戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

家族が増えるよ! やったね○○ちゃん」


 どうも、管理人です。去年のカレンダーが終わって以来、しばらく卓上カレンダーは使ってなかったのですが、先日某所からスクールカレンダーが届いたので、せっかくなのでこれから使うことに。やっぱり、そういうのないと締まらないってのは、どこかある気がする。

丹生谷:「ボンジョルノ〜」

 今回の話は、六花と勇太のこれから、それについての一応の決着を描いた話。一色の扱いがあんまりで全俺が泣いたwwww

 夏休みが終わり、いよいよ始まった二学期…その初日。毎度のごとく、寝起きが悪い六花でしたが、どうもそれだけでないようで。具体的には、勇太との距離感が微妙な感じだったり、ちょっと物憂げな表情見せていたり。久々登場の巫部さんは、相変わらずの察しの良さ。満点とまでは言わないものの、指摘自体はいい線行ってます。ところで、2年生デビューに引き続き、2年生の2学期デビューを懲りずに目指す森サマーさん、もう諦メロン…。で、あの黒い人は一体何者ですか(笑)。

 そんなわけで、どうしても様子が気になる森サマー&凸守の両名は、最近よく六花とつるんでるらしい七宮に話を聞くことに。前回、何かこのままフェードアウトするかと思ったら、全然そんなことなかった…。一体なんだったのか、あの思わせぶりなセリフは!
 話を戻します。七宮曰く、六花は勇太との間に上級契約…つまりは恋人以上のことをやろうと考えているとのこと。もっとも、そこまで大層なことではなく、キスレベルらしいですが。そういえば、この二人ってまだ手をつなぐか鼻ポチくらいまでしか進展してなかったんでしたっけ。そう考えると、キスでも結構な進歩なんでしょうが、その前提がないとちょっと拍子抜けに思えてきます。ちなみに、後々六花に確認してみたところ、七宮の推論はほぼ正解で、そういうことらしいです。加えて言うと、勇太からチョロい女扱いされていることに激おこな模様。彼女には申し訳ないですが、そう思われてもしょうがないと思うw

 一方、勇太の方にスポットを当てると、こちらはこちらで別口の恋愛相談。相談者は一色で、愛の告白をされてどうすればいいのかという内容。フラットな状態で見るなら、受け入れればいいじゃないかと言いたくなりますが、まさか相手がホモとは…。くみん先輩一筋だからとか、どう考えても脈なしだから諦めろとか言うレベルですらなくて、完全に別の扉開いてやがったw 落として落として落としまくって、その果てがこれですかい…何とも報われないオチだ。せめて、ホモに目覚めて幸せになってくれ!

 そして、後日。勇太とキスする場面をセッティングすべく、女性陣ほぼ総出でサポート。勇太を呼び出したり、絶対に自分が直前で逃げ出すことを見越しての足止め役を担当したり、本当付き合い良いですわ、この子たち。特に、こないだまでラブコメしてた七宮あたりが…。

 そんなことをしてると、ようやく勇太登場。女性陣は、隠れて様子をうかがえる場所まで退避して、見学。とりあえず、予定通りキスをするという段取りまでは踏むことに成功しますが、そもそもの六花の心の準備が出来てないだけにままならず。何かうまく言えませんが、六花が勇太とのより強い関係性を望む理由が何なのか、そこが六花にはまだ分かってないって気がしますね。もちろん、みんなに背中を押してもらったから、七宮の想いを踏みにじってまで勇太との関係を望んだ というのは一つの理由ではありますが、やっぱり恋愛ってそういうものではないんじゃないでしょうか?
 ヘタレDTな管理人が偉そうなこと言える立場ではないんですが、六花が内心焦っているのではないか、そう思えてならないです。こないだの七宮との話・コインの話もそうですが、六花は勇太との間に確かな絆・何かを欲していて、それが極限まで達したのが今回の話だったのではと感じます。

 ですが、そんなことを言ったとしても、無理に関係を深めようとするのは、むしろ逆効果な場合もあります。今まで、小学生レベルの歩みの遅さでそうしてきた勇太と六花たちはその典型で、そのちぐはぐさが妙な距離感を生み出していました。ただ、歩みは遅くとも、着実に進んでいるのもまた事実で、指を繋ぐところから、手を繋ぎ、少しづつ距離は近づいている。いつか勇太自身が言ってましたが、これが彼ららしい歩み方。何も焦ることはなく、いつか来るその日までゆっくり歩いていけばいい。それに付き合わされる方はたまったものではないですが、これはしょうがないのかw


 ということで、ついに最終回を迎えた今作ですが、結局のところ進展らしい進展がなくて、何か盛り上がりに欠けたなって気がしました。それでも、楽しめる部分は確かにありましたが、それが結構残念であり、惜しいところ。
 ちなみに、何かサブタイのネタを解説する余裕がなかったのですが、作中で登場する猫:きめら に子供が生まれたとのことで、そこに被せてみました。今さらですが、あの猫メスだったんか…。

 今までお付き合いいただきありがとうございます。また何かの作品でお会いできればうれしいです。


※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/1024-1f4cae25)

https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事