戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

君たちに贈るメッセージ


 どうも、管理人です。とりあえず、今日も例のごとく遅れ気味なので、更新も少し遅らせてます。が、時空の歪み発生してるのはご愛嬌と言うことでw


武士:「なんで俺はここにいるんだ」

 今回の話は、凪と公生によるメッセージを描いた話。本当毎度言ってるようで申し訳ないんですが、これは本格的に尺の心配をする頃合いなんじゃないかと。公式ですでに言われてますが、あと4話で原作2巻分…果たして何が犠牲になるのか。

 前回ラストの直後より、舞台に立つ公生と凪。今回の公生の役回りは、連弾のサポートで、本人もそれを承知の上で弾いていたはずなんですが…やっぱりただで終わりませんでしたか。いつぞやの時も言われた通り、公生のピアノは本来「伴奏者」ではなく「独奏者」のものなので、途中から軽い暴走状態に。といいますか、耳が聞こえる=集中しきってない という合図にしたり、意図的に聞こえない状態に持って行ったりと、あらゆる面で冷静さが見え隠れして怖いですww おまけに、ちゃんと音楽の体を為した上での暴走と来たもので。

 一方、今回もう一人の主役である凪について。本番前こそ、食事も喉を通らぬくらいにプレッシャーを感じていましたが、いざ本番になったら練習の甲斐あって指がちゃんと動いていて、自身を取り戻していくのが分かりましたが、途中の公生暴走からはさすがにタジタジ。それでも、彼に主導権を握られまいと食らいつき、破綻しないでやり切ったあたり、彼女の対抗意識とか意地とか、はたまた想いの強さが感じられました。元々は武士の関心を示すためにピアノを始め、武士を苦しめる公生への復讐のために紘子さんの元に弟子入りし、きっかけはどれも不純なものでありつつも、今の彼女は真摯に音楽に、触れてきた公生に向き合っている。そういったものが全て凝縮された演奏だっただけあって、伝えたい想いはちゃんと届いたと言えるのでしょうか。また、それは公生にとっても同じで、自分のやつも含めて「どぎついのを一発」と表現したのが何か面白かったです。

 そして、この件を経て、エンジンに火が付いたのが約二名。一人は、言うまでもなく武士…ただのブラコンアピールというだけでなく、きっちり公生に挑戦状叩きつけていきましたよ。とりあえず、彼の場合は登場人物の中で唯一公生の本質を捉え損ねているので、そのイメージの払拭が最優先ですかね。

 それと、もう一人はかをり。前回、公生が渡に頼んでいたのは、演奏の模様を携帯ごしに彼女へと届けることだったようで、随所で渡が携帯を弄ってるシーンや、一人病室で聴いてる彼女のシーンが映し出されました。実際問題としては、彼女の言うとおり、もはや満足に演奏できないバイオリニストに音楽を聞かせるなんて、ドS極まりない行いではあったものの、どうやらショック療法としては悪くない方法だった模様。少なくとも、全てを諦め、絶望していた彼女がもう一度楽器を手に取って演奏していたというのは、間違いなくいい傾向だと思いますし、「未練が生まれた」という彼女の言葉からするに絶望の中に一筋光が灯ったと言ってもいいです。
 加えて、前回の「心中」発言に対するアンサーもここで。まあ、最初から結果なんて分かり切っていたとは思いますが、公生の切り返し方がこれまた上手い。確かに、公生とかをりの関係って横並びとは言えないわけで、決して対等とは言い難いんですよね。それを踏まえてのあの発言は、何か告白めいてる気がしないでもないのはさておきとして、かをりにとっても公生にとっても、新たな目的が生まれた瞬間でした。


 と言った感じで第18話。どんどん暗くなる一方だった話に一筋の光明が見えたわけですが、果たしてそれが本当の光明に成りうるか といったところですか。一応、結末ありきでここまで語ってるわけですけど、その状態であっても、凪の頑張りはもちろん、公生がやってきたことが全て無駄にならないことを切に祈りたくなる、そんな話でした。特にかをり関係はいろんな意味できっついですから…。

 次回は、武士の覚醒回? 尺も残りわずかなので、どんどんぶっこんでくる感じですかね。

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/1190-73fa04aa)

https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事