戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

変わらないものと変わったもの、それと変わろうとしたもの


 どうも、管理人です。季節がらなのか、それとも体力的な問題なのか、自転車こぐのが最近しんどくなってきたなどと。家に戻ってきてから、かれこれ1時間以上たつのに、まだ微妙に疲労残ってる…。


丹生谷:「グーテンモルゲン! 私、丹生谷森夏!!」

 ということで、冬アニメ感想第三弾ということで、とりあげるのはこちら。1期の時も書いてましたし、年末にも一つ特別編の感想上げたので、今さら説明は無用ですかね。今回の話は、時間経過によるそれぞれの立ち位置の変化を描いたもの。やっぱ境界の彼方なんてなかった…。

 時は、1期・1期特別編から時間が少し経過し、翌年の4月。学年も一つ上がり、家庭の事情で新生活に臨むことになった勇太、その傍らにはなぜか同じ家で寝泊まりしている六花の姿が…。両親が海外赴任して、学校がある勇太以外の家族がそれについていった結果、勇太が一人暮らしになったのはまだ分からなくもないのですが、なぜそこに六花が転がり込んだのか。簡単に言うと、住む家がないから。
 ぶっちゃけた話、第1期ラストでどうなったのか、あまり記憶にないのですが、十花さんが家を離れることになった後、ずっと放置プレイかましてた母親が六花と一緒に暮らすようになったんでしたっけ…。そんでもって、この度その母親も仕事の都合で家を離れることになり、六花も一人暮らしすることになったものの、そこで手違いがあって、前住んでいた部屋の退去手続きがされたせいで住む場所がなくなり、今に至ると。それが1週間ほど前の話で、とりあえず今のところ特に関係性に変化なしと。いやいや、ご冗談を(笑)。というか、クリスマスのときもそうですけど、二人とも奥手すぎるんよ!!

 一方、他の面々に関しても、ある意味いつも通り。くみん先輩は相変わらずのんびりしてるし、凸守はモリサマーにかまってばかりですし、一色はただのバカですし、モリサマーは黒歴史払拭に躍起になっている模様。ただ、くみん先輩がテコ入れと言わんばかりにつまらないジョーク言うようになってすべり芸連発したり、凸守が正式に同じ高校の後輩になったり(1期は中東部からの出張)、モリサマーが悪あがきでキャラ作り始めたり、微妙に違うところも散見されます。どうでもいいですが、モリサマーのキャラがやすなとマキを足して2で割ったくらいに違和感ある仕様というのは如何なものかと。悪いとまでは言わないものの、クリップないと特徴に欠けるよ、この子w あ、凸守は安定のファッション中二病で一安心。
 それにしても、モリサマーの自爆芸が中々見事。いくら凸守がトップ入学で新入生挨拶しにきたといっても、あれは自分から仕掛けなければ黒歴史抉られることはなかったのでは? 気にしすぎて自爆するパターンか、この子…。

 そして、そんな中で問題となるのは、やはり六花と勇太が同居しているという点。一応恋人同士である二人が同じ屋根の下で二人っきりで暮らしているのはどう考えても問題ですし、それをどうにかしようにも六花が望むような物件が見つからないというのもあって、このままだとずるずる行くパターン。しかも、そこに新しい連絡先を寄越さないことを不審に思った十花さんが押しかけてきて、すべて露見する羽目に。ですけど、最終的には勇太の妹:樟葉 が戻ってくるということもあって、どうにか六花を正式に住まわせる運びに。こういうのって、一人暮らしさせるよりも気を遣いそうなものですけど、それでいいのか?

 ともあれ、これにて新生活が本格的に始動することになるのですが、開始初日にして不安の種が降ってきましたね。一つは、勇太の黒歴史ノートに挟まっていた写真、もう一つは六花が住んでいた部屋に新しく越してきた住人。それが示すものは果たして。


 という感じで、第1話ですけど、2期ものということもあって、さすがの安定感。いい意味でも悪い意味でも、新鮮味ないものの、ようやく2014年冬クールが盛り上がってきた、それを実感させる1話でした。当然、感想は継続の方向で。

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/947-a5cb544d)


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事