戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

一人じゃない、みんながいる!


 どうも、管理人です。どうやら、今日は甥っ子の誕生会をうちでやるらしく、朝から中々騒がしい感じに。といいますか、色んな事が突貫工事過ぎてついていけないんだが…。


理樹:「真っ白なページに小毬さんの新しいお話を描いていくんだ!」

 今回の話は、小毬編完結の巻。前回の感想書いたときは、あと1〜2話くらいと書いたのですが、結構コンパクトにまとまってて意外。それと、あらすじによるとみおちんのDEBANが遅すぎて(初登場が10話)泣けてくるわ…。

 猫の死体を見て、いきなり発狂した小毬。発狂したのは、彼女が閉じ込めていた記憶を蘇らせたためで、寮に戻ってシャワーを浴びたところで理樹に全てを打ち明けます。おおよその事情は前回の理樹の予想&断片的な回想で判明してるので省略しますが、唯一にして最も大事な部分がもうちょっと詳細に語られてるので、そこだけピックアップします。それは、小毬の兄:拓也 が亡くなる直前の話。彼は、小毬を喜ばせるため、悲しませないために、悲しいことが起こらないお話を作っていました。しかし、自分の死期を悟り、このままでは小毬を悲しませると考え、彼は「自分の存在を夢の中での出来事」として信じ込ませることにし、今に至る…これが記憶の秘密。一つだけ誤算だったのが、その言葉が小毬にとってまるで呪詛のように作用してしまい、死の兆候を目の当たりにするたびに拓也の姿を求めるような行動を示すようになったこと。今回の場合は、猫の死体を見つけたのをトリガーに、理樹を拓也と同一視してしまうという現象が発生していると。
 小次郎さんが小毬に会おうとしないのも、その辺の事情があってのこと。自分の死に目に会うことで、彼女がそうなるのを防ぐためでした。原作だと、小毬の祖母の小毬おばあちゃんも同じ症状持ちだったとか、小次郎さんが小毬との接触を絶った直接的な原因が語られた話もありましたが、その辺はとりあえずなかったことにされたということでどうか一つ。ちなみに、この症状は数週間ほどで収まるみたいですが、根本的解決にはつながらないということに留意。

 そんなわけで、小毬をどうにか救い出すために、理樹はリトルバスターズの面々に事情を打ち明け、相談。結論から言えば、「小毬を救い出せるのは理樹だけしかいないのだから、自分でどうにかしろ」というところに落ち着いたわけですが、恭介の台詞が原作プレイしてる身としては今後の展開見据えてのものだという風に感じました。まあ、これはこれでちゃんとリーダーしてる発言でもあるので、それ抜きにしても良いセリフだと思いますけど。
 考えた末に、理樹が撮った行動は、拓也が遺した絵本に続きを描くこと。とは言っても、理樹の絵心は拓也に劣るレベルなので、案の定悪戦苦闘。ですが、その裏で鈴を始めとした、幼馴染メンバーが支えてくれていて、どうにか形にすることに成功。ちょっと話から外れますが、鈴が絵具をかき集めてるシーンに、女子寮長ことあーちゃん先輩が映り込んでて驚きました。まさか、これが本編初登場になるとはww

 その翌日、理樹は屋上にて、小毬に改めて拓也の死の事実を告げます。当然、小毬は再び崩れ落ちそうになりますが、理樹はそれを食い止め、自分の描いた絵本の続きを彼女へ聞かせます。幼い時両親を亡くし暗い絶望に会った自分を、若かりし日の幼馴染たちに救い上げてもらったという経験があったからこそ、「仲間の存在」へと話を繋げた理樹のお話に説得力を感じました。そして、さらにその先…拓也が遺し、理樹が繋げたお話の先を描くのは、小毬の役目。そんな彼の想いを受け取った小毬は、ようやく拓也の死を受け止め、元の彼女へと戻るのと同時に、また素敵なものをたくさん見つけていく日々へと帰っていくのでした…。


 何と言いますか、原作よりもまとめ方がいいのではないかと思えて、コメントに困るんですがw そりゃ、原作は恋愛に持っていくのに対し、アニメ版はどちらかと言えば友情方面に持っていくと言う違いはあるわけですが、いい意味で後に引きずらない、爽やかさを感じました。ぶっちゃけた話、原作は闇落ち展開からの復活までの過程とか、Hシーンの入り方とか、結構つらい部分が多かったので、それが軽減されただけで見やすく思えました。あとは、やっぱり鈴を要所で組み入れたのがGJ。屋上でのシーンは本当最高。

 次回は、はるちん加入の話ですか。いよいよかなちゃんクルー!!

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、TB欄一番上の記事に送信してください。


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック)  クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事