戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。今週末は久々に予定を入れてないので、ゆっくり出来そう…。ここ二か月くらいは週末が結構忙しくなっただけに、次のイベントに備えて温存しないと。


・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか。
 今回の話は、ヴェルフ登場回。ヴェルフと言えば、以前ベル君がアイナに連れられて防具を買いに行ったとき、名前だけ出てきましたけど、今度はその本人が登場。ざっくり言ってしまうと、彼もまた結構訳ありの人物で、当初は事情を隠した上でベル君と意気投合したものの、最終的には事情を知った上で絆を築いたという、見事な高速展開。聞いた話ですと、これが原作1冊分らしいというのがまた…。
 また、前回の死闘を経て、ついにレベル2にランクアップしたベル君ですけど、ついでにもう一つスキルが開花しましたね。ただ、名前からして、これは前回の話に絡めた方が良かったのではと思えなくもないです、まんますぎるので。あと、憧憬といい、ベル君が発現するスキルが毎度チートすぎるので、ぼちぼち陰謀説を唱えたくなりました。

・魔法少女リリカルなのはViVid
 今回の話は、インターミドル編からの新キャラ勢の戦闘力お披露目その1。一応、前回から大会自体は始まってはいるものの、本格的なスタートは今回からと言う感じで、めぼしいライバルたちも少しづつ戦闘スタイルを見せてきましたね。なのはシリーズ伝統の脳筋タイプの番長:ハリー に、彼女のライバルに当たる生徒会長:エルス、それに居合使いのミカヤに、蹴り技主体のミウラ…今までのシリーズと比べても魔法の自由度の高さが半端ないです。あれだけ自由度高いのに、将来的にはモブみたいな魔導師部隊に組み込まれる人員が出るとなったら、涙を禁じ得ない。
 しかし、それにしても、やっぱり気になるのは、ミウラの扱い。ミウラがポジション的にメイン寄りというのは何となく分かってましたが、さすがに優勝候補の一角を破るというのはやりすぎだと思います。ただでさえぽっと出感が強いのに、この展開のせいでゴリ押しされてるのが丸わかりで、ちょっと萎える。


https://animation.blogmura.com/img/animation88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログへ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事