戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

分かたれた力と、集結する想い


 どうも、管理人です。朝から仕事だったせいか、すでに眠気が…。借りてきたDVDも見なきゃなのに、時間が足りなくなりそうだ(白目)。


桃果:「ようやくお目覚めですね。高倉晶馬くん!」

 今回の話は、最終決戦に向けての準備の話。何かいつも以上にまとめるのが難しそうですが、頑張ってみますw

 まず、アバンで語られたのは、16年前の事件の顛末。今までもいくつかの視点で語られましたが、今回は眞悧と桃果の視点。世界を一つの「箱」であると見立て、それを破壊するために同じく「箱」と見立てた列車を破壊し、世界を変えようとした眞悧。そのために、地下鉄の車両のあちこちに爆弾を仕掛けますが、そこに立ちはだかったのが桃果でした。彼女は魔法を唱えて運命の乗り換えを行おうとしますが、眞悧の力で失敗。その結果、魔法は二つに分かたれ、ペンギン帽子に宿り、眞悧は二匹の黒ウサギに。眞悧のところにいたあれが、彼の本体と言うわけですね。
 そして、Bパートラストでも同じような構図が敷かれますが、こちらは晶馬と、帽子に意識を宿らせた桃果が立ちはだかります。邪魔をされないために手順を踏んだはずなのに、一周して似たような状況になるとは何たることや…。

 前回死亡フラグ立ちまくっていた陽毬&真砂子のその後ですが、幸いどちらもまだ生きている模様。ただ、陽毬はほぼ死にかけで、真砂子に至っては一度心臓が止まったのにも関わらず、眞悧の力で蘇る始末。後者においては、冠葉を動かすための布石の一つなわけですが、真砂子の扱いがあんまりすぎる…。というか、冠葉と彼女は双子だったんですねw
 死の淵にいる陽毬は、夢の世界(?)で晶馬に冠葉のことを託します。かつて、晶馬によって自分を見つけてもらい、救ってもらった陽毬なだけに、言葉が無駄に重い…。ここにきて、晶馬にタスクがずしずし振ってきますねwと、そんな話をして程なくして、冠葉本人が登場。眞悧の力で陽毬を救うため、彼女を攫って行こうとする冠葉の前に立ちはだかる晶馬でしたが、銃で弾を撃ちこまれorz

 冠葉が次に起こしたのは、日記の片割れを所持している苹果の処分…正確に言えば、日記の処分ですがw 電話で彼女を水族館に誘い出した冠葉は、ぬいぐるみに仕掛けた爆弾で彼女もろとも日記を焼いてしまおうと画策。彼女を殺すまでは行かなかったものの、真砂子が持っていたものと合わせて、日記の処分はこれにて完了。身を挺して日記を守ろうとしたのに、苹果ちゃん可愛そう…。日記を燃やした理由は、16年前の事件のときに、桃果が使った魔法を完全に消し去るため。そして、日記が無くなった以上、もう何も怖くない(ドヤッ!

 そんなことがあった一方、撃たれたはずの晶馬は陽毬の病室で目を覚まします。どうやら、冠葉は殺傷性のない弾で彼を撃ったみたいです。とは言っても、陽毬はちゃっかり連れ去られており、全ては終わった…と思われましたが、ここで謎の声が。声の出所はあのペンギン帽子で、声の主はおそらく桃果。眞悧の野望を食い止めるためには、冠葉と晶馬二人の力、それとピングドラムが必要だというのは彼女の言い分。そして、その声に従って、晶馬は冠葉のいる列車に乗り込み、最後の戦いが始まるところで以下次回。結局、ピングドラムの正体は最終回までお預けですか…。


 最終回目前なのに、ストーリーの終着点が全然見えないですね。今までの話の中で出てきた単語を繋ぎ合わせることで、見えてくる物はあるものの、決め手には欠けますし、何よりもすでに二転三転してる中で予想できるはずもないわけでwなので、伏線全回収はすでに諦めますwせめて、ある程度納得のいく形で話を畳んでくれることを祈るしか…。

※ミラー作りました。TB送信に失敗しましたら、TB欄一番上の記事に送信していただけると幸いです。


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ クリックしていただけると、元気出ます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

>伏線全回収はすでに諦めます
それでは他と同じになってしまうのでは?この作品は伏線回収はしないと思います。
百人に一人届けばいいメッセージだと思います。
人は必ず運命の列車に乗る時が来る。
その時にこの作品を思い出した人に向けたメッセージ。
今は分からなくていいんです。いつか分かってくれれば。
その人が乗らなければならない列車に乗り遅れなければいいんです。
ピングドラムとは、呪文とは、サネトシの言っていたことの意味とは。
それはその列車に乗ればわかるんです。
たとえその列車の終着駅についてもわからなくてもいつかは分かるんです。
その駅から発車する次の列車に乗っていく人を見つけたら。
全てが理解できる。
でもそれでは遅い。
だから全てが終わってから、動けなくなってからでは遅い。
出来ることなら列車に乗る前に気付いてくれ、その上で列車に乗ってくれ。
そんなメッセージ。
この作品の伏線を回収したいなら忘れないで考え続けてください。
運命の列車とは、ピングドラムとは。と。
運命の列車に乗り遅れないように、乗ったことを後悔しないように、忘れていたことを後悔しな

2011/12/21(水) 午後 4:08 [ 野良猫PC ] 返信する

顔アイコン

> 野良猫PC さん

こんばんは。コメントありがとうございます。


> この作品は伏線回収はしないと思います。
> 百人に一人届けばいいメッセージだと思います。

書き方があまり良くありませんが、私としてもこれと似た意見です。1話を見た時点で、決して万人受けする内容ではないとも感じました。ですが、こうして感想を書き続けているのは、私の中に何か届くものがあったからであり、その行方を見届けたいと思ったからだと、そう思います。

伏線云々と言うのは、正直なところあまり気にしてません。私自身、結構な快楽主義なのでwですが、考察している人が相当数いる以上、制作者としてはそういった人たちにある程度の解答を示してやることも、一つの義務なのではと思います。無駄のないストーリーが至高とまでは言いませんが、その無駄のせいで語るべき部分が抜け落ちてしまうのは少し忍びないです。なので、伏線云々というのは、そういった部分のケアの問題です。


稚拙な文章で申し訳ありませんが、以上をそちらへの回答とさせてもらいます。

2011/12/23(金) 午前 0:04 [ hon**bear6*44* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


みんなの更新記事