戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

真に求むるは、その想い


どうも、管理人です。今回は寝坊…とまではいかないものの、案の定あまり時間がwもしかすると、また帰ってからの更新になるかもw


双熾:「今度こそ……離れませんよ……?」

 今回の話は、懇親会と再契約の話。読み返してみると、ちょくちょくシーンが追加されてるという印象がありました。

 時は入学式当日。凛々蝶はいわゆるセレブ校と呼ばれる学校に主席入学を果たしたようですが、相変わらずやっかみを受けてますね。仮にも御曹司ばかりだというのに、随分品位にかけるような…。
ちなみに、反ノ塚&カルタも同じ学校の生徒。特に、カルタは彼女と同じクラスで、ぐいぐい引っ張ってくれそうな感じが出てるシーンがあって、ちょっと嬉しかったです。というか、反ノ塚高校生に見えんぜよww

 一方、双熾についてですが、凛々蝶ラブな様子は健在。メールの一件がよもや原作以上に暴走してるとは予想外でしたw しかし、他の女性とキスしているところを凛々蝶に見られ、一気に雲行きが…。キスしてたことには一応の理由があったみたいですが、それでもあれはないですね。もっとも、そういった配慮のなさは途中で挿入されたカットとか、今後語られる話で事情が判明するので、とりあえず一旦保留ということで。
そして、その行為に対して、はたまた行為の意図に対して怒りを買ってしまった彼は、SS契約の解除を言い渡されると…。

 その翌日、今度は学校の懇親会があり、そこで新入生代表として、凛々蝶が挨拶をすることになっていました。しかし、双熾のことがあり、朝の時点でのコンディションは最悪。おまけに、教師の前で虚勢を張ってしまったことで自己嫌悪に…。すると、それを見た生徒たちがまたしても陰口を。いや、もろに聞こえてるので、陰口と言っていいのかすら怪しいのですがw
 凛々蝶はそれらの意見を黙って聞いていましたが、傍でそれを聞いていた双熾がブチ切れ、彼らに水をぶっかけます。土下座でも何でもすると、自分の身の丈は理解しているようですが、そこまでやって凛々蝶への暴言を撤回させようとする…それこそまさに「愛」ですねw(中の人的な意味で)。すると、そんな彼の態度に凛々蝶も心を動かされ、彼の代わりに自身が責任を取って自身も水をかぶります。そして、そのまま新入生代表のあいさつへと向かうわけですが、そんな彼女を双熾は追いかけます。

 幼いころから彼女が求めていたもの、それは情を以て接してくれる人。使用人であっても、両親にしても、それをわかってくれる人はおらず、そういった意味で彼女はずっと孤独でした。しかし、今彼女の傍に寄り添っている双熾は、不器用ながらも彼女が求めていたものを与えてくれる人物…それを実感した凛々蝶は、感謝の言葉と、正式なSS契約を申し出ます。結構いいシーンなはずなのに、契約が重すぎたのは若干台無しな気がしなくもないですがw
 一方、メゾン・ド・章樫に新たな影が。すでに設定出てるのでネタばらししますが、住人の渡狸と、そのSSの夏目の二人ですね。やっぱ顔見世程度で終了ですか…。


 一部作画がおかしかった気がしなくもないですが、原作から追加されたシーンもあったのえ、基本的にはよかったと思います。また、伏線らしきものもちょくちょくあったので、できるだけ丁寧にやってほしいところ。

※ミラーつくりました。TB送信に失敗した場合は、TB欄一番上の記事に送信願います。


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ クリックしていただけると、うれしいです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事