戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

最強の座は誰の手に…


どうも、管理人です。風邪かと思ったら、いつもとは違うベクトルで身体がしんどい…。今カラオケ誘われても断れるくらいに肺がやられてる。


勇太:「落ち着け俺…まだあわてるような時間じゃない」

 今回の話は、六花が拾ってきた猫(通称:キメラ)の処遇を考える話。こないだで公式で第2話の予告見たときに、恐ろしく予告詐欺の予感を感じ取りましたが、なるほどそう来ますか…。

 ある日、勇太が部屋で起きると、そこにはなぜか六花の姿と水浸しの部屋、それと翼の生えた猫が1匹いました。水浸しなのは当然六花のせいなのですが、現実に影響を受けた夢を見ていたことが端的に分かりました。もちろん、お仕置き一発ですけど。
 猫についてですが、これは六花が近くで拾ってきたもの。額に何か貼ってあるのは、それ関係なのかな…というのは多分後のシーンから想像できます。ある意味問題は、中二病ゆえにそれがかなり大げさな表現をされてたことですか。まあ、あのアバンだとそう見えてしょうがないですがw

 そんな事態になりつつも、二人は学校へ。すると、六花が拾ってきた猫と条件が似ている猫を探しているという、五月七日(つゆり)くみん先輩が現れます。何ですか、このHOLiCにしか存在しなさそうなレアな名字はw そんなわけで、放課後くみん先輩も含めた三人で六花の家に。さすが現役中二病なだけあって、部屋のインテリアがいかにもという感じですね。元(?)中二病な勇太の中二心が燻られる、ある種素敵なお部屋。
 ただ、猫の件は人違いならぬ猫違いと判明。これにて話は振出しに戻る…かと思いきや、ここで家主の小鳥遊姉こと十花さん登場。どうやら、彼女はねこアレルギーらしく、にもかかわらず猫を連れ込んだ六花を説得、もとい猫を「この家で飼う」以外の選択肢を選ぶように言いつけます。
 当然ながら、六花は反抗。ついでにどさくさまぎれにくみん先輩と勇太も共犯として、六花を手助けすることに。この辺まで見れば、アバンのシーンが何なのか見えてきますね。しかし、割とまともな思考かと思いきや、いきなり非人道的な爆弾持ち出す十花さん悪魔や…。

 結局、というか当然のことながら、戦いは六花たちの敗北。これにて、六花の家から猫は追い出される羽目になりますが、最終的には勇太が引き取ることになって解決。ついでに、くみん先輩の猫もどこかからか発見された模様。


 そんなわけで第2話ですが、これまた原作とは全く違う展開でしたね。妄想パートの戦闘シーンとかはある種アニメ向けに盛り込んだ要素として面白かったと思いますが、どこに話を落着させるかがますます読めないw
 新キャラのくみん先輩は、一応レギュラーor準レギュラーくらいの扱いになるんでしょうか? 一応、公式での扱いはそれなりなので、六花たちとの絡みはもうちょっと見てみたい。
 にして、おそらく唯一の原作パートである勇太と森夏の会話シーンですが、彼女のことを知った上で見てみると、これまたゾクゾクしますね。あんな気を持たせるような言い方をしておいて、実際は品定めとも言える行為をしてるとか…。問題は、原作に沿った形でやると、必然的に語らなければならないキャラが一人増えてくるので、そのあたりの扱いですかね。まあ、元々原作1巻では名前だけ、2巻でようやく登場と言うキャラなので、なければないで問題はないんですけどw

(追伸:中二病時代の兄を見ても、ドン引きしなかった妹ちゃんを褒めてあげたいw)

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、TB欄一番上の記事に送信してください。

https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック)  クリックしていただけると、嬉しいです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(27)


.


みんなの更新記事