戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

みんながいるから出来ること


 どうも、管理人です。どうも、本格的に体調が悪い方に揺り戻されているらしく、個人的に落ち着かないです。せめて、今週末のイベントと試験には万全の体調で臨みたいのに、大丈夫なのだろうか…。


鈴:「みんながいるからだ!」

 今回の話は、最後の課題を契機に生じた亀裂と、仄めかされてきた黒幕の存在に切り込んだ話。そろそろ胃がきりきりと痛み始める頃合いですけど、1クールでまとまるならばまだ傷口は浅く済むのだろうか…。

 まず、前回ラストで訪れた「HRで立候補しろ」という指令、これは県会議員だか何だかのお偉いさんの学園視察時の案内係についてのこと。その日のHRで、鈴と理樹がそこに立候補し、役目を務めることに。ただ、普段から言動がアレな鈴なだけあって、敬語とか態度とかその辺のマナーが自他ともに不安。
 ですが、それでも必死に勤め上げた結果、お偉いさんに気に入られ、併設校の交換留学生としてのオファーが来るまでに。何でも、バス事故で一クラスの大部分の生徒が亡くなり、以来奇跡的に生き残った二名の生徒含め、学校全体の活気がなくなってしまったとか。今回のオファーは、外から新しい風を入れて、少しでも活気を取り戻そうという試み。お偉いさんが来たのは、その人材探し…いや、そこまでよく分かりませんが、タイミング的にそれっぽい気配が。

 ですが、ここで一つ問題が。ここで鈴がこの話を受けてしまったとすると、しばらくは…少なくとも1学期中はよその学校で暮らすことにないます。そうすると、せっかく恋人同士になったのに、理樹と鈴は離れ離れ。それと、鈴の元々の性格は人見知り。総合的に見て、鈴には少々荷が重く感じられます。現に、理樹は一度はそう考え、彼女を引き留めるという選択を選びます。しかし、言い換えれば、その選択は鈴の可能性を狭める、あるいは自分のエゴによるものというのも事実。悩んだ末に、考えを撤回して、彼女を送り出すという選択を選び直すことに。それが正解なのか不正解なのか、そのあたりはいずれ分かるので言いません。あくまでも、そういう流れと選択肢があったと。

 と、ここで理樹はようやくある疑問に行き着きます。それは、レノン(猫)に依頼書を括り付けてはなっていた黒幕の不自然さ。ぶっちゃけた話をすると、未来予知もいいところで、全てが出来過ぎていると。しかも、問題解決に寄与していたのが当然ながら鈴(と理樹)で、仕上げとなったのが今回の一件。つまりは、全てが鈴の成長につながるミッション。そう気づいたとき、黒幕として浮かび上がるのはただ一人。ただ、理樹の言い分だと、黒幕の彼を過剰に持ち上げているだけで、現実的とは言えないのはアレですよね…。まあ、必要なピースがまだ揃っていない関係上、これ以上を求めるのは酷ですけどw
 そして、最後にもう一つ。このミッションの先に待っている「世界の秘密」に関しての話。理樹の推理によると、それは鈴を焚き付けるためのエサで、実在しないもの とされていますが、そもそもの問題がそこ。ネタバレの関係上、言ってしまっていいものかは定かじゃないですが、謎解きものの大原則として、提示されている情報を全くのフェイクと見るのは下策かなと。もちろん、頭から信じろとまではいいませんけど、フェイクとなってるのにはそれなりの理由と意味合いがあるので、彼みたいに適当な理由で可能性を排除したのは失敗と言わざるを。


 とまあ、こんな感じですかね。原作におけるギャグパートだったマナー教室のシーンがカットされたことで、全体的にシリアス感が増して、見てて気が気じゃないですね、やはり。それと、こちらは一応原作準拠で小毬ちゃん以外のリトルバスターズメンバー退場というのが、なぁ…。揃って欠席という非常に不自然な形での退場になってますが、それが余計に不安をあおっていて、本番が始まる前から胃が痛くなりそう。
 次回は、いよいよ鈴ルートの本筋パート。放送情報的に、この一話で全部詰め込む気なのだろうか。

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/881-cdd1de68)


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


みんなの更新記事