戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

別れと別れの板挟み


 どうも、管理人です。何かいつも以上に気分が上がり切らないので、時間内にきちんと書き切れるかが非常に怪しい…。文章量調整すれば、多分どうにかなりそうですが。


クド:「だって私は…日本へ逃げてきたのですから」

 今回の話は、クドの迷いと決断の話。あとでまた改めて触れますが、個別ルートでここまで確信触れちゃって大丈夫なのかと…。

 テヴアでの打ち上げ失敗の一報以降、状況は何一つ好転せず。現地の状況もはっきりとせず、シャトルに乗っていたクドの母親の生死も分からず、意識を無くして倒れてしまったクドも目を覚まさず…。最後のやつだけはどうにか解決しましたが、それでもよく分からないことを口走るわ、学校を休むわで、理樹たちには何もできない状況なのは変わりありません。
 そんな中、テヴアでの状況はさらにひどくなったらしく、ついには出入国の制限がかけられることに。そのため、クドが現地に赴いて云々という道も閉ざされたかと思われましたが、母親の仕事関連の特別措置で特別に入国が許された模様。ただし、テヴアへ行くための航空券の期日&迎えが来るまでに日はなく、もしそこで断ってしまえば、おそらく二度と母親に会うことは叶わないだろうという、そんな極端な選択肢がつきつけられているという形で。それを知ったリトルバスターズの面々でも、どちらにするべきかというところで意見は割れますが、クドが選んだのは「行かない」という選択。それを選んだ理由は、クドが抱いている複雑な気持ちから。

 母親に憧れる形で宇宙飛行士を目指すことにした彼女は、かつてテヴアの航空学校へ通っていましたが、英語とロシア語が必修で、且つ授業が全て英語で行われているという環境だったために、英語が苦手な彼女は授業についていけず。おまけに、母親が国で英雄扱いされている関係もあってか、それが劣等感へと繋がり、逃げるかのような形で半年で退学し、日本へやってきた。また、もう一つの理由としては、今の仲間たちが自分を受け入れてくれる環境であることを知った上での逃避。どちらにしても、すごく後ろ向きな理由ですが、事情を知ったリトルバスターズ内でもまだ意見は割れたまま。一応、理樹の考えとしては「帰るべきである」という感じですが、やっぱ最後に物を言うのは本人の意見なので、これ以上は何も言えず…。そして、彼女は迷いを断ち切るために、部屋にあった宇宙に関係するものを全て処分。幸い理樹が水際で引きとめたので、焼却炉行きは免れましたが。
 クドが捨てようとしていた物品を一時的に引き取った理樹は、そこからそこに込められた意図を調べます。すると、そこから黒髪…つまりクドの母親を意味する文字が刻まれたドッグタグと、クドと母親の二人の夢を繋ぐ物品が読み取れました。ただ、それでも彼女にはどうしても捨てきれないものがあり、それが帽子とマント・・・それはクドの母親が使っていたもので、同時にクド本人に送られたもの。そのことが示すのは、彼女が母親をどうしても「見捨てられない」「会いたい」という気持ちが勝っていること。それを指摘され、諭されたことでクドはようやく帰国を決意。この調子だと、どうも片道切符で、これが今生の別れという感じですな。一応、必ず帰ってくるとは言ってますけど、明らかにフラグとしか…。


 というわけで、クド編その2でしたが、全編通してシリアスなだけでなく、物語の根幹への触れ方もすごく気になりました。特に、目を覚ましたときのクドの発言、恭介の発言一通り、あと鈴の発言あれこれ。あと、まさかの杉並さん先行登場というのにおどろきましたね。ここでも豪華モブキャストを実装とはw

 次回でクド編終了ですかね。さすがに表現がマイルドになってそうな気配ですが、それでもしんどいことになりそう。

https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック)  クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事