戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。今日は面接2連チャンという、まるで就活生みたいな一日を過ごしました。ぶっちゃけた話、就活生と言っても差し支えはないのですが、もはや学生じゃないのであえて使用を避けてみましたw そんなわけで、ギブミー内定!!

 とまあ、その辺の話はさておきとして、ここからは評価企画に移りたいと思います。一応どうにか予定通りに収まったので、今回掲載分で前クール分はひとまずラストとなります。こうしてまとめて見ると、全体的に少々辛口な評価が目立ったので、その辺はまた次の機会に調整してみたいと思います。それでは、どうぞ。



1.偽物語

ストーリー  ……2.5
キャラクター性……4
画      ……4
演出     ……3
音楽     ……4
総合的な評価 ……3.5

 まずはこちらから。原作は、西尾維新さんの小説。本編である「化物語」、その前日譚となる「傷物語」に対して、今作はファンディスク的な位置づけと言うのが、個人的な見解だったりします。
 これについては、正直ストーリー的にはかなり微妙でした。元々の立ち位置もさることながら、劇場アニメでの制作が予定されてる「傷物語」よりも前に発表されてしまったが故に、前提条件がかなり不足していますし、無駄話が相当多いです…原作通りですけど。
 評価できるとすると、原作であった際どいシーンが高いレベルで再現できていたこと。そんなわけで、若干辛い評価をせざるを得ない、そんな作品でした。


2.リコーダーとランドセル♪ド

ストーリー  ……3
キャラクター性……4
画      ……3
演出     ……3
音楽     ……3
総合的な評価 ……3

 続いてはこちら。原作は竹書房系列の雑誌で連載中の4コマ漫画。4月からは第2期が始まってるわけですが、話数がリセットされてないので終了アニメに含んでいいのか激しく微妙。一応タイトルは変わってるので、こちらに入れさせてもらいます。
 そして、評価についてですが、1話辺り5分足らずで終わってしまうのがもったいなく思える、そんな作品だと思いました。4コマ原作らしく、キャラ立ちもいいですし、何よりも置鮎さんの小学生ボイスがとてもツボでした。いい意味でぬるい作品なので、もっと見ていたいと思いました。


3.未来日記

ストーリー  ……3
キャラクター性……4
画      ……3
演出     ……3
音楽     ……4
総合的な評価 ……3.5

 こちらは、月刊少年エースで連載していた漫画のアニメ化。個人的には、もっと早くアニメ化されてもおかしくないと思っていましたが、このタイミングでアニメ化へ漕ぎつけた意図は?
 感想ですが、概ね原作を丁寧に再現し、時には補完要素があって、それなりに良作だったのではないかと思います。ただ、補完要素を入れたせいか、途中明らかに展開に巻きが入ったことと、2クール作品ならではの中だるみが発生したのがちょっと惜しいです。
序盤がかなり評判がよかっただけに、スタッフにはそうならないことを期待していましたが、そこの部分に関しては少し裏切られた気分でした。あと、ラストの中途半端さが…。
 

4.テルマエ・ロ・マエ

ストーリー  ……2
キャラクター性……4
画      ……2
演出     ……3
音楽     ……3
総合的な評価 ……3

 最後がこちらの作品。一応1月期のノイタミナ作品と言う扱いでしたが、放送自体は1月で終了してしまい、これまた扱いに困った作品。リコラン同様、ひとまずこちらに組み込んでみます。
 私は原作を読んだことがあるのですが、そもそも一発芸みたいな作風であるため、アニメ化するのであれば何か奇抜なことをしないとダメだなと思っていたので、とりあえずこれはこれでありなんじゃないかな、というのが正直なところ。これを見て、某蛙男さんが嫌いになったという意見も分かりますが、多分てこ入れする方向性は間違ってなかったと感じました。
そして、何よりもノイタミナ枠なので、これくらいやっても許されるんじゃないかと、そんな感想を抱きました。


ベストキャラクター賞……青鬼院蜻蛉(妖狐×僕SS)
 原作ファンとして、大満足のキャラだったので、倍プッシュ!

ベストOP賞……「キルミーなベイベー!」(キルミーベイベー)
 今期の中毒OP枠として、こちらをノミネートしたいと思います。これはいい電波!

ベストED賞……「Hello!」(輪廻のラグランジェ)
 曲もさることながら、映像的にもすごく好みでした。

ベスト声優賞・男性……杉田智和(銀魂'、妖狐×僕SS、男子高校生の日常)
 評価作品に入れられなかった作品も含め、いろんな形で悪ふさげにも似た怪演を堪能できて、満足でした。

ベスト声優賞・女性……赤崎千夏(キルミーベイベー)
 やすなのウザい感じがこれ以上ないという具合に出てて、よかったです。あと、アドリブ技術も高いので、将来に期待大です。


https://animation.blogmura.com/img/animation88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログへ(文字をクリック) クリックしていただけると、嬉しいです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事