戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

明かされるのは黒歴史


 どうも、管理人です。今朝から少々体調が悪いみたいで、本格的につらくなってきた気が。明日がラス日なので、せめてもう一日気力で押し切るか、それとも治すかしないと…。そして、余談ですが、明日の更新を落とす可能性が大なので、多分明日の朝か時間差で予定地だけは設置する予定。本当、最近ごたごたしててまことに申し訳ないです。


怜:「凛ちゃんさん、ですね? お話があります」

 今回の話は、遥たち幼なじみ4人組のこれまでを描いた話。入っても仕方ないですが、「まりん」はさすがに恥ずかしいですわw

 正直なところ、凛との出会いの部分など、過去の部分は小説版の流れをダイジェストで説明しつつの振り返りパート。それでも簡単に説明すると、亡き父親の夢を受け継ぐために同じ舞台に立とうと考えた凛が、元々少なからず意識してた遥を誘い、メドレーリレーに参加しようと決意。そこに真琴がついてきて、次いで渚が強引に割り込んできて、そこからやがてチームになって優勝したと、だいたいそんな話。そこまでの時点においては、遥たちと凛の間に気持ちのズレはなく、確実に「仲間」といえる間柄でしたが、それが崩れたのは中学1年の冬・・・凛が一時帰国したとき。これまた以前語られましたが、ここで遥が凛を負かしたことが決定的な決別を生んだとのことですが、絵がついた上で状況説明が入ると若干意味合いが違ってるようにも。というか、凛が明らかに沈んでたのに、そこに止め加えちゃった的な雰囲気が・・・。

 そして、凛を通して、遥が再び水泳に情熱を傾けるようになったことについて、どうしても気にせざるを得ない怜ちゃんは、思い切って遥たちに問いを投げかけます。彼に関しては、チームの一員なのに一人だけ浮いた感じになっちゃってるので、その差をどうにか埋めようとして思い切って一歩踏み込んだのでしょうが、それがかえって疎外感を強くする結果に結びつくのはちょっと皮肉。「このチームだからこそ参加したい」というよりも、「凛が出るから絶対に負けたくない」と捉えたくなるのはしょうがない話。
 その話を聞いた翌日、怜ちゃんは一人凛のもとへ殴り込み。根がまじめなせいで、呼び方がおかしなことになってるんですが。

 また、その辺の話とは別に、とうとうあまちゃん先生の知られざる過去が明かされましたね。結果としては想像通りでしたが、芸名含めこれは黒歴史認定して正解。しかし、この経歴を水着メーカーで勤めてたとごまかすなんて、大分経歴盛ってるなこの人w 


 といった感じの第10話でしたが、上に書いた内容と合わせて、遥たちが揃いも揃って凛のほうに目が向いているというのがよく分かる話だったと思います。その中で、一人だけ仲間外れというか違った観点に立つ怜ちゃんがどう出るのか、私気になります!

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/827-f73289c5)


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事