戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。別の作業をしているせいか、またしても時間がやや押し気味…。これからやることあるのに、ちょっとやばいかも?

 今回は、昨日に続いての春アニメ評価。とりあえず予定通りまとまりましたが、もしかするとまたどこかで追加される可能性も微レ存…? あと、ベスト部門も発表したので、ご覧いただけると幸いです。


1.Fate/Zero

ストーリー  ……4
キャラクター性……4
画      ……5
演出     ……4
音楽     ……3
総合的な評価 ……4

 まずはこちらから。分割2クールの後半と言うことで、早い段階から話がもりもり動いていたのが見てて面白かった一方で、続々とキャラが退場していくのに少し寂しさを覚えました。特に、ライダー退場シーンは…。
 あと、ほぼ例外なくキャラの退場の仕方がバッドエンド風味だったのが印象的でした。さすが虚淵さん原作w
結局本編stay/nightは未プレイでしたが、それでも十分楽しめる出来で満足。


2.咲-Saki- 阿知賀編 Episode of side-A

ストーリー  ……3
キャラクター性……4
画      ……3
演出     ……4
音楽     ……3
総合的な評価 ……3.5

 続いてはこちら。厳密に言えば未完結(+3話が別途に製作される模様)なのですが、とりあえずTV放送分がとりあえず終わりっぽく締められていたので一応掲載しておきます。
 そして、感想ですが、一言で言えばやっつけ感が強いなと思いました。原作の進行度的に続編が作れないからサイドストーリーを作るのはいいとしても、試合が全国大会2回戦までダイジェスト展開だったり、主人公サイドよりもライバルサイドの方が描写が濃いのはさすがにいただけないです。これなら、いっそのこと千里山(ライバル校)を主人公にした方が…(笑)。
 ですが、対局シーンの見せ方としては、1期同様の過剰っぷりがいい意味で継続しているので、そこは面白かったです。

3.謎の彼女X

ストーリー  ……4
キャラクター性……5
画      ……4
演出     ……4
音楽     ……4
総合的な評価 ……4

 最後に書くのは、この作品。「涎」というニッチすぎる性癖をどう描くかと言うことに放送開始前からすごく気になっていましたが、予想以上に純愛しててすごくキュンキュンしました。といいますか、アイテムとかシチュエーションがシュールなだけで、実質いい恋愛ものと言う印象が強かったです。
 また、当初は違和感ありありだった卜部役の吉谷彩子さんの演技が、回を重ねるごとに引きこまれるような魅力を感じたのもかなり好感触。彼女が卜部役でよかったと、本気で思えました。
 個人的には、原作ファンでも大満足な出来だったと思います。


ベストキャラクター賞……ニャル子(這いよれ! ニャル子さん)
 謎の彼女Xの卜部と悩みましたが、ヒロインのインパクト的にこちらがベストかと。

ベストOP賞……「恋のオーケストラ」(謎の彼女X)
 曲から感じるノスタルジーと映像がピッタリだったと思います。単品で製品化しないのが非常に悔やまれる…。

ベストED賞……「ふわっふわのまほう」(シャイニング・ハーツ〜幸せのパン〜)
 今期の電波曲筆頭。狂気を感じる&進化し続ける映像も合わせて、見どころだったかとw

ベスト声優賞・男性……石塚運昇(さんかれあ、ヨルムンガンド)
 ヨルムンガンドのレームさんみたいな渋いおっさん声と、さんかれあの変態親父という極端すぎるキャラの演じ分けが素晴らしかったです。

ベスト声優賞・女性……喜多村英梨(黄昏乙女×アムネジア)
 いつも通りの演技に加えて、新たな引き出しも見られ、改めて演技力のすごさを実感しました。


https://animation.blogmura.com/img/animation88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログへ(文字をクリック)  クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事