戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

災厄にして、最悪の始り


 どうも、管理人です。日によってテンションのバラつきが大きい方なのですが、今日はかなり低くなってて困りもの。なにが困るって、そりゃアイディアとかモチベーション的な方向で…。


博臣:「いい『お兄ちゃん』いただきました!」

 今回の話は、(おそらく)クライマックスに向けて、それぞれの思惑が行き交う話。コスプレ見ただけじゃわかりにくかったですが、秋人の母親のコスプレってハ○太郎??

 まず、前回単語レベルで出てきた「凪」と「境界の彼方」について、軽く説明。凪というのは、一言で言えば妖夢の力が弱まる現象というか事象を指していました。つまりは、この時期に妖夢狩りをすると、基本的に妖夢の力が弱まっているために比較的楽に倒せますよ的な、そんな時期でもあります。ただ、半妖である秋人に関しても、凪の影響は避けられないらしく、襲われたりするとやばいことになる可能性があるとかないとか。本当に大変な時にしか便りをよこさない秋人の母親が便りをよこしてくるあたり、結構本格的にやばさ感じます。あくまでも妖夢にのみ該当する効能が、半妖になったらどんな作用引き起こすかは想像つかないだけに。
 あと、「境界の彼方」についても説明。これは、とある妖夢の名前を指しているみたいです。環境に溶け込んでいるというあたり、ある種「凪」と同様現象や事象のようなものとも思えますが、とりあえず最強の妖夢であるという認識でいいらしいです。これが問題となっている理由は、実質名瀬家のみが実態含め情報を握っているため。藤間、というか異界士協会としても、名瀬家が情報を独占しているのが気に食わないとか、はたまた妖夢そのものを支配しようとしているとか、そんな雰囲気ですかね…多分。

 とりあえず、わからないというか腑に落ちない点としては、井波家から抹殺されそうだった未来を救ったことと、秋人に何か仕掛けたと思ったら争奪戦状態になったこと、両者に名瀬家が関わっていること。藤間の動きからして、秋人ラスボスフラグ立ったようにも見えますが、果たして…?

 一方、前回一応和解に至った桜と未来に関してですが、どうも一緒に暮らし始めた模様。お姉さん風吹かせながらも抜けてる未来と、マイペースすぎる桜、年は同じながらどっちが主導権握ってるのかわからんw ただ、見た感じで言えば、桜は未来よりも幾分鋭くて、未来の気持ちを後押しする方向に背中押してくれているので、やはり親友という感覚が強いのかも。性格的には正反対かもしれませんが。というか、この場面でいきなり恋愛話を引き合いに出しますか…。明らかにフラグなんですがそれは(苦笑)。


 ということで、第8話でしたが、そうですね…これまたわけわからない方に戻ってきたような、そんな印象。前回はまだよかったんですが、今回は退屈というか片手間に見てただけだと内容が上手く入ってこない話であまり易しくないなと。前回恐れてた流れに突入しそうな勢いで、ちょっと震えてきた(嫌な意味で)。
 それにしても、普段は変態なのに、戦闘時というか相手にかかりきりになってないときの博臣は無駄にかっこよくてちょっと混乱する。ぶっちゃけ、普段の振る舞いがきもちわるいので…。


※ミラー作りました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/898-d0219cc5)

https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事