戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

失ったものと得たものと…

どうも、管理人です。そろそろ二つのことを同時進行で進めるくらいの器用さを身につけたいです。そうすれば、あれをしながらこれを…。それでは、感想に行きます。


縁:「We strike back. I shall・・・いや、We shall return」
今回の話は、映画編後半。前回の時点で色々と予想を書いてましたが、果たしてそれらはどこまで当たってるのか。

結名も巻き込んで、撮影はスタート。ただ、ジャンルが青春仲居ものなのに対し、結名が上から飛び降りたり、緒花たちが撃たれたりと、明らかにジャンルとは関係ないシーンばっか映っていたのは気のせい?まあ、結論から言えば、やっぱ監督は詐欺師だったとwそんなことだろうとは思いましたが、その一方で意外と思える点も。それは、詐欺を働いたのが監督一人で、一緒に来た出演者は無関係だったという点。金持ち逃げされた喜翆荘もさることながら、詐欺の方棒を担がされた出演者も涙目すぎるw
そんな中で、皐月が陰ながら動いていたというのも、また注目するべき点ですかね。やっぱ、先日の一件がきっかけでですかね。彼女が言うには、その監督は以前にも同じ手口でやらかしたことがあるとかで、持ち逃げされた金はおそらく借金返済に充てられ、回収はおそらく不可能であると。まあ、この辺の事情がわかったのは後になってからなので、すでに手遅れなわけで。

そして、この件については傍観を決め込んでいた女将さんでしたが、やっぱ縁さんにとりあえずやらせてみようというスタンスだったんでしょうね。たとえどんな結果で終わるとしても、経験は積ませないといけないわけですし。ただ、失敗に対する尻拭い、というか謝罪は女将さんが肩代わりですか。別に悪いとまではいいませんが、そういうところは女将さんの甘さなんですかね。それと、若干の罪滅ぼし?何にしても、ちょっと頭をひねりたくなりました。

にしても、崇子にしても縁にしても、微妙に決まらないですよね。崇子が縁に責任転嫁したときは、マジでひどいと思いましたが、彼女も彼女なりに真剣に臨んでいたことが分かって、ちょっとだけ許せました。んで、縁にしても、あんなことがあったのにも関わらず、崇子を切ろうなどと思わない。しかも、真剣に臨んでいることを知って嬉しそうな表情を浮かべるとか、完全にデレデレじゃないですかwしかも、最終的には二人でプールにダイブって…。


何かしっくり来ないオチでしたが、映画の話はこれで終わりですかね。色々と意味ありげなシーンがあった気がしましたが、その辺は全部スルー?そして、何も知らないでひたすら脚本書き続けていた次郎丸ェ…。

次回は、菜子回。貝殻ビキニ来るのか…?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(16)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事