戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。あまりにも眠かったので、先ほどまでちょっと寝てました。ここのところは、ガチで寝てばっかなので、早起きすると後がきついですわ…。そんなわけで、本日の更新は、先週に引き続き、前期終了アニメの評価。一応、どうにか予定通りに終わりそうですが、あとは時間の問題w


1.妖狐×僕SS

ストーリー  ……3.5
キャラクター性……4.5
画      ……3
演出     ……3.5
音楽     ……4
総合的な評価 ……4

 まず最初はこちら。原作は月刊ガンガンJOKERにて連載中の漫画。原作大ファンという訳で、放送開始当時は一押しでしたw
 個人的な感想を言わせていただけると、だだ甘い展開で終わったのが良くも悪くもいう感じがします。原作での区切りを考えると、ここで終わるのはある意味正解なのですが、その先の展開がやらなかったのがちょっと残念。それに加え、終着点をここに据えていた影響で、少しエピソードを水増ししていたので、それも減点。
 ただ、全体を通してみると、これはこれで話が単体で完結してるので、2期があろうとなかろうが楽しめるのは評価できます。でも、それでも2期は切に希望している、そんな作品でした。

2.あの夏で待っている

ストーリー  ……2.5
キャラクター性……4
画      ……3
演出     ……3
音楽     ……4
総合的な評価 ……3.5

 続いてはこちら。あの花・とらドラで一気に注目を浴びた長井監督の最新作。でも、位置づけ的には「おねがいティーチャー」の再来という、そんな作品。
 とりあえず、見てて思ったのは、某岡田さんを彷彿とさせる生々しい描写、これが非常に気になりました。あの花でも似たような描写は多々ありましたが、あちらは岡田さんが関わっていたという免罪符があっての所業。しかし、こちらは岡田さんはノータッチとのことなので、監督の本性みたいな部分が見えてきたなと、そのように思いました。内容については、登場キャラの恋愛模様とか、関係性が中々面白かったと思います。青春ものを描くという意味で、そこら辺の描写は秀逸でした。
 ただ、終盤のSF色全開の展開はちょっと違ったかなとも思います。ヒロインのイチカの設定を考えるとしょうがないとも思いますが、それを踏まえてもやりすぎのように感じられたので、ちょっと惜しかったです。
 そんなわけで、最後で評価を落とした感が漂う、そんな作品でした。


3.アマガミSS+ plus

ストーリー  ……3
キャラクター性……4
画      ……4
演出     ……3
音楽     ……3
総合的な評価 ……4

 3つめはこちら。昨年放送されたアニメの続編ですね。1期がオムニバス形式で、尚且つ1篇1篇で一応の完結を見せていたので、どう進めるのかと考えてましたが、なるほどこう来たか…という作品でした。
 前述の通り、1期でやった話で作品自体はほぼ完結していたので、2期ではその後日談を各2話ずつで描くという形式だったわけで、展開が終始だだ甘かったですね。イチャラブ好きな人からすれば、堪らない感じなのですが、その一方で体力を削られるような展開だったのも事実。個人的には、今期1番のニヤニヤアニメ枠だったなと、そう思いました。


4.ブラック★ロックシューター

ストーリー  ……2.5
キャラクター性……2
画      ……4
演出     ……3
音楽     ……3
総合的な評価 ……3

 4つめはこちら。ノイタミナ枠の放送作品でしたが、ギルクラに続き今までと違う路線だったなと感じました。といいますか、この時期にsupercell関係の作品が続けざまに放送されたのが、何か抱き合わせ感を…。
 この作品を一言で言うのであれば、某岡田さんことマリーの独壇場という言葉がふさわしいと思います。何といいますか、人間関係が非常にドロドロしていたり、登場キャラがおしなべてイカれてたり、描き方が非常に独特でしたね。もっと言えば、やりたい放題やりすぎて、その結果理解しがたい部分が多分に含まれたな、という印象。元々原作があってないようなものなので、こういう形もアリっちゃアリですが、非常にアレな作品だったなと思いました。


5.ゼロの使い魔F

ストーリー  ……3
キャラクター性……3
画      ……4
演出     ……3
音楽     ……4
総合的な評価 ……3

 本日最後はこの作品。「灼眼のシャナ」と並び、釘宮ブームを引き起こした作品の完結編。原作者のヤマグチノボルさんの体調が心配で、原作の行く末が不安視されてるという意味でも注目が集まっていました。
 そして、作品についてですが、簡単に言えばかなり強引に物語を締めたというのが正直な感想。尺の都合で、3期終了時点から最後までを1クール(=12話)で纏めなければならなかったせいか、基本的に展開が巻き入っている+唐突な展開 と思える部分が多かったです。しかも、それに加えて日常回みたいな話がちょくちょく挟まっていたので、無駄も多かったと思います。原作が無事完結するかが定かじゃないという意味で、結末を提示してくれたことには評価できますが、とにかく尺的な部分がもったいなかったと思える、そんな作品でした。


その4へ続く…


https://animation.blogmura.com/img/animation88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログへ(文字をクリック)  クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事