが…。その話はやるの…かな??

そして、今後の展開についてですが、ラストの引きの通り、船の中で何かが起こることは間違いないです。それが何なのかは…推して知ってくださいwあえてヒントを与えるのであれば、アバンの箱と兎の話、あれは割と重要かと。というか、推理ものなだけに、ある程度知っている人が感想を書き続けるとうっかりネタバレしそうなので、最初の方は事件ごとにまとめて感想を書いていこうと思っています。まあ、それ以上にあまりやりすぎるとこちらが死ねますしwww
それと、1話の出来としては、上々だと思います。原作ですと、この事件の前にすでに彼らは出会っていて、別の事件に立ち向かう展開なのですが、これはこれでありかと。何にしても、削りつつもうまく話を持って行けたのは良かったと思います。

そんなわけで、2クールよろしくお願いします。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(24)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事