戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

先人曰く、親の心子知らず


 どうも、管理人です。ここ二〜三週間くらい「忙しい」と度々言い続け、そろそろ忙しい忙しい詐欺と言われそうな気配しますが、今日もまた本気で忙しいので、若干巻きでお届け。結構洒落にならないレベルの失態演じた以上は、あまり下手なことはできないのだよ…。


渚:「ハルちゃん……遊びに来たよ!」

 今回の話は、渚の悩みにスポットを当てた話。この間から気づいてたんですが、岩鳶サイドと鮫柄サイド、たいてい交互にスポットが当たって、スポットが当たらない方はほとんど出番なし、それが第2期の描き方だそうな。なわけで、凛ちゃんたちの出番少ないorz

 いつぞやの怜ちゃんの異変に続き、今度は渚の様子がちょっとおかしい。具体的には、練習が終わって夜になって一人で出歩いていたり、特に理由もなしに突然家に押しかけてきたり。本人はしし座流星群がどうのこうのとか言ってますけど、バレバレすぎる嘘で、明らかに家に帰りたくない事情があるのが丸わかり。

 そんなわけで、怜ちゃんも遥の家に呼び出し、頑なな態度を取る渚から事情を聴きだすことに。みなさん、それぞれよく分からない方向に張り切ってますけど、基本的に単純すぎて使えNEEE。特に、鯖缶で買収される遥が完全舐められるとしかw
 で、結局は事情を白状する羽目になったのですが、簡単に言うと成績低下を原因に、親から水泳をやめるように言われたと。元々、渚の親は教育熱心で、一度言ったことを撤回するような性格はしていないという談。中学時代は受験して私立に通わされていたほどで、当の渚が段々勉強が嫌になって、若干ノイローゼ気味になったのを見かねて、高校は公立の学校に通うことになりましたが、それでも根本的には勉強最優先なのは変わらず。渚が公立の中であえて岩鳶を選んだのは遥たちがいたから。一番ぽわぽわしてるようで、割と壮絶な裏設定があったのね。

 そんな中、渚の携帯にメールが入り、母親が連れ戻しにきているという連絡が。連絡をよこしたのは、設定上いるらしい彼の姉ですかね。そのため、一旦場所を移すことになったわけですけど、学校が駄目となると、いつものスイミングスクールしかないですよね。それにしても、真琴が図体デカい割にビビりすぎて草。

 結局の話をすると、この場で逃避を重ねるのは何の解決にもならない、という怜ちゃんの言葉を受け、改めて母親に本音を打ち明けるということで決着。その場には、遥たちもおそらく同席してたみたいで、ひとまず許しはもらえました。もめた割に、母親がそこまで意地の悪い性格じゃなく、順当すぎるオチというのはちょっと弱いかも。まあ、遥がいち早く天ちゃん先生に連絡して、事態の深刻化を防いだというのは中々ファインプレイだと思いましたが。第2期になってから、遥が段々仲間たちのために尽くす姿が見られるようになって、成長が伺えます。
 なお、今回の江ちゃんラスト数分のみの登場。恐ろしいほどに絡みなくて驚いたw


 と言った感じで第5話でしたが、やはり先ほども言った通り、話の捻り方としては単純すぎてちょっと退屈。徹底的に親を出さないというのもそうですけど、狭い世界の中でぐるぐる回ってるのだと、ここいらが限界なのかなとも思えたり。あとは尺の問題ですか…。

 次回からは、いよいよ大会? 全国大会がどうのってフラグは着々と立ててますが、そこまでやるのん?


※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/1084-a1cbf735)


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事