戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

復活と決別とふりだしへ


どうも、管理人です。例のごとく前日から仕込みに入ってるのですが、如何せんうまく纏まらない不思議…。これが最終回の魔力かw


くみん先輩:「邪王真眼は生き続けなければならない。ダークフレイムマスターがいる限り…・・・」

 今回の話は、六花と勇太の再会と、原点回帰の話。別に中二病をテーマにしなくてもいけたんじゃないかという意見は言ってはいけない…。

 駅で別れて以降、六花との連絡を取れなくなった勇太。そんな彼をよそに、色々と状況は動いていきます。その先駆けとなったのが、凸守の中二病卒業(?)。ツインテールを下ろして「DEATH DEATH」言わなくなっただけで印象変わりすぎてびびるわw そして、それと対照的にくみん先輩は二代目邪王心眼を襲名し、痛い人に。前回の六花との会話がこの辺の伏線だったのだろうと思いますけど、なんちゃって感がわりとひどい・・・。もっとも、後まで見ると別の役目があるので、ここでいらない子認定するのは早い!
 また、前回の話で語られた通り、勇太は依然として六花に対してどうこたえるべきだったのかについての答えが見いだせていない模様。ところが、戻ってくると約束したはずの六花がそのまま転校してしまうことを知り、一気に立ち上がります。とは言っても、彼に出来ることがあるのかと問われると、これまた疑問。と、ここで湧いて出てきたのが、かつてダークフレイムマスターを自称していた自分から将来の自分に宛てた手紙。書いてある内容はすごく青臭くて夢見がちでしたが、今の勇太よりはよっぽど見どころを感じる人物像が思い浮かびましたね。といいますか、今の勇太がものすごくつまらない人間に見えてきて、余計に情けなさを感じました。

 こうして立ち上がった勇太は、六花を迎えに行くために、六花の祖父の家まで自転車を走らせます。と、その道中くみん先輩からある話を聞かされます。それは、六花の中二病のもう一つのルーツについて。以前に提示された話ではありますが、父親との死別以外にもう一つルーツがありまして、それがダークフレイムマスター時代の勇太。実際問題、あれを痛いと思うかカッコいいと思うかはなんとも言い難い話ではありましたが、父親を亡くしたばかりでわだかまりを胸の内に抱えていた六花にはそれがとてもかっこいいものに見えたそうな。自分を偽らない…物は言いようってやつですかね(苦笑)。
 ただ、すでにダークフレイムマスターを卒業し、かつて憂いたとおりのつまらない人間になってしまった勇太なので、再びダークフレイムマスターとして彼女を導くのは難しい話。できるのは、かつての自分のハリボテを身に纏った上で、もう一度六花に不可視境界線をみせてやること。ついでに言えば、凸守たちの協力あっての成功なわけですが、まあそれは置いておくとしましょう。一人でも立ち上がろうとしたというのが重要なんですし。

 再びまみえた不可視境界線の中で、六花はようやく父親の姿を見出し、別れを告げます。そして、これを機に六花は再び中二病としての自分を取り戻すのでした…。


 というわけで最終回でしたが…最高とまでは言えないものの、個人的には最良というレベルにはいい出来だったと思います。前回の感想がかなり辛口気味だった手前、どうコメントしたらいいのかと悩んだ部分もありましたが、別メディアでの展開とのリンクやテーマがひとまず一貫されてたところは十分評価するに値するかと。
 そして、良くも悪くも後腐れのない終わり方をしてくれたのが一番よかったと思います。七宮が描かれる余地がないのは残念ですが、一応アリと言うことで!

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、TB欄一番上の記事に送信してください。 


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(2)

凸森はかわいすぎましたww

2012/12/21(金) 午前 8:05 [ 中二病@ ] 返信する

顔アイコン

>中二病さん
こんばんは、コメントありがとうございます。

一瞬誰か分からない感じでしたが、本当美少女すぎてびっくりしました。ポテンシャルの高さを感じずにはいられなかったです。

2012/12/23(日) 午前 1:27 [ hon**bear6*44* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(27)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事